50 min
格安SIM_おすすめランキング

【格安SIM比較】おすすめ人気ランキング!896人の利用者が評価

格安SIMのおすすめランキングや比較表を交えて紹介していきます。

in netでは格安SIMのアンケートを896人に実施し評価されたおすすめの格安SIMをランキング形式で紹介致します。

まずはTOP3をピックアップ!

順位
通信会社名ahamo
ahamo
LINEMOロゴ
LINEMO [PR]

IIJmio
総合評価★★★★☆
4.15点
★★★★☆
4.08点
★★★★☆
4.00点
料金評価★★★★☆
4.17点
★★★★☆
4.05点
★★★★☆
4.00点
速度評価★★★★☆
4.14点
★★★★☆
4.12点
★★★★☆
4.00点
公式HP公式HP公式HP公式HP

 

目次

格安SIM(MVNO) のおすすめ比較表|速度・料金一覧

おすすめの格安SIM17社の、月額料金(音声SIM※)やデータ容量のプランを比較表にまとめてみました。

格安SIMのおすすめランキングの評価基準の詳細は下記に記載しています。

ランキングはin netで896人の方にアンケートを行い調査の中で最も関心の高かった下記の3点の評価を基準にランキング形式でご紹介していきます。

格安SIM おすすめランキングの評価基準項目
  • 料金の満足度評価(5段階評価)
  • 通信速度の満足度評価(5段階評価)
  • キャンペーンの内容

キャンペーンで選ぶ方も多かったため、最新のおすすめキャンペーン情報もランキング内で紹介します。

参照:

 1位2位3位4位5位6位7位8位9位10位
 ahamoロゴLINEMOUQ mobileY!mobileOSNロゴmineoロゴ楽天モバイルロゴJ:COM MOBILENURO MobileQTmobile logoイオンモバイルロゴy.uモバイル ロゴ日本通信SIM ロゴLinks Mate 
 ahamoLINEMO[PR]IIJmioUQ mobileY!mobileOCNモバイルONEmineo楽天モバイルJ:COM MOBILEnuroモバイルQTモバイルイオンモバイルBIGLOBEモバイルy.u mobile日本通信SIMDMMモバイルLinksMate
料金評価★★★★☆
4.17点
★★★★☆
4.05点
★★★★☆
4.00点
★★★★☆
4.01点
★★★★☆
3.72点
★★★★☆
3.93点
★★★★☆
4.21点
★★★★☆
3.79点
★★★☆☆
3.33点
★★★★☆
4.40点
★★★☆☆
3.40点
★★★☆☆ 3.46点★★★☆☆
3.50点
★★★☆☆ 3.38点★★★★☆ 4.69点★★★☆☆
3.50点
★★★★☆
4.50点
速度評価★★★★☆
4.14点
★★★★☆
4.12点
★★★★☆
4.00点
★★★★☆
3.96点
★★★★☆
3.83点
★★★★☆
3.81点
★★★★☆
3.79点
★★★★☆
3.44点
★★★☆☆
3.67点
★★★☆☆
3.60点
★★★★☆
3.60点
★★★☆☆ 3.08点★★★☆☆
3.50点
★★★☆☆ 3.46点★★★★☆ 4. 46★★★☆☆
3.50点
★★★☆☆
3.50点
月間データ容量20GB3GB・20GB2GB~20GB3GB~25GB(増量オプションあり)3GB~25GB(増量オプションあり)500MB ~ 10GB1GB~20GB3GB~無制限1GB~30GB3GB~10GB2GB ~30GB0.5GB~50GB1GB ~ 30GB5GB~20GB1GB~20GB1GB~20GB100MB~1TB
月額料金2970円~990円~2,728円850円~1,628円~2,178円~550円~1,298円1,078円~1,078円~792円~1,100円~528円~990円~1,070円~290円~1,386円~517円~
利用回線docomosoftbankdocomo
au
ausoftbankdocomodocomo
au
softbank
楽天
au
au
docomo
docomo
au softbank
docomo
au softbank
docomo
au
docomodocomodocomodocomodocomo
音声通話料金通話5分以内0円 
5分超過後 
22円 / 30秒
22円 / 30秒22円 / 30秒22円 / 30秒22円 / 30秒OCNでんわ
11円 / 30秒

