12 min

かけ放題・通話定額の格安SIMおすすめ13選を徹底比較!キャリアの通話料金プラン

格安SIMにも、かけ放題プランはあります。

しかし、それぞれ価格が異なる上プランによっては、制限が設定されている場合もあるので、どの格安SIMを選べば良いか迷ってしまうでしょう。

そこで今回は、かけ放題のプランを提供しているおすすめの格安SIMを13社紹介します。選び方のポイントやキャリアのかけ放題も紹介するのでぜひ参考にしてください。

無制限のかけ放題の格安SIMサービス10選

ここからは、無制限のかけ放題プランを提供している格安SIMサービスを厳選して10選紹介します。紹介する格安SIMサービスは以下のとおりです。

  • OCNモバイルONE
  • Y!mobile
  • UQ mobile
  • LINEMO
  • ahamo
  • povo
  • HIS Mobile
  • 日本通信SIM
  • y.u mobile
  • QTmobile

特徴や月額料金などについても詳しく解説するので、ぜひチェックしてみてください。

1.OCNモバイルONE

出典: OCNモバイルONE
データプラン1GB3GB6GB10GB
月額基本料(税込)770円990円1,320円1,760円
OCN光モバイル割
適用(税込)
550円770円1,100円1,540円
通話オプション料金(税込)
トップ3かけ放題935円
10分かけ放題935円
完全かけ放題1,430円

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズが運営している格安SIMです。通信品質の評価が高く、安定した通信を行えるのでストレスなく使用できるでしょう。

月額基本料も安いですが、端末とセットで購入することでより一層価格を抑えることができます。格安SIMへ乗り換えるタイミングで、新しいスマホを購入したい人にぴったりです。

かけ放題については完全無制限で、1,430円と他社と比べても安く設定されています。どのデータプランに完全かけ放題をつけても、3,000円以下になるためコストを抑えた利用が可能です。

2.Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile
出典:Y!mobile(ワイモバイル)
プランシンプルS(3G)シンプルM(15G)シンプルL(25G)
月額基本料(税込)4,048円5,148円6,028円
割引適用(税込)2,860円3,960円4,840円
通話オプション料金(税込)
だれとでも定額770円
スーパーだれとでも定額(S)1,870円

Y!mobileはSoftBankのサブブランドです。メインブランドのSoftBankと同じ自社回線を使用しており、安定した高速通信を実現しています。そのため格安SIMにありがちな「通信が遅くなる」といった、ストレスを感じにくいのが特徴です。

月額基本料は他社よりも高めに設定されていますが、家族割または自宅固定回線とのセット割を利用することで1,100円の割引が受けられます。

通話オプションのだれとでも定額は、10分までの国内通話がかけ放題になります。通常の通話料は30秒で22円かかるので、月間で18分以上電話を利用する方は加入するとお得です。月に43分以上電話する場合は、通話時間と回数に制限がないスーパーだれとでも定額(S)を利用すると良いでしょう。

3.UQ mobile

UQ mobile
出典:UQ mobile
プランくりこしプランS(3G)くりこしプランR(5G)くりこしプランL(25G)
月額基本料(税込)1,628円2,728円3,828円
自宅セット割適用(税込)990円2,090円2,970円
通話オプション料金(税込)
通話パック(月に最大60分まで)550円
10分かけ放題770円
24時間完全かけ放題
※60歳以上の方の場合
1,870円
※1,000円

auのサブブランドであるUQ mobileは、安定した通信環境が整えられた格安SIMです。通勤や通学などの利用者が多い朝の時間帯でも、スムーズにデータ通信を行えるでしょう。

通常の月額料金は格安SIMの中では安いとは言えませんが、auでんきや対象のインターネットサービスなどに加入することで割引を受けられます。

通話オプションは、月に最大60分までが定額になる通話パックが特徴的です。通常の通話では60分で2,640円もかかってしまうため、電話の利用が少ない方も加入しておくと良いでしょう。完全かけ放題の料金は他社と同等ですが、60歳以上の方であれば1,000円という破格で利用できます。

