5 min

ahamo(アハモ)は海外利用できる!料金や設定方法、制限について解説

ahamoとはドコモが新しく始めた料金プランです。街中の広告やCMなどで見たことがある方も多いのではないでしょうか。ドコモのプランの中ではかなり安く設定されており、今まで提供していたサービスとは少し違います。

そんなahamoは海外でも利用が可能です。今回は、ahamoを海外で使用する際の料金や利用方法について解説します。ahamoへの乗り換えを検討中の方はぜひご覧ください。

この記事を読んでわかること
  • ahamoを海外で利用する際の料金
  • ahamoを海外で使う際の設定方法
  • ahamoの海外ローミング利用時の注意点

ahamoを海外利用する際の料金

ahamoを海外で利用する際は、基本的には国内での料金と同じです。しかし、追加でかかってしまう料金もあるので注意しましょう。

ここからは、ahamoを海外で利用する際の料金について詳しく解説します。

通話料とSMS送受信料

ahamoは、海外で使用してもデータ利用料金が追加で発生することはありません。しかし、通話とSMSを利用するとその分料金が発生するので注意が必要です。

日本国内であれば5分以内の通話は無料になります。オプションでかけ放題をつけることも可能です。しかし、海外では1分あたりから料金が発生してしまい、発信だけでなく着信にもお金がかかります。

料金は利用する国によって異なるので注意してください。以下の表は、国による通話料の違いの一例です。

国名滞在国内に発信日本に発信他の国に発信着信
アメリカ・ハワイ140円/分125円/分265円/分175円/分
グアム・サイパン180円/分80円/分280円/分130円/分
中国・香港・台湾175円/分75円/分265円/分145円/分

また、海外でSMSを利用する場合は1通送信するのに100円かかります。受信する際の料金はかかりません。

データ通信料

先ほども紹介しましたが、ahamoは海外で利用するデータ量が20GB以内であれば追加料金がかかりません。また、20GBを超えたとしてもデータ通信速度が遅くなるだけです。

通信速度を通常に戻したい場合は、オプションで1GBを550円で購入できます。このオプションサービスは日本で利用する際と同様の料金です。

追加料金なしで海外利用できる

前述した通り、ahamoは追加料金なしで海外でも利用可能です。日本で契約したプランがそのまま海外でも適用されます。

ちなみに、ahamoのプランは以下の1つのみです。

基本料金国内通話料金データ通信量
2,970円5分無料20GB

20GBというデータ量は、標準画質であれば40時間ほどの動画を再生できるくらいの容量です。このデータ容量を超えると最大1Mbpsに通信速度が制限されます。

ahamoを海外利用する際の設定方法

ahamoを海外で利用する場合、手動でスマートフォンの設定をデータローミングにする必要があります。データローミング設定にしないと、海外でデータ通信が全く利用できません。

データローミングの設定は簡単ですが、iPhoneとAndroidでは多少方法が異なります。それぞれの方法を詳しく見ていきましょう。

  1. STEP

    「設定」を開く

  2. STEP

    「モバイル通信」を選択する

  3. STEP

    「通信のオプション」を選択する

  4. STEP

    「データローミング」をオンにする

  1. STEP

    「設定」を開く

  2. STEP

    「ネットワークとインターネット」を選択する

  3. STEP

    「モバイルネットワーク」を選択する

  4. STEP

    「データローミング」をオンにする

iPhoneもAndroidも設定から簡単にデータローミングをONにできます。数分でできるのでぜひチャレンジしてみてください。

ahamoの海外ローミング利用時の注意点

ahamoを海外で利用する場合、いくつか注意点があります。

ahamoを海外で利用する際の注意点
  • データ通信量が20GBを超えると速度制限がかかる
  • 海外での電話とSMSの利用額が5万円を超えると海外データ通信が使えなくなる
  • 海外パケ・ホーダイは利用できない

1つずつ確認してみましょう。

データ通信量が20GBを超えると速度制限がかかる

ahamoのプランには20GBまでというデータ容量制限があり、もし使い切ってしまった場合は通信速度が遅くなってしまいます

さらに、日本では制限後の速度は最大1Mbpsですが海外では128kbpsです。128kbpsという速さでは、メッセージのやり取りすらかなりの時間を費やしてしまうので、スマートフォンの利用が難しいでしょう。

海外での電話とSMSの利用額が5万円を超えると海外データ通信が使えなくなる

ahamoは海外でデータ通信をしても無料ですが、電話やSMSを利用すると料金が発生します。その料金が5万円を超えると、その月の月末まで海外データ通信が利用できません