OCNでんわ 以外
22円 / 30秒
22円 / 30秒22円 / 30秒22円 / 30秒NUROモバイルでんわ11円/30秒

NUROモバイルでんわ 以外
22円/30秒
11円 / 30秒11円 / 30秒22円 / 30秒

BIGLOBEでんわ
9.9円/30秒
22円 / 30秒

アプリ利用
11円/30秒
11円 / 30秒22円 / 30秒22円/30秒

MatePhone
11円/30秒
かけ放題料金5分以内 0円

かけ放題 1,100円
5分以内550円

かけ放題1,650円
5分 500円
10分 700円

かけ放題 1,400円
10分以内 880円

通話放題 1,980円

60歳以上通話割
通話放題より1,100円引き
10分以内770円

無制限かけ放題1,870円
10分 935円

トップ3かけ放題
935円

完全かけ放題
1,430円
10分 500円

時間無制限1,210円
15分 1,100円かけ放題550円

かけ放題1,650円
5分 490円

10分 880円

かけ放題1,430円
10分 880円

無制限かけ放題
1,600円
5分 550円
10分 935円
かけ放題 1,650円
3分 660円
10分 913円

60分通話パック 660円
90分通話パック 913円
10分 550円

無制限 1,400円
シンプル290プラン
70分無料通話 700円
かけ放題 1,600円

20GBプラン かけ放題 1,200円
10分 935円10分 935円
事務手数料無料無料3,300円3,300円3,300円3,300円

SIMカード手配料 433円
3,300円

SIMカード発行料  440円
無料3,000円NEOプラン / NEOプランLite: 0円

バリュープラス:
登録事務手数料3,300円
SIMカード準備料440円
3,300円

SIM発行手数料375.1円
3,300円3,300円


SIMカード準備料 433.4円
3,300円 SIM発行手数料 440円3,300円3,300円

SIMカード準備料
433円
3,300円

SIMカード発行手数料
0円

eSIM新規発行手数料
550円
解約金無料無料
ギガプラン以外はかかる場合あり
無料無料無料無料無料無料無料無料無料
1,000円
かかる場合あり
無料無料
9,900円
かかる場合あり

3,300円
かかる場合あり
キャンペーン他社からSIMだけ乗り換えで
10,000dポイントプレゼント
ミニプランの基本料金990円 が最大6カ月間実質無料他社から乗り換えで
人気スマホを大幅値下げ
[オンラインショップ限定]
SIM契約で最大13,000円auPAY還元
他社からeSIMに乗り換えで最大14,000Pay Payポイントプレゼント(条件あり)他社からの乗り換えで最大5,495円キャッシュバック他社からの乗り換えで人気スマホが最大15,400引き初回申し込み対象iPhoneセットで
最大24,000
ポイント還元
最強ヤング割で半年間10GB 500円 / 月額で利用可NEOプランに新規・乗り換えで18,000円キャッシュバック生活応援キャッシュバック祭・最大20,000円他社からの乗り換えで最大7,000WAONポイントプレゼント音声通話SIM限定エンタメフリーオプション6ヵ月無料他社からの乗り換えで最大4ヶ月無料なしなしなし
口座振替
(eo光ネットを利用中で口座振替の場合はOK)
クレジットカード
デビットカード
コンビニ
支払秘書残高払い

リンクスポイント購入可
その他dポイント払いPay Pay払いPay-easy払いPay Pay払い楽天ポイント払いリンクスポイント払い
 公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
※表の料金はすべて税込み表記・月額料金は通話プラン

 

※ MVNO会社によっては音声通話のできる「音声SIMプラン」とデータのやりとりだけを行う「データ専用プラン」に分けているところもありますが、今回は「音声SIMプラン」のみで比較します。