4.LINEMO

LINEMO
出典:LINEMO
プランミニプラン(3G)スマホプラン(20G)
月額基本料(税込)990円2,728円
通話オプション料金(税込)
通話準定額550円
通話定額1,650円

LINEMOはSoftBankが提供している、オンライン限定の格安プランです。ショップでの対応や電話での問い合わせがない代わりに、毎月のスマホ料金が大幅に安くなっています。

LINEユーザーに特化した特典があり、LINEアプリのトーク・通話・ビデオ通話で使ったギガがノーカウントになります。データ容量を使い切った後でも、LINEの通信速度が落ちずに利用可能です。

通話オプションは2種類。通話準定額なら5分以内の通話が無料になり、通話定額なら国内通話が完全無料になります。

5.ahamo

ahamo
出典:ahamo
月額基本料(税込)2,970円
通話オプション料金(税込)
24時間かけ放題1,100円

ahamoはドコモのオンライン専用の格安プランです。データ容量20Gのプランのみを提供しており、携帯電話会社特有の複雑な割引などがないので、迷わず契約ができます。割引がなくても20G/2,970円は、大手キャリアと比べると非常に安いです。

通話オプションを利用しなくても、国内通話が1回5分まで無料になっています。仕事などで長時間の通話をする方は、24時間かけ放題のオプションを利用すると良いでしょう。通話の際に特別な操作は必要はなく、通常の通話アプリから利用できます。

ahamoに決めてしまう前にahamoのデメリットについても把握しておきましょうね!

6.povo

povo
出典:POVO
月額基本料 (税込)0円
通話オプション料金(税込)
5分以内通話かけ放題550円
通話かけ放題1,650円

povo(ポヴォ)は月額基本料金0円で利用できる点が最大の特徴です。毎月使用するデータ容量を自分好みにカスタマイズして、臨機応変に使いこなせます。データ容量は1GB〜150GBの5種類で、24時間データ使い放題のオプションの利用も可能です。

通話オプションは5分以内通話かけ放題と、完全かけ放題の2種類になります。通常の通話では30秒あたり22円かかるので、13分以上の電話をする方は通話オプションを利用するとお得です。

7.HIS Mobile

HIS Mobile
出典: HIS Mobile
プラン格安ステップ格安弐拾プラン格安かけ放題プランビタッ!プラン
月額基本料(税込)590円〜2,178円2,728円〜1,078〜
データ容量1GB~10GB20GB3GB~30GB100MB~30GB
通話オプション料金(税込)
5分通話かけ放題700円

HIS Mobileは旅行会社の株式会社HISが運営する格安SIMです。提供しているプランは4つで、格安ステップは設定するデータ容量によって月額基本料金が変わります。ビタッ!プランは使用したデータ量に応じて月額基本料が変わるため、毎月のデータ使用量が不規則な方におすすめです。

通話もデータ通信も頻繁に使用する方は、格安弐拾プランを選ぶと良いでしょう。格安弐拾プランであれば20Gのデータ容量に加えて、月間70分まで通話が無料になります。それよりも通話時間が長い方は、格安かけ放題プランを選んでください。

通話オプションは5分通話かけ放題の1つのみです。完全かけ放題を利用したい方は、格安かけ放題プランを選びましょう。

8.日本通信SIM

日本通信SIM
出典:日本通信SIM

プランみんなのプラン20GBプランかけほプランWスマートプラン
月額基本料(税込)1,390円2,178円2,728円 1,738円
データ容量6GB20GB3GB3GB
通話70分/月まで無料70分/月まで無料かけ放題70分/月まで無料

日本通信SIMは1996年に創業した老舗の格安SIMです。他の格安SIMとは異なり、各プランの中にかけ放題が含まれています。どのプランでも専用アプリを使う必要がなく、スマホの通話機能から発信できるので使い勝手が良いです。

