ARTISTS アーティスト

長谷川京子

長谷川京子

personal data

生年月日 1978年7月22日
出身地 千葉県
身長 166cm

gallery


  • blog

お仕事のご依頼

女性ファッション誌の専属モデルとして活動を始め、2001年に女優デビュー。2006年、『おいしいプロポーズ』で連ドラ初主演。2008年には河瀬直美監督映画『七夜待』で主演を務めた。 以降も数々のドラマ、映画、CMに出演。
雑誌「LEE」(集英社)では、2児の母として食をテーマにしたエッセイ連載『おいしい歳時記』が大好評連載中。

What's New 最新ニュース

2019.01.06メディア出演 長谷川京子、フジテレビ開局60周年特別企画 『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』出演決定!
“逃亡者”ディーン・フジオカד追跡者”井浦新 世界中で愛された名作がいま、蘇る! 平成30年間の混沌(こんとん)を駆け抜ける大河エンターテインメント 長谷川京子が、フジテレビ開局60周年特別企画 『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』出演いたします! フジテレビ開局60周年特別企画 『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』 <2019年1月6日(日)午後9時〜11時54分> フジテレビ開局60周年特別企画として、来年1月6日(日)の夜にお送りする『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』。 文豪ヴィクトル・ユゴーが1862年に発表した不朽の世界的名作「レ・ミゼラブル」を、平成30年間の日本を舞台に置き換えた大河エンターテインメントとしてお届けします。 3時間にわたる大作を彩るのは、W主演を務めるディーン・フジオカさんと井浦新さんほか、個性豊かな17人のメーンキャスト。山本美月さん、吉沢亮さん、村上虹郎さん、清原果耶さん、松下洸平さん、清水尋也さん、福田麻由子さんら今をときめく若手俳優たちが揃うほか、長谷川京子、金子ノブアキさん、富田靖子さん、寺脇康文さん、伊武雅刀さん、かたせ梨乃さん、香里奈さん、奥田瑛二さんら豪華俳優陣が脇を固め、平成最後の年明けにふさわしい、重厚なサスペンスドラマをお届けします。 <不朽の名作「レ・ミゼラブル」日本版> 出版当初からフランス国内で爆発的な売り上げを記録したという「レ・ミゼラブル」は、今日まで最も親しまれる世界文学の一つです。日本でも1902年に「ああ無情」として翻訳されたこの名作は、世界中で映像化、舞台化が行われ、中でもミュージカル版は世界的大ヒットに。ブロードウェイほか世界各地で上演され続け、およそ40年もの間“世界で最も愛されたミュージカル”として、日本でも“レミゼ”の愛称で親しまれています。記憶に新しいところでは、2012年にヒュー・ジャックマン主演で上映されたミュージカル映画は世界中で大ヒットを記録しています。 18世紀のフランスを舞台にした原作では、一斤のパンを盗んだだけで19年も投獄された男が脱獄後、一人の神父と出会い改心し、別人に名前を変え、成功を収めるも、自分を怪しむ警官の追及により正体が暴かれ、再び逃亡する前半、身分を隠して血のつながらない娘を育てあげ、やがてフランス革命という時代の波にのまれていく後半、と併せて37年に渡るダイナミックな展開が描かれています。 『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』では、舞台を日本に移し、設定を平成の30年間に置き換えスペシャルドラマ化。宿命的に対峙(たいじ)することになる二人の男のたぐいまれなる人生を通じて、平成という激動の時代における様々な社会的事象を映しながら、暗闇の中でも希望の光を求め多種多様に交差する人々の心情を描いた物語です。主人公は、過去に罪を犯し、別人に成り代わって生き抜いた男と、その事件の被害者遺族で彼を生涯追い続けた刑事の二人。追う者と追われる者、互いに一歩も引かない心理戦が展開されます。 <平成を舞台にした波乱の物語> 【第1幕】の舞台は平成3年(1991年)~平成7年(1995年)の神戸。