格安SIM(MVNO) おすすめ人気ランキング【料金・速度総合満足度】

格安SIM(MVNOは通話料を軽減するため、独自の通話アプリを設定している会社があります。

ランキング紹介の「通話オプション」の項目でふれていきますので、参考にしてください。

格安SIMおすすめ1位:ahamo(アハモ)

ahamo の特徴

eSIM5GiPhone対応
テザリングデータ無制限かけ放題
海外利用低速切り替えデータ繰越
〇(※条件あり)
音声プランデータプラン

ahamo の料金プラン

データ容量プラン名月額料金(税込)
20GB基本プラン2,970円
100GBahamo大盛(+80GB)4,950円

ahamo の通話オプション

5分以内国内通話無料5分以内0円  音声通話 5分超過後 22円 / 30秒
かけ放題オプション1,100円

その他の料金

事務手数料無料
解約金無料
※表の料金はすべて税込み表記

ahamo のキャンペーン・特典(今おすすめ!)

キャンペーン名詳細期間
乗り換えキャンペーンahamoに他社からSIMだけ乗り換えで
dポイント10,000ポイントプレゼント
終了時期未定
「Galaxy A22 5G」 がahamoに新登場他社から乗り換えで「Galaxy A22 5G」が
5,500円(税込)で購入可能に!
販売は2022/3/11~
※表の料金はすべて税込み表記

ahamo の回線や速度制限について

回線ドコモ
通信制限時1Mbps

ahamo の速度(2023年2月更新)

時間帯Ping下り上り
48.29ms212.78Mbps22.73Mbps
52.7ms107.67Mbps12.5Mbps
夕方50.57ms121.81Mbps13.31Mbps
47.64ms117.31Mbps13.0Mbps
深夜47.61ms163.14Mbps18.94Mbps
引用:みんなのネット回線速度

ahamo の支払い方法

口座振替
クレジットカード
デビットカード

ahamo 利用者からの評判とおすすめな人

ahamo を選んで満足したポイント
  • ドコモクオリティのまま料金が安くなり、基本のプランで20GBあるのでギガの消費も気にすることががなくなった
  • 料金・速度・容量すべてにおいてコスパがよく満足している
  • 5分間の無料通話もついていて、かけ放題もプラス1,000円で利用できた
  • ドコモから乗り換えた場合もdポイント関連のキャンペーンがある
  • ドコモショップでの手続きは用件により有料だが、長年ドコモを使っていたので愛着や信頼があり不満はない
ahamo に対して不満なポイント
  • 思ったほど料金が安くならなかった
  • 月々の料金はかなり減り、負担が減ったが容量が大きいと感じた
  • データ容量が多すぎる。使わなかった分を翌日に繰り越せないことが不満
  • データ容量が毎月余るのでポイント還元をしてくれたら魅力的だと思う
  • 電波が若干悪くなった。通信が不安定なことが多々ありストレスになっている
  • 故障の時にショップで相談が出来なくて困った。 アハモのキャリアメールがない

※ ahamo 利用者アンケートより抜粋

ahamoはこんな人におすすめ!
  • ドコモからの乗り換えたい人
  • 他の格安SIMの通信速度が不安な人、ドコモの回線を使いたい人
  • 毎月のデータ利用量が20GB程度の人
  • データ容量が翌月に繰り越せなくても困らない人
  • 対面サポートを必要としていない人

ahamo のメリット・デメリット

メリットデメリット
●ドコモ回線を安い料金で使える
●他の格安SIMに比べ通信速度が速い
●山間部などでも回線がつながりやすい
●5分かけ放題が無料
●ドコモの[いつでもカエドキプログラム]で最新端末をお得に利用できる
●18歳以上でないと契約できない
●ドコモ光セット割や家族割などの割引対象外
●データを翌月に繰り越しできない
●少ないデータ容量のプランがない

\アハモ評判のまとめ/

 

格安SIMおすすめ2位:LINEMO

[PR]

LINEMOの特徴

  • softbankがサブブランドとして提供しているサービス
  • 通信速度が安定して速い
  • 5G対応機種なら、申し込み不要で5Gを利用可能
  • LINEサービスとの親和性が高い
eSIM5GiPhone対応
テザリングデータ無制限かけ放題
海外利用低速切り替えデータ繰越
〇(※条件あり)
音声プランデータプラン

LINEMOの料金プラン

データ容量プラン名月額料金(税込)
3GBミニプラン990円
20GBスマホプラン2,728円

LINEMOの通話オプション

通話料金音声通話 22円 / 30秒
通話準定額5分以内の国内通話かけ放題 550円/月額
通話定額時間無制限かけ放題 1,650円/月額

その他の料金

事務手数料無料
解約金無料

LINEMOのキャンペーン・特典(今おすすめ!)