かけほプラン以外は月に70分までの通話が無料になり、超過した場合は30秒で11円の通話料金がかかります。70分以上通話をする方のみ、かけほプランを利用すると良いでしょう。

9.y.u mobile

y.u mobile
出典:y.u mobile

プランシングルプランシングル U-NEXTプランシェア U-NEXTプラン
月額基本料(税込)1,070円2,970円4,170円
データ容量5GB10GB20GB
通話オプション料金(税込)
10分かけ放題858円
無制限かけ放題2,970円

y.u mobileはU-NEXTの利用料金2,189円を含んだプランを提供しているのが特徴です。シングル U-NEXTプランとシェア U-NEXTプランであれば、他でU-NEXTに登録するよりかなりお得になります。

さらに、シェア U-NEXTプランなら2人まで追加料金なしで利用できます。一人当たり2,085円の破格で利用が可能です。

また、格安SIMでは珍しい永久不滅ギガを使用しています。半永久的に余ったギガを繰り越せるため、ギガを購入した際に発生した料金が無駄になることはありません。

通話オプションは10分かけ放題と、無制限かけ放題の2種類です。通話オプションを使用しなくてもy.uでんわという専用アプリを使えば、通話料金が30秒あたり11円になるので、月に40分以上電話する方のみかけ放題を利用すると良いでしょう。

10.QTmobile

QTmobile
出典:QTmobile
SIMの種類データ+通話コースデータコース
2GB1,100円〜770円〜
3GB1,364円〜880円〜
6GB1,760円〜1,430円〜
10GB1,980円〜1,650円〜
20GB2,200円〜1,870円〜
30GB3,300円〜2,970円〜
通話オプション料金(税込)
無制限かけ放題2,750円/月
10分かけ放題935円/月

QTmobileは株式会社QTnetが運営している格安SIMです。3大キャリアに対応しており、月額基本料は使用する回線によって多少異なります。

一番の特徴はデータ容量のプランが細かく用意されている点です。プランが6つも展開されているので、自分に合ったデータ容量を見つけられるでしょう。また、電話サポートや遠隔サポートも提供しているため、初心者の方でも安心して契約できます。

通話オプションは無制限かけ放題と、10分かけ放題の2種類です。通常の通話料金は30秒で22円なので、月に22分以上電話をする方は、10分かけ放題に加入するとお得になります。10分以上の通話を頻繁にする方は無制限かけ放題を利用すると良いでしょう。

時間制限があるかけ放題プランを提供している格安SIMサービス3選

ここからは時間制限があるかけ放題プランを提供する、格安SIMサービス厳選3社をご紹介します。紹介する格安SIMサービスは以下のとおりです。

  • IIJmio
  • J:COM MOBILE
  • mineo

短時間の通話を頻繁に利用する方は、無制限のかけ放題よりもこちらを選ぶとお得です。それぞれについて詳しく解説するので、ぜひ参考にしてください。

1.IIJmio

IIJmio
出典:IIJmio
プラン2ギガプラン4ギガプラン8ギガプラン15ギガプラン20ギガプラン
音声通話機能付きSIM780円980円1,380円1,680円1,880円
SMS機能付きSIM750円950円1,350円1,650円1,850円
データ通信専用SIM680円880円1,280円1,580円1,780円
eSIM400円600円1,000円1,300円1,500円
通話オプション料金(税込)
誰とでも3分&家族と10分/1回600円
誰とでも10分家族と30分/1回830円

IIJmioは株式会社インターネットイニシアティブが運営しています。取り扱っている端末の種類が豊富なので、スマホ自体の乗り換えを考えている方におすすめです。

提供しているSIM・プランの種類も多く、自分にとって必要ないものを徹底的に排除できます。とことん安さを追求したい方にはうってつけです。

通話オプションは少し特殊で、電話をかける相手によって制限時間が異なります。どちらも1,000円以下で利用できるので取り入れやすいでしょう。

2.J:COM MOBILE

J:COM MOBILE
出典:J:COM MOBILE
データ容量1GB5GB10GB20GB
月額料金(税込)1,078円1,628円2,178円2,728円
通話オプション料金(税込)
5分/回かけ放題550円
60分/回かけ放題1,650円

