news

2017.04.18

映画・舞台
池内博之 池内博之

映画「アウトレイジ 最終章」出演決定!!

北野武監督18作目となる最新作映画『アウトレイジ 最終章』に出演することが決定しました!!

『アウトレイジ』シリーズは、北野武監督が初めて手掛けたシリーズプロジェクトで、裏社会の男たちの抗争を描いた究極のバイオレンス・エンターテインメント。
2010年に『アウトレイジ』、2012年に『アウトレイジ ビヨンド』が公開され、シリーズ累計興収22億円超を記録した超人気シリーズ。
そんな『アウトレイジ』シリーズが、ついに前作から5年の月日を経て最終章を迎えます。

今作は、全員悪人、全員暴走の最終章。
《関東【山王会】vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友(ビートたけし)は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長の下に。
そこに、韓国出張中の【花菱会】花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。
これをきっかけに、《韓国【フィクサー】vs関西【花菱会】》一触即発の様相を呈する中、【花菱会】では内紛が勃発。
そんな中、大友がまた日本へ・・・。


池内博之は、シリーズ初参加で、関東の組織「山王会」木村組・吉岡役を演じます。


2017年10月7日(土)より全国ロードショー!!


〈池内博之コメント〉
「自分が俳優としてデビューしてから、北野作品に出演する事は自分の目標でもありましたので、決まった時は本当に嬉しくびっくりしました。現場は、スタッフ、キャストのとてつもない、いい緊張感が、リハから流れていて本番一発。テンポの速い撮影で、あっという間に終わるんです。たまに北野監督から演出上の指示がある以外は自由に演じさせてもらえるのですが本気でやらないと見透かされてそうで、ある意味怖かったですね。なので1カット1カットを全力で生きないといけないという思いが凄くありました。」




〈あらすじ〉
《関東【山王会】vs関西【花菱会】》の巨大抗争後、大友は韓国に渡り、日韓を牛耳るフィクサー張会長の下にいた。そこに、韓国出張中の【花菱会】花田がトラブルを起こし、張会長の手下を殺してしまう。これをきっかけに、《韓国【フィクサー】vs関西【花菱会】》一触即発の様相を呈する中、【花菱会】では内紛が勃発。そんな中、大友が日本に戻ってくる・・・。


■監督・脚本・編集
北野武
■出演
ビートたけし、西田敏行、大森南朋、ピエール瀧、松重豊、大杉漣、塩見三省、白竜、名高達男、光石研、原田泰造、池内博之、岸部一徳
■配給
ワーナー・ブラザース映画/オフィス北野

詳細はこちら


  • MORE INFO

  • レプロSNS一覧
  • 動画一覧

PAGE TOP