キャンペーン名詳細期間
ミニプラン基本料最大半年間
実質無料キャンペーン
(新規・乗り換えの方向け)
ミニプランの基本料金990円 / 月額が最大6カ月間実質無料(Pay Payポイントで還元)終了時期未定
Pay Payポイントあげちゃうキャンペーン他社からの乗り換え→10,000円相当
新規番号での契約→3,000円相当
Pay Payポイントプレゼント!
終了時期未定

LINEMOの回線や速度利用について

回線ソフトバンク
通信制限時ミニプラン→300kbps
スマホプラン→1Mbps

LINEMOの参考速度(2023年2月更新)

時間帯Ping下り上り
46.86ms53.29Mbps12.23Mbps
39.39ms48.81Mbps15.13Mbps
夕方40.63ms46.5Mbps15.24Mbps
39.72ms42.09Mbps15.11Mbps
深夜41.67ms56.68Mbps13.39Mbps
引用:みんなのネット回線速度

LINEMOの支払い方法

口座振替
クレジットカード
デビットカード
PayPay残高

LINEMO利用者からの評判とおすすめな人

LINEMOを選んで満足したポイント
  • コストパフォーマンスが最高。安い料金と通信品質、データ容量のバランスがとてもいい。
  • 速度はソフトバンクと変わらずに料金はソフトバンクの半額
  • 通話し放題が便利だった
  • 乗り換えがオンラインで完結した
  • キャンペーンでスマホ代がPay Payで返ってきた
  • キャンペーンが充実していた
LINEMOに対して不満なポイント
  • 容量のプランをもっと細かい設定にして欲しい
  • 回線につながりにくい時間帯がある
  • 料金は安くなったがアプリの接続や立ち上がりが遅い
  • HPの案内やAIチャットの場所がわかりづらい

※LINEMO利用者アンケートより抜粋

LINEMOはこんな人におすすめ!
  • キャンペーンを利用してお得に契約または乗り換えしたい人
  • スマホ代を節約したい人
  • LINEの使用頻度が高い人
  • 安定した通信品質を求める人
  • 対面サポートがなくても不安がない人

LINEMOのメリット・デメリット

メリットデメリット
●事務手数料・解約金が無料
●新規契約・他社からの乗り換えでPayPayポイントがもらえる
●キャリア決済に対応している
●eSIMに対応している
●通信速度が安定している
●スマホプランなら速度制限時でも最大1Mbps
●LINEのデータが使い放題
●追加料金なしで5Gを利用可能
●キャリアメールの引き継ぎが可能
●スマホプランはLINEプレミアムスタンプが使い放題
●申し込み・手続きはオンラインでのみ対応
●店舗での直接サポートが受けられない
●端末保証がない
●端末の販売がないためSIMカードの契約と端末の購入が同時にできない
●ソフトバンク回線だがソフトバンクの「おうち割光セット」「新みんな家族割」は対象外
●Yahoo!プレミアム特典は対象外
●留守番電話・転送電話サービスに対応していない
●データ容量に制限がある(3GBまたは20GB)
●余ったデータ容量を翌月に繰り越せない

\LINEM評判のまとめ/

 

格安SIMおすすめ3位:II Jmio

出典:II Jmio

ll Jmio の特徴

eSIM5GiPhone対応
テザリングデータ無制限かけ放題
海外利用低速切り替えデータ繰越
〇(※通話のみ・申込不要)〇(翌月まで)
音声プランデータプラン

ll Jmio の料金プラン(音声SIM)

ギガプランデータ容量月額料金(税込)
2GB850円
4GB990円
8GB 1,500円
15GB1,800円
20GB2,000円
通話料金音声通話 22円 / 30秒
みおふぉんダイアル通話定額5分プラス500円 → 90円 / 月額
3/31までキャンペーン中
みおふぉんダイアル通話定額10分プラス700円 → 290円 / 月額
3/31までキャンペーン
みおふぉんダイアル かけ放題プラス1,400円 → 990円 / 月額
3/31までキャンペーン

その他の料金

初期費用  3,300円
解約金ギガプラン以外の解約は、
音声通話機能解除調停金がかかる場合あり

IIJmioのキャンペーン・特典(今おすすめ!)