J:COM MOBILEは音声付きSIMのみを取り扱っている格安SIMです。プランはJ:COM MOBILE Aプラン STの1つのみで、データ容量を4種類から選択して契約します。

10GBと20GBの契約の場合、通信制限後でも最大1Mbpsの速度でデータ通信を行えます。1Mbpsの通信速度があれば、メッセージの送信や動画再生もスムーズにできるので無制限のような使い方が可能です。

通話オプションは5分/回と60分/回のかけ放題の2種類です。専用のアプリなどは必要なく、スマホに標準装備されている通話アプリから、電話をかけるだけなので面倒な操作がありません。

3.mineo

mineo
出典:mineo
プラン月額基本料(税抜き)
シングルタイプ1GB:800円
5GB:1,150円
10GB:1,550円
20GB:1,750円
デュアルタイプ1GB:1,180円
5GB:1,380円
10GB:1,780円
20GB:1,980円
通話オプション料金(税込)
mineoでんわ10分かけ放題935円
通話定額30924円
通話定額601,848円

mineoは関西電力系企業の株式会社オプテージが運営しています。ドコモ・au・ソフトバンクの大手キャリアの回線に対応しているため、地域を問わず利用することが可能です。また、現在のキャリアで使用しているスマホをSIMロック解除をせずにそのまま利用できます。

プランはデータ通信のみのシングルタイプと音声通話もできるデュアルタイプの2種類です。音声通話の有無と4種類のギガ数から選べるため、無駄のない契約ができるでしょう。

mineoではmineoでんわという専用アプリを利用することで、通話料が10円/30秒になります。10分以上の電話をする方は通話オプションの、mineoでんわ10分かけ放題を利用するとお得です。「専用のアプリを使う手間が嫌だ」という方は、通話定額30か通話定額60を利用すると良いでしょう。

完全無制限のかけ放題格安SIMは少ない?

SIM

通話時間が無制限のかけ放題プランを提供している格安SIMは少ないです。ほとんどの格安SIMでは「〇分以内なら無料」というような内容で、サービスを提供しています。指定されている時間を超えた場合は基本的に、「20円/30秒」の通話料金が発生するので注意が必要です。

もちろん完全無制限のかけ放題プランを提供している格安SIMもあります。完全無制限のかけ放題を利用したい方は、格安SIM会社のプランやオプションを見ておきましょう。

キャリアと格安SIMの通話プランの違い

チェック

キャリア・格安SIMのどちらも、通話料金が30秒ごとに20円かかるという仕組みは変わりません。キャリアの場合は家族間での通話無料のサービスや、5分以内ならかけ放題のプランなどがあります。時間無制限の定額プランもあり、1回の通話が長い方にとっては通話料金を抑えられるでしょう。

格安SIMでも5分・10分などの時間制限がある定額プランはあります。しかし、キャリアのように時間無制限のオプションを提供している格安SIMは少ないのが現状です。

格安SIMのかけ放題プランの選び方

スマホを使う女性

自分のスマホ生活に合ったかけ放題プランを選びたいものですが、一体どのように選んだら良いのでしょうか。ここからは、格安SIMのかけ放題プランの選び方を紹介します。ポイントは以下の2つです。

  • 普段の通話時間・回数
  • 基本料金との総額

それぞれ詳しく見ていきましょう。

普段の通話時間・回数を考慮して選ぶ

まずは普段どれくらいの頻度で、何分ほど電話を利用しているのかを把握しましょう。通話時間が少ない場合はかけ放題プランを利用しない方が安くなる可能性があります。

5〜10分の通話を頻繁にする方は、時間制限があるかけ放題プランがおすすめです。さらに通話時間が長いという方は、時間無制限のかけ放題プランを利用しましょう。

かけ放題を利用してお得になるのか、計算した上でプランを選ぶようにしてください。

基本料金との総額で選ぶ

かけ放題の費用だけでなく、基本料金を合わせた総額にも注目しましょう。かけ放題プランがいくら安くても基本料金が高ければ総額は大きくなり、格安SIMを選んだ意味がなくなってしまいます。