これはデータ容量を追加で購入したとしても解除できないので注意しましょう。

海外パケ・ホーダイは利用できない

先ほども説明したように、ドコモには海外パケ・ホーダイというプランがあります。これはパケ・ホーダイという名前の通り、データ容量に上限が設定されていないプランです。

ahamoは国内でも海外でも同じ1つのプランしかないため、海外パケ・ホーダイは利用できません。データ容量無制限にはできないので使いすぎには注意しましょう。

ahamoの場合は海外でも追加料金なしで利用できるので、ドコモの通常プランよりもお得です

【注意】ahamoは海外利用地域が狭くて限られる

ahamoを利用できる国は、ドコモの提供しているWORLD WINGと同じではありません。ahamo独自となっているため、200以上の国々をカバーしているWORLD WINGと比べるとかなり少ないです。特に中南米やアフリカに関しては、WORLD WINGの方が幅広くカバーしています。

しかし、ahamoは日本人が旅行する場所のほとんどをカバーしているのでほぼ問題ないでしょう。

世界82ヶ国で利用可能

ahamoで契約したスマートフォンは以下の82の国々で利用できます。

  • アメリカ
  • アラスカ
  • カナダ
  • グアム
  • サイパン
  • ハワイ
  • インド
  • インドネシア
  • カンボシア
  • シンガポール
  • タイ
  • フィリピン
  • ブルネイ
  • ベトナム
  • マカオ
  • ミャンマー
  • ラオス
  • 韓国
  • 香港
  • 台湾
  • 中国
  • バングラディッシュ
  • オーストラリア
  • ニュージーランド
  • フィジー
  • ナウル
  • アイルランド
  • アゾレス諸島
  • アンドラ
  • イギリス
  • イタリア
  • エストニア
  • オーストリア
  • アランダ
  • カナリア諸島
  • キプロス
  • ギリシャ
  • クロアチア
  • サンマリノ
  • スイス
  • スウェーデン
  • スペイン
  • スペイン領北アフリア
  • スロバキア
  • チェコ
  • デンマーク
  • ドイツ
  • トルコ
  • ノルウェー
  • バチカン
  • ハンガリー
  • フィンランド
  • フランス
  • ブルガリア
  • ベルギー
  • ポーランド
  • ポルトガル
  • マディラ諸島
  • モナコ
  • ラトビア
  • リトアニア
  • リヒテンシュタイン
  • ルーマニア
  • ルクセンブルグ
  • ロシア
  • 米領バージン諸島
  • プエルトリコ
  • ブラジル
  • ペルー
  • メキシコ
  • チリ
  • エクアドル
  • カタール
  • オマーン
  • イスラエル
  • ヨルダン
  • サウジアラビア
  • エジプト
  • モロッコ
  • 南アフリカ
  • レソト
  • 日本

海外利用時のahamoとドコモ通常プランの違いは?

ドコモの通常プランを海外で使用する場合、利用できる国や料金がahamoとは大きく異なります。それでは、どのように違うのかを詳しく見ていきましょう。

ドコモの通常プランは追加料金が発生

ahamoは海外でも日本国内と同様の料金で利用でき、事前に申し込みをする必要もありません。しかし、ドコモでは海外オプションのパケット定額サービスを事前に申し込むか、利用したデータ通信量に応じた料金を支払う必要があります

料金は訪れる国によって多少変わってきますが、基本的には以下のようなプランです。

プラン料金
1時間プラン200円
24時間プラン980円
3日間プラン2,480円
5日間プラン3,980円
7日間プラン5,280円
海外パケホーダイ2,980円

「パケットパック海外オプション」を利用すると、契約中の国内パケット定額サービスまたは料金プランのデータ量を使用できるようになります。

ahamoは海外利用可能

出典:ahamo.com

日本で契約したスマートフォンは、基本的に海外でも利用できます。しかし、日本で契約したプランでは利用できないので別途料金を請求されるのが一般的です。

ahamoの場合は海外でも追加料金なしで利用できます。その他にもahamoには便利なポイントがあるので、詳しく見ていきましょう。

申し込みや手続きを行う必要はない

海外でスマートフォンを利用する場合、現地で使用できるSIMやWi-Fiなどをレンタルするのが一般的です。もちろん、利用するための費用も発生します。

ahamoで契約したスマートフォンを海外で利用する場合は、事前に手続きや申し込みをする必要はありません。自分のスマートフォンをデータローミングの設定にするだけで利用可能になります。

国や利用する端末によってはネットワークの種類が異なるので、事前に公式ホームページをチェックしましょう。

ahamo(アハモ)の海外利用についてまとめ

ahamoは海外で利用するときに事前申し込みの必要がなく、日本国内と同様に20GBまでのデータ通信を追加料金なしで使用できます。利用するときはスマートフォンのデータローミングの設定をオンにするだけです。

ただし、以下のような注意点があります。

ahamoを海外で利用する際の注意点
  • データ通信量が20GBを超えると速度制限がかかる
  • 海外での電話とSMSの利用額が5万円を超えると海外データ通信が使えなくなる
  • 海外パケ・ホーダイは利用できない

この注意点さえ気をつければ、ahamoは海外でとても利用しやすいです。海外でスマートフォンを利用する方は、ぜひahamoを検討してみてはいかがでしょうか。

関連記事

1 件のコメント

  1. タイとカンボジアではデータローミングが使えたのですが、サウジアラビアでは使えませんでした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です