キャンペーン名詳細期間
他社からの乗り換え(MNP)で
人気スマホを大幅値下げ
OPPO A55s 5G 19,500円→980円
Xiaomi Redmi Note 11 20,500円→1,980円
2022/2/28
モバイルルータ超特価キャンペーンギガプランとセットで NEC Aterm が30円!
充電池パック1個プレゼント付き!
2022/2/28

IIJmioの回線や速度制限について

回線ドコモ・au
通信制限時最大300kbps

IIJmioの速度(2023年2月更新)

時間帯Ping下り上り
81.47ms60.99Mbps10.83Mbps
151.69ms11.84Mbps9.5Mbps
夕方94.7ms41.75Mbps8.9Mbps
69.35ms46.78Mbps9.86Mbps
深夜89.47ms43.31Mbps7.49Mbps

IIJmioの支払い方法

口座振替
クレジットカード
デビットカード

IIJmio利用者からの評判とおすすめな人

IIJmioを選んで満足したポイント
  • スマホが100円代で購入できて、通信速度もなんの支障もなく月額1,000円以下なのでとても満足です
  • 自分の必要なデータ通信容量内で、限りなく低価格を実現できている
  • 十分な通信速度で安定性もあり、満足している
  • 家族3人分のセットを契約して今までよりお得になった
  • 丁度良い量のデータプランがあり、無駄な出費はなくなった
  • 月額使用料が今までの3分の1以下になった
IIJmioに対して不満なポイント
  • お昼の時間帯の通信速度が遅い
  • なぜか通信した覚えが無い容量を使ったことになっていた
  • 名古屋駅で朝に4G接続する時、データ通信が困難になる
  • 料金に満足しているが、地下鉄でつながりにくいことがあるのが不満
  • 大きな問題ではないが、キャリアメールアドレスがない

※IIJmio利用者アンケートより抜粋

IIJmioはこんな人におすすめ
  • 月々のスマホの使用料を1,000円以下に抑えたい人
  • お昼どきの回線が混雑する時間帯はWi-Fi環境下でネットを利用できる人
  • スマホ端末の購入価格を安く抑えたい人
  • スマホ端末とSIMを同時に購入したい人
  • データ容量をシェアしたい人
  • 店舗のサポートがなくても気にならない人

IIJmioのメリット・デメリット

メリットデメリット
●データのシェアができる
●データのプレゼントができる
●販売されているスマホの機種が多い
●海外利用は申込不要だが通話しかできない
●お昼どきには回線が重くなる
●店舗サポートが受けられない

\ IIJmio評判のまとめ/

 

格安SIMおすすめ4位:UQモバイル

UQモバイルの特徴

eSIM5GiPhone対応
テザリングデータ無制限かけ放題
海外利用低速切り替えデータ繰越
〇(※条件あり)〇(翌月まで)
音声プランデータプラン

UQモバイルの料金プラン

データ容量プラン名月額料金(税込)
3GBくりこしプランS+5G1,628円
15GBくりこしプランM+5G2,728円
25GBくりこしプランL+5G3,828円

UQモバイルの通話オプション

通話料金音声通話 22円 / 30秒
通話パック最大60分 / 月の国内通話料が定額 550円 / 月額
通話放題通話放題ライト:10分以内の国内通話がかけ放題 880円 / 月額
通話放題:国内通話がかけ放題 1,980円 / 月額
60歳以上通話割:通話放題1,980円より-1,100円引き

その他の料金

事務手数料3,300円
解約金無料

UQモバイルのキャンペーン・特典(今おすすめ!)

キャンペーン名詳細期間
UQモバイルオンラインショップ限定
(SIMのりかえ特典)
オンラインショップでSIMの契約し、7カ月無料の「増量オプションⅡキャンペーン」加入で最大13,000円相当のauPAY残高還元終了時期未定
UQモバイルオンラインショップ限定