プランの種類によって使用できるデータ容量や料金は変動するので、購入を検討している格安SIMの総額を計算してみましょう。

SIMの乗り換えと同時に機種変更も考えている方は、端末代を分割した料金を加えた総額を見る必要があります。

キャリアのかけ放題料金は?

スマホを使い女性

キャリアのかけ放題料金が気になる方もいるのではないでしょうか。現在、日本におけるキャリアはdocomo・au・SoftBank・Rakuten Mobileの4社です。4社のかけ放題料金は以下になります。(※料金は税込)

キャリアdocomoauSoftBankRakuten Mobile
24時間かけ放題1,870円1,870円1,980円
5分/回かけ放題770円770円880円
10分/回かけ放題1,100円
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

docomo・au・SoftBankの3社は同じサービスを提供しています。docomoとauがSoftBankよりも若干安いですが、大きな差はありません。Rakuten Mobileのみ大手3社と異なり、10分までの通話かけ放題のオプションがあります。

ただし、Rakuten MobileではRakuten Linkアプリを使うことで通話料金が無料になります。オプションなどの設定は必要なく、電話をかける際に専用アプリを使うだけで利用可能です。Rakuten Linkアプリの利用は無料なので、実質月額基本料にかけ放題料金が含まれていることになります。

格安SIMのかけ放題の注意点

! 人差し指を立てる男性

格安SIMと大手キャリアのかけ放題は使い勝手が異なります。格安SIMのかけ放題は使い方を間違えると、高額な通話料金を請求されてしまうことがあるので注意しましょう。ここでは、格安SIMのかけ放題を使う上での注意点を紹介します。

時間制限のあるプランも存在する

格安SIMは時間無制限のかけ放題プランが少ないです。1回の通話で10分以内なら無料というように、ほとんどの場合に時間制限が設けられています

その時間を超過して通話すると別途通話料が発生してしまうため、長時間電話をする方には不向きといえるでしょう。格安SIMのかけ放題を利用する際は、制限時間に注意することが大切です。

通話の品質が落ちる可能性がある

格安SIMのかけ放題の中には専用アプリを使うものや、電話番号の前に各事業者独自の番号をつけるものがあります。これらの場合、電話回線ではなくインターネット回線を使った通話になるので、音声の品質が下がることがあります。

大手キャリアのかけ放題では、通常の電話回線を使用しているので通話の品質が高いです。安定した回線で通話をしたい人は、キャリアを選んだ方が良いでしょう。

専用アプリやプレフィックスの番号を使う必要がある場合も

前述したように、格安SIMのかけ放題には専用アプリやプレフィックスの番号を使う場合があります。これらを使用するのが面倒と感じる方は、スマホに標準装備されている通話アプリで、かけ放題を利用できる格安SIMを選びましょう。

また、電話をする際に専用アプリやプレフィックスの番号などを使い忘れてしまうと、通常の通話料金となり格安SIMを利用する意味が半減してしまいます。通話時間・回数によっては、高額な利用料となってしまう場合もあるため注意しましょう。

MNP予約番号の取得方法

女性講師

格安SIMへ乗り換える時に使っていた電話番号を引き継ぎたいのであれば、MNP予約番号と呼ばれる13桁の番号を入手しなければいけません。

ここでは、MNP予約番号の取得方法を以下の2つに分けて解説します。

  • 大手キャリアからのMNP予約番号取得方法
  • 他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