ある日、殺人犯の少年が刑務所から脱走したニュースが駆け巡ります。2年前、17歳の少年・馬場純が正当防衛の末、殺めてしまった相手は、母・結子を騙(だま)して全財産を巻き上げた男・斎藤太。病気の弟の手術費を稼ぐためアルバイトに精を出していた純でしたが、刑事罰となり、少年刑務所に入れられてしまいます。ある日、弟が危篤であることを聞かされた純は思わず脱走。けれども弟はすでに死亡していて…。絶望の淵で自殺しかけたところ、自立支援施設「徳田育成園」を営む徳田浩章に助けられ、身分を隠して育成園で暮らし始めます。そこで弁護士を目指す少年・渡辺拓海と出会うのですが…。もう一人の主人公は純が殺めてしまった男・斎藤の一人息子・斎藤涼介です。悪徳な両親と縁を切っていたものの、父親が殺された理由が投資詐欺を働いたせいだと世間に知られ、被害者のはずがまるで加害者遺族の様な報道被害にあってしまいます。そんな中、平成7年に起きた阪神・淡路大震災。未曾有の大震災が二人の少年の運命を大きく変えることに…。 【第2幕】は平成16年(2004年)の東京を舞台に、【第3幕】は平成30年(2018年)の福島が舞台です。二人の主人公の再会と、阪神大震災で決定的に変わった運命のその後が描かれ、世間から身を隠しながら生きる純と、純を追いかけ続ける涼介、そしてついに対峙する二人の男。30年にわたる長い旅路に打たれる衝撃的な終止符が描かれます。彼らを取り巻いてきた人々の思いを紡ぐ希望の光は、そこにあるのか…。感動のクライマックスにご期待下さい。 <豪華17名のメーンキャストが集結!> 別人に成り代わって波乱の人生を生き抜く馬場純(ばば・じゅん)を演じるのは、NHK朝の連続テレビ小説『あさが来た』で一躍時の人となり、その後も、国際派ならではのマルチな才能を活かし、数々の作品に出演してきたディーン・フジオカさん。その知性的かつ華やかな魅力がさく裂した主演ドラマ『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』(4月期)で愛憎に満ちた復讐鬼を演じたのも記憶に新しいところです。 その逃亡者を憎しみで執拗に追い詰める刑事・斎藤涼介(さいとう・りょうすけ)を演じるのは井浦新さん。映画「ワンダフルライフ」(1998年)で主演デビューして以来、数々の映画やドラマに出演し、その確かな演技力と圧倒的存在感を見せ続け、来年1月15日(火)に放送を控える『カンテレ開局60周年特別ドラマ BRIDGE はじまりは1995.1.17神戸』の主演を務めることも決定しています。 病に倒れ、幼い娘を純に託すシングルマザー・不破唯(ふわ・ゆい)を繊細に演じるのは、『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』などで可憐なヒロインを数多く務めてきた山本美月さん。純朴な性格ながらも、ある日突然運命の渦に巻き込まれる、若き日の主人公・馬場純を演じる吉沢亮さんは、今年の公開作品だけでも7本の映画に出演し、その演技力に定評があります。その純の親友で物語のキーとなる渡辺拓海(わたなべ・たくみ)を演じるのはヨコハマ映画祭最優秀新人賞(2016年)や日本アカデミー賞優秀助演男優賞など数々の賞に輝く村上虹郎さん。映画「3月のライオン」(2017年)やドラマ『透明なゆりかご』(NHK)で話題を集めた清原果耶さんは、血の繋がりはなくとも純が大切に育て上げた娘・梢(こずえ)を演じます。梢と恋に落ちる若手政治家・碓氷慎(うすい・しん)には舞台やミュージカルで絶大な人気を誇る松下洸平さん。怒りを抱える若き日の斎藤涼介には映画「渇き。」や映画「ソロモンの偽証」などで強烈な印象を残してきた清水尋也さん。子役時代からNHK大河ドラマなど数々の大作に出演してきた福田麻由子さんは、慎に好意を寄せる田辺瑛里華(たなべ・えりか)を演じます。 唯に不法な保育料をつきつけ、少女・梢にも辛く当たる田辺真澄(たなべ・ますみ)を演じるのは長谷川京子。2000年のドラマデビュー後すぐにトップ女優の地位を確立、最近でも映画「光」やドラマ『シグナル 長期未解決事件捜査班』(4月期)などで唯一無二の存在感を見せつけています。その夫で他人の蜜を吸って生きる田辺元(たなべ・はじめ)を演じるのは、ロックバンドRIZEのドラマーとして活躍する傍ら、個性派俳優としても名を馳せる金子ノブアキさん。最近では舞台「母と暮せば」など、慈愛に満ちた母親を演じ切った富田靖子さんは、純の母・馬場結子(ばば・ゆうこ)を演じます。そして、彼女を騙したことで純に殺められる極悪人・斎藤太(さいとう・ふとし)を、名優・寺脇康文さんが、数々の名作で演じてきた正義感あふれる役柄から一転して、怪演します。 さらに、元・大物代議士で、慎の祖父・碓氷太一郎(うすい・たいちろう)を演じるのは50年以上の俳優歴を持ち、長年ドラマや映画に欠かせない存在となっている俳優・伊武雅刀さん。映画「極道の妻たち」シリーズで大ブレイクして以降、豪胆な女性役を多く演じる一方で、ドラマ『白い巨塔』などでは悲運に暮れる切ない女性も見事に演じきった女優・かたせ梨乃さんは、息子・涼介を悩ます母・斎藤歌織(さいとう・かおり)を演じます。そして数々のドラマで主演やヒロインを演じ、モデル、女優として常に女性の憧れの存在である香里奈さんは、馬場純を影ながら支えつつも、大きな秘密を抱える切ない女性・佐山梨沙子(さやま・りさこ)を演じます。 絶望の淵に立たされた若き純を救う自立支援施設の園長・徳田浩章(とくだ・ひろあき)を演じるのは、日本を代表する俳優であるのみならず、国際的映画監督としてもその才能を発揮する奥田瑛二さん。主人公の人生を運命づける象徴的な人物として重要な役どころを担います。 骨太で重厚な見応えたっぷりのサスペンス・エンターテインメント『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』は、平成という時代の荒波と残酷な逆境の中、無垢な心と信念を持ち続け、辛くとも生きながらえた人々の物語。一筋の光に向かって歩み続けた、彼らの旅路にどうぞご期待下さい。 <長谷川京子コメント> 「わたしが演じさせて頂く役は一言で言うと…“強欲”な女です(笑)。救いようもない、全く共感出来ない人物をどう自分に引き寄せるか。考えるだけでワクワクしています。映画版「レ・ミゼラブル」は大好きな作品で、公開当時は続けて3度見に行ったほどです。今回参加出来ること、とてもうれしく思います」 プロデュース・太田 大さん(フジテレビ第一制作室) 企画意図について 「平成最後の年明けとなる2019年の新春。一つの時代が終わり、裏を返せば新しい時代の幕開けでもあるこのタイミングに、希望を感じられる物語をお贈りしたいと思いました。そこで真っ先に思い浮かべたのが「レ・ミゼラブル」でした。19世紀のフランスを舞台に、過去の罪から逃れられなかった主人公をはじめ、逆境の中で生きる人々を描いた「レ・ミゼラブル(=惨めな人々)」は、タイトルの通り、日本では「あぁ無情」という題名に訳されるほど辛い物語です。しかし、その根底には、フランス革命に向かい志半ばで倒れていく市民たちが思い描いた夢と希望が詰まっている熱い物語でもあります。未曾有の震災や災害をいくつも経験、前代未聞の犯罪が多発、景気は乱高下、激動の時代だった平成。いまこの時代に生きている人々は荒波を生き抜いてきたということでもあります。そんな平成という時代を振り返りつつ、これから来る新しい時代に踏み出すための光と希望の物語を紡ぐうえで、「レ・ミゼラブル」の精神がシンクロすると考え、企画致しました」 今作の見どころ 「原作の主人公、ジャン・バルジャンと、彼を執拗(しつよう)に追い続けるジャベール警部。原作では、完全なる敵対が描かれますが、この二人の間に、互いの素性を知らずに信頼関係が築かれてしまったとしたら、という観点が今回の現代日本版の『レ・ミゼラブル』の見所です。一度は心を許し、友情が結ばれそうになった関係性なのに、実は最も憎むべき相手だった。二人の間に訪れるのは光か断絶か…。追う者・追われる者の、手に汗握る攻防と心理戦とともにご注目ください」 <番組概要> 【タイトル】フジテレビ開局60周年特別企画『レ・ミゼラブル 終わりなき旅路』 【放送日時】2019年1月6日(日)午後9時〜午後11時54分 【出演者】 ディーン・フジオカさん 井浦 新さん ・ 山本美月さん 吉沢 亮さん 村上虹郎さん 清原果耶さん 松下洸平さん 清水尋也さん 福田麻由子さん ・ 長谷川京子 ・ 金子ノブアキさん 富田靖子さん 寺脇康文さん ・ 伊武雅刀さん かたせ梨乃さん 香里奈さん ・ 奥田瑛二さん 【原作】ヴィクトル・ユゴー「レ・ミゼラブル」 【スタッフ】 脚本:浜田秀哉さん 音楽:吉川 慶さん 演出:並木道子さん プロデュース:太田 大さん、野田悠介さん 制作著作:フジテレビ
2018.12.12メディア出演 長谷川京子、「グータンヌーボ²」"新生グータン"MCに決定!!
ガールズトークバラエティー“グータンシリーズ”が約7年ぶりに復活! “新生グータン”MCに長谷川京子が決定しました! 『グータンヌーボ²』 2019年1月15日スタート! 毎週(火)深夜0時25分~深夜0時55分 関西ローカル 約7年ぶりの復活となる“グータンシリーズ”。 シリーズ第4弾として『グータンヌーボ²(読み方:グータンヌーボヌーボ)』がスタートします。 MCには、女優の長谷川京子(40)、フリーアナウンサーの田中みな実さん(32)、モデルながらバラエティーにも引っ張りだこの滝沢カレンさん(26)、そして乃木坂46として絶大な人気を誇る西野七瀬さん(24)の4人が決定。 それぞれのフィールドで輝く20代から40代の3世代のMC陣が、ゲストの本音をどこまで引き出すのか、新生グータンに乞うご期待です! “グータンシリーズ”の特徴は、複数台の据え置きカメラがある密室空間で繰り広げられる、ガールズトーク。 大勢のスタッフが見守る中で行われる通常の番組収録とは異なり、“カメラしかない”、まるでプライベートのような環境で話すことで、ゲストたちはついつい本音をこぼしてしまう。 そんな、女子の本音が飛び交う“グータンシリーズ”の設定は、新シリーズでも健在。 毎回、MC陣の中から1人が、女性ゲストと都内近郊のカフェやレストランでロケを敢行。数時間にわたって本音をさらけだします! 番組は関西ローカルとして放送されますが、 放送翌日の水曜日午前10時からAmazon Prime Video、カンテレドーガ、TVerなどで配信される予定です。 今回、バラエティ番組のMCに初挑戦する長谷川。 本人からコメントが届きました! <長谷川京子よりコメント> 毎週楽しみに拝見していた番組です。 "誰か"を演じる事が多い自分が、果たして"素"をさらけ出すことが出来るのか。 そしてそんなわたしが、ゲストの方の"素"を、"チャーミング"な部分を引き出すことが出来るのか? プレッシャーがありますが、皆さんと仲良く、楽しく出来たらと思います。 2019年1月15日(火)24:25~スタートする「グータンヌーボ²」。 長谷川の初MCにそうご期待!是非、ご覧下さい! ●番組情報 【タイトル】グータンヌーボ² 【出演者】長谷川京子 田中みな実さん 滝沢カレンさん 西野七瀬さん 【放送枠】2019年1月15日(火)スタート 毎週(火)深夜0時25分~深夜0時55分 関西ローカル 【配信】 ・Amazon Prime Video、カンテレドーガ、TVer ほかにて配信予定 ・グータン復活を記念して、Amazon Prime Video、カンテレドーガ、TVerでは、 12月27日(木)から過去の「グータンヌーボ」から厳選した回を配信予定   ●番組公式SNS  Twitter @gutan_ktv :https://twitter.com/gutan_ktv  Instagram @gutan_ktv:https://www.instagram.com/gutan_ktv/
2018.10.15映画・舞台 長谷川京子、映画「君は月夜に光り輝く」出演決定!
長谷川京子が、映画「君は月夜に光り輝く」に出演します! 累計発行部数30万部突破の佐野徹夜さんによる同名小説を実写映画化する『君は月夜に光り輝く』で 長谷川京子は、北村匠海さん演じる岡田卓也の母・恭子を演じます。 【ストーリー】 永野芽郁さん演じる渡良瀬まみずは、死期が近づくにつれて肌が光る不治の病「発光病」を患う余命いくばくもない少女。 成人するまで生存した人がいない発光病のせいで、病院から出ることさえ許されない彼女は、 姉を亡くして以来人の死に恐怖を抱いている北村匠海さん演じる同級生・岡田卓也に、 ひょんなことから“代行体験”という形で自身の願いを代わりにかなえてもらうことに。 その感想を共有するうちに惹かれあっていく二人の純愛を、切なくもみずみずしく紡ぎ出す。 監督:月川翔さん(『君の膵臓をたべたい』) 原作:佐野徹夜さん『君は月夜に光り輝く』(メディアワークス文庫) 2019年3月15日公開予定。 是非、皆さんお楽しみに!
一覧へ

Schedule スケジュール

放送日 番組名 放送局 時間 インフォメーション
1月6日 レ・ミゼラブル 終わりなき旅路 フジテレビ 21:00-23:54
1月15日 グータンヌーボ² 関西テレビ 24:25-24:55
1月22日 グータンヌーボ² 関西テレビ 24:25-24:55
開催日 タイトル 場所 時間 インフォメーション
3月15日 君は月夜に光り輝く 東宝 00:00-
一覧へ

Biography バイオグラフィー

  • 2016
    『臨床犯罪学者 火村英生の推理』(NTV)

  • 2015
    『マザーゲーム〜彼女たちの階級』(TBS)

  •  
    『世にも奇妙な物語25周年スペシャル・春~人気マンガ家競演編~「蟲たちの家」』(CX)

  • 2014
    『夏の終わりに、恋をした。』(CX)

  •  
    『ペテロの葬列』(TBS)

  •  
    『続・最後から二番目の恋』(CX)

  • 2013
    『長谷川町子物語〜サザエさんが生まれた日〜』(CX)

  •  
    『Oh, My Dad!!』(CX)

  •  
    大河ドラマ『八重の桜』(NHK)

  •  
    連続ドラマW『配達されたい私たち』(WOWOW)

  • 2012
    ドラマスペシャル『親父がくれた秘密~下荒井5兄弟の帰郷~』(TX)

  •  
    松本清張没後20年特別企画『危険な斜面』(CX)

  • 2011
    『らんま1/2』(NTV)

  •  
    『BOSS』(CX)

  • 2010
    『女たちは二度遊ぶ』(Bee-TV)

  •  
    『エンゼルバンク~転職代理人』(EX)

  • 2008
    『SCANDAL』(TBS)

  • 2007
    スペシャルドラマ『海峡』(NHK)

  •  
    『恋せども、愛せども』(WOWOW)

  •  
    『孤独の賭け~愛しき人よ~』(TBS)

  •  
    『華麗なる一族』(TBS)

  • 2006
    大河ドラマ『功名が辻』(NHK)

  •  
    終戦記念特別ドラマ『ひめゆり隊と同じ戦火を生きた少女の記録 最後のナイチンゲール』(NHK)

  •  
    『おいしいプロポーズ』(TBS)

  •  
    『世にも奇妙な物語 春の特別編 「命火」』(CX)

  • 2005
    『ドラゴン桜』(TBS)

  •  
    『Mの悲劇』(TBS)

  •  
    『自由戀愛』(WOWOW)

  •  
    『冬の運動会』(NTV)

  • 2004
    『ワンダフルライフ』(CX)

  •  
    『シェエラザード』(NHK)

  • 2003
    『僕だけのマドンナ』(CX)

  •  
    『いつもふたりで』(CX)

  • 2002
    年末時代劇『赤ひげ』(CX)

  •  
    聖夜のドラマスペシャル『彼女たちのクリスマス』(「anti-X'masgirl」主演)(CX)

  •  
    『天体観測』(CX)

  •  
    『ビッグマネー!』(CX)

  •  
    『プリティガール』(TBS)

  •  
    『九龍で会いましょう』(ANB)

  • 2001
    『スタアの恋』(CX)

  •  
    『夏休みのサンタさん』(NTV)

  • 2000
    『らぶ・チャット』(CX)

  • 2010
    『桜田門外ノ変』(東映)/佐藤純彌監督

  • 2009
    『RAIN FALL・雨の牙』(ソニー・ピクチャーズエンタテインメント)/Max mannix監督

  • 2008
    『七夜待』(ファントム・フィルム)/河瀬直美監督

  • 2007
    『大帝の剣』(東映)/堤幸彦監督

  •  
    『愛の流刑地』(東宝)/鶴橋康夫監督

  • 2005
    『自由戀愛』(WOWOW)/原田眞人監督

  •  
    『美しい夜、残酷な朝〜box〜』(角川)/三池崇史監督

  •  
    Jam Films female『桃』(東芝エンタテインメント)/篠原哲雄監督

  • 2012
    『熱海殺人事件NEXT 〜くわえ煙草伝兵衛捜査日誌〜』(紀伊国屋ホール)<再演>

  • 2011
    『熱海殺人事件NEXT 〜くわえ煙草伝兵衛捜査日誌〜』(紀伊国屋ホール)

  •  
    『淋しいのはお前だけじゃない』(赤坂ACTシアター 他 )

  • 2004
    『MIDSUMMER CAROL〜ガマ王子VSザリガニ魔人〜』(PARCO劇場 他)

  • 2013
    第6回ベストマザー賞(芸能部門)

  • 2005
    第16回日本ジュエリーベストドレッサー賞(20代の部)

  •  
    ブルガリ ブリリアントアワード2005

  • 2003
    ベストドレッサー賞(芸能部門)

  • 2015
    『オールスター感謝祭』(TBS)

  • 2014
    『第50回 歌謡チャリティコンサート』(NHK総合)

  •  
    『新チューボーですよ!』(TBS)

  •  
    『いっぷく!』(TBS)

  •  
    『Nスタ』(TBS)

  •  
    『ひるおび!』(TBS)

  •  
    『王様のブランチ』(TBS)

  • 2013
    『森田一義アワー 笑っていいとも!』(CX)

  •  
    『アウト×デラックス』(CX)

  •  
    『SMAP×SMAP 超人気俳優・女優が大集合スペシャル!!』(CX)

  •  
    『海外ドラマの日ナビゲーター』(BSスカパー)

  • 2012
    『鶴瓶のスジナシ』(CBC・TBS)

  • 2011
    『another sky』(NTV)

  • 2010
    『芸能界格付けチェックお正月SP』(ABC)

  •  
    『徹子の部屋』(ANB)

  •  
    『シルシルミシル』(ANB)

  •  
    『笑っていいとも!!』(CX)

  • 2008
    『Goro's Bar』(TBS)

  • 2007
    『ユーミン世紀の40億円プロジェクトのすべて〜松任谷由実・シャングリラIII密着300日〜』【ナレーション】(KTV他)

  •  
    『Goro's Bar』(TBS)

  •  
    『スタジオパークからこんにちは』(NHK)

  •  
    『恋うた2007』(NHK)

  •  
    『土曜スタジオパーク』(NHK)

  •  
    『見どころNHK』(NHK)

  •  
    『ひとりごと』(NHK)

  • 2006
    『ナイナイサイズ!』(NTV)

  •  
    『キヤノンスペシャル 地球創世記ミステリー・プラネットブルー 海と大地の鼓動を聞け』【ナレーション】(TBS)

  • 2005
    『王様のブランチ』(TBS)

  •  
    『Matthew's Best Hit TV+』(ANB)

  •  
    『ワンナイR&R スペシャル』(CX)

  •  
    『徹子の部屋』(ANB)

  •  
    『Goro's Bar新春スペシャル』(TBS)

  •  
    『SMAP×SMAP』(ビストロスマップ)(CX)

  •  
    『K-1 WORLD GP 2005 in パリ』(CX)

  • 2004
    『笑っていいとも!満開春の祭典★スペシャル』(CX)

  •  
    『K-1 WORLD GP 2004 in さいたま』(CX)

  •  
    『K-1 WORLD GP 2004 決勝戦』(CX)

  •  
    『さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル‘04』(NTV)

  • 2003
    『K-1 WORLD GP』(CX)

  •  
    『K-1 プレミアム2003 人類史上最強王決定戦DYNAMITE!!』(TBS)

  •  
    『極真空手世界選手権』(CX)

  •  
    『PRIDE GP 決勝戦』(CX)

  •  
    『SRS』レギュラー(CX)【2000〜】

  •  
    『メントレG』レギュラー(CX)

  •  
    『ジャンクSPORTS 春の大感謝祭』(CX)

  •  
    『SMAP×SMAP』[ビストロスマップ]コーナーにゲスト出演(CX)

  •  
    『笑っていいとも!』(CX)

  • 2002
    『とんねるずのみなさんのおかげでした』(CX)

  •  
    『すぽると!』(CX)

  •  
    『すっぴんもーど』(CX)

  •  
    『アヤパン』(CX)

  •  
    『さんま・所のオシャベリの殿堂』(NTV)

  •  
    『堂本兄弟』(CX)

  •  
    『さんまのまんま』(CX)

  •  
    『笑う犬の発見』(CX)

  • 2001
    『エブナイ』(CX)

  •  
    『チノパン』(CX)

  •  
    『とんねるずのみなさんのおかげでした』(CX)

  •  
    『ナマタノオロチ』(メ〜テレ)

  •  
    『超V.I.Pスペシャル』(CX)

  •  
    『笑っていいとも!』(CX)

  • 2000
    『ジャンクスポーツ』(CX)

  • 1999
    『豪華ゲスト最超VIP』(CX)

  •  
    『u-K@』(CX)

  • 2015
    「LEE」(集英社)表紙

  •  
    「日経WOMAN」(日経BP社)

  •  
    「DRESS」(gift)表紙

  • 2014
    「DRESS」(gift)連載「長谷川京子の私服日記」

  • 2013
    「LEE」(集英社)連載「おいしい歳時記」

  •  
    「ミセス」(文化出版局)表紙

  •  
    「LEE」(集英社)表紙

  • 2012
    Tarzan

  •  
    MAQUIA

  •  
    WWD JAPAN

  •  
    Marisol

  •  
    InRed

  • 2011
    Tarzan

  •  
    日経WOMAN

  • 2010
    MAQUIA(表紙)

  •  
    ザ・テレビジョン

  •  
    mina

  •  
    Gizele

  •  
    MISS

  •  
    アーバンライフメトロ

  •  
    PHPスペシャル

  •  
    旅色

  •  
    anan(表紙)

  •  
    GQ Japan

  •  
    SWITCH

  •  
    MORE

  •  
    GINGER

  •  
    TVガイド

  •  
    anan(表紙)

  • 2009
    Grazia

  •  
    週刊現代(表紙)

  •  
    GLAMOROUS

  •  
    with

  •  
    CanCam

  •  
    週刊文春

  •  
    日経WOMAN(表紙)

  • 2008
    日経おとなのOFF(表紙)

  •  
    婦人画報

  •  
    LEE(表紙)

  •  
    MORE(表紙)

  •  
    BOAO

  •  
    Grazia(表紙)

  •  
    週刊現代(表紙)

  •  
    MISS(表紙)

  •  
    週刊ポスト(表紙)

  •  
    Harper's BAZAAR

  •  
    InRed(表紙)

  •  
    spring(表紙)

  •  
    VOCE(表紙)

  •  
    日経WOMAN(表紙)

  • 2007
    週刊文春

  •  
    週刊現代(表紙)

  •  
    日経ヘルス(表紙)

  •  
    Ane Can

  •  
    女性セブン

  •  
    with(表紙)

  •  
    L25

  •  
    Chou Chou(表紙)

  •  
    NHKウィークリーステラ(表紙)

  •  
    スクリーン

  • 2006
    CLUB

  •  
    with

  •  
    Grazia

  •  
    FRaU(表紙)

  •  
    日経WOMAN(表紙)

  •  
    CanCam特別号お姉さん系CanCam

  •  
    anan(表紙)

  •  
    BRUTUS

  •  
    LUCi(表紙)

  •  
    TV station

  •  
    TV Japan

  •  
    CazChouChou(表紙)

  •  
    ecocolo

  •  
    Spring

  •  
    東京カレンダー(表紙)

  •  
    TVガイド

  •  
    東京カレンダー(表紙)

  •  
    nonno(表紙)

  • 2005
    BAILA(表紙)

  •  
    SPA!

  •  
    Tokyo Walker(表紙)

  •  
    MORE(表紙)

  •  
    anan(表紙)

  •  
    東京カレンダー(表紙)

  •  
    Spring(表紙)

  •  
    VOCE(表紙)

  •  
    CanCam

  •  
    UNON

  •  
    日経おとなのOFF(表紙)

  •  
    TITLE

  •  
    TRACE magazine

  •  
    野生時代(表紙)

  •  
    Barfout!

  •  
    コスモポリタン

  •  
    週刊朝日(表紙)

  •  
    ビッグコミックスピリッツ(表紙)

  •  
    with

  •  
    FRaU(表紙)

  •  
    キネマ旬報

  •  
    Chou Chou(表紙)

  •  
    CREA

  •  
    日経WOMAN(表紙)

  •  
    週刊文春

  •  
    月刊ザテレビジョン

  •  
    B.L.T.

  •  
    TV station

  •  
    TV Japan

  •  
    TV LIFE(表紙)

  •  
    東京カレンダー

  •  
    LUCi(表紙)

  •  
    日経ヘルス(表紙)

  •  
    ef

  •  
    OZ magazine

  •  
    Spring

  •  
    MISS11月号

  •  
    BOAO

  •  
    Wit(表紙)

  •  
    CanCam

  • 2004
    wish(巻頭撮り下ろし・サンフランシスコ・ホームステイ日記)

  •  
    きものサロン(表紙)

  •  
    PS(表紙)

  •  
    anan(表紙)

  •  
    Luci(表紙)

  •  
    Urb

  •  
    Tokyo Walker(表紙)

  •  
    TVガイド

  •  
    JUNON

  •  
    TV navi

  •  
    FRaU(表紙)

  •  
    anan

  • 2003
    CanCam

  •  
    美的

  •  
    LUCi

  •  
    Spring

  •  
    ef

  •  
    mina

  •  
    non-no

  •  
    sweet

  •  
    MORE

  •  
    FRaU

  •  
    CREA

  •  
    MISS別冊「『もっときれいになれる』髪型ファイル」

  •  
    ar増刊 トレンドヘアブック

  •  
    @SHIBUYA PPP

  •  
    recoreco vol.4

  •  
    Tokyo Walker

  •  
    フレッシャーズ Walker

  •  
    KANSAI 1週間

  •  
    Chou Chou

  •  
    日経WOMAN

  •  
    日経キャリアマガジン

  •  
    週刊SPA!

  •  
    東京カレンダー

  •  
    PC fan

  •  
    週刊アスキー

  •  
    Mac Fan

  •  
    ウルトラONE

  •  
    とらばーゆ

  •  
    TOKYO BROS.

  •  
    TVガイド

  •  
    週刊ザ・テレビジョン

  •  
    TV LIFE

  •  
    デジタルTVガイド

  •  
    TVぴあ

  •  
    FLASH

  •  
    FRIDAY

  •  
    週刊ポスト

  •  
    oggi

  •  
    TOKYO BROS.

  •  
    テレパルエフ

  •  
    ar<連載>

  • 2002
    ar

  •  
    Soup.

  •  
    mina

  •  
    CUTiE

  •  
    ajir

  •  
    anan

  •  
    ViVi

  •  
    FYTTE

  •  
    Life Size magazine

  •  
    エスクァイア

  •  
    HOT DOG PRESS

  •  
    WARP

  •  
    ウルトラONE

  •  
    週刊現代

  •  
    FLASH

  •  
    SRS・DX

  •  
    TOKYO BROS.

  •  
    CanCam

  • 2001
    SRS・DX

  • 2014
    『岡田惠和 今宵、ロックバーで 〜ドラマな人々の音楽談議〜』(NHK FM)

  • 2010
    『DoCoMo シーソーメール』(TFM)

  • 2003
    『ラブ・ストーリーズ「恋人たちのジグシーパズル」』(ニッポン放送)

  • 2001
    『VIVA!ACCESS』(J-WAVE)

  •  
    『SUNTORY SATURDAY WAITING BAR』(TOKYO FM)

  •  
    『ビビるのオールナイトニッポン』(ニッポン放送)

  •  
    『ディアフレンズ』(FM東京)

  • 2014
    『美人財布』(ネットマガジン)

  • 2004
    PHOTO BOOK『key of life』

  • 2001
    写真集『KYOKO-WIND京風』

  • 2001
    DVD『La fille naturelle』(ポニーキャニオン)


関連タレント

  • 羽田美智子
  • 青山倫子
  • 浅見れいな
  • 今井りか
  • 新垣結衣

  • レプロSNS一覧
  • 動画一覧

PAGE TOP