それぞれ詳しく解説するので、乗り換える際の参考にしてください。

大手キャリアからのMNP予約番号取得方法

大手キャリアからMNP予約番号の取得は電話一本で行えます。ショップに行ったり、複雑なWeb手続きをする必要がないので簡単です。手順は以下のようになります。

  1. STEP

    契約しているキャリアに電話をかける

    電話をかけると音声ガイダンスが流れるので、その指示に従って「番号ポータビリティのお手続き」を選択します。

  2. STEP

    MNP予約番号を発行して欲しい旨を伝える

    オペレーターに繋がったら、MNP予約番号を発行して欲しい旨を伝えましょう。いくつかの質問に答えるだけで予約が完了します。

    その際に解約金や他に気になっていることなども聞くと良いでしょう。

各キャリアの電話番号や受付時間は以下の表の通りです。

元のキャリアdocomoauSoftBank
電話番号携帯から:151
一般電話から:0120-800-000
 0077-75470携帯から:*5533
一般電話から: 0800-100-5533
受付時間9:00〜20:009:00〜20:009:00〜20:00
MNP転出手数料2,200円3,300円翌々請求月末までに転出:5,500円
上記以降の転出:3,300円
詳細公式サイト公式サイト公式サイト

他の格安SIMからのMNP予約番号取得方法

他の格安SIMから乗り換える場合は、電話とWEBの2つの方法があります。ここでは主要の格安SIM会社の、MNP予約番号取得方法を表にまとめました。

QTmobileIIJmioBIGLOBEmobiley.u mobilemineo
格安SIM会社Y!mobileUQ mobileOCNモバイルONEHIS MobileQTmobileIIJmioBIGLOBEモバイルy.u mobilemineo
取得方法電話電話/WEBWEBWEB電話/WEBWEB電話/WEBWEBWEB
MNP予約受付窓口ワイモバイルの電話から:151
その他の電話から:0570-039-151
電話:0120-929-818
WEB:マイページから
マイページからマイページから電話:0120-986-008
WEB:QTnetから
マイページから電話:0120-983-028
(携帯電話・PHS・IP電話の場合:03-6479-5608)
WEB:マイページから
マイページからマイページから
受付時間9:00~20:00電話:9:00~20:00
WEB:24時間
24時間24時間電話:9:00~20:00
WEB:24時間
24時間電話:9:00~18:00
WEB:24時間
24時間24時間
MNP転出手数料無料無料無料無料電話:1,100円
WEB:無料
無料無料無料無料
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

格安SIMへ乗り換える際の注意点

注意点

安いだけでなく様々なメリットがある格安SIMですが、乗り換える際に注意点があります。前もって注意しておくべき点は以下の2つです。

  • SIMロック解除ができるか確認する
  • 新しい格安SIMが使えるかチェック

それぞれ詳しく解説していきます。

SIMロック解除ができるか確認する

格安SIMへ乗り換える際は、現在使用しているスマホのSIMロックを解除できるのか確認しましょう。

2015年5月以降に発売された機種であればほとんどの場合、購入日から101日以上経過していればSIMロックの解除が可能です。しかし、機種代金をきちんと支払っていることが前提条件となります。

契約後にSIMロックが解除できないということがないように、しっかり確認しておきましょう。

新しい格安SIMが使えるかチェック

今の端末のSIMロックが解除できたとしても、新しい格安SIMが使えるとは限りません。動作確認ができているか契約前に確認しておきましょう。

動作確認は各格安SIM会社の公式サイトで確認できます。動作確認ができていない機種の場合、使えないケースがあるので他の格安SIMを選ぶようにしましょう。

格安SIMのかけ放題まとめ:時間制限に注意して選ぼう

今回はかけ放題オプションを提供している格安SIMを紹介しました。あなたにぴったりの格安SIMは見つかりましたか?

格安SIMのかけ放題は完全無制限もありますが、5分・10分などの時間制限があることが多いです。設定されている時間を超えて電話をすると、オプション料金とは別で通話料金がかかります。頻度や回数にもよりますが、高額な請求をされてしまうことがあるので注意してください。

1回の通話の時間や頻度などを考えて、自分に合うかけ放題を提供している格安SIM会社を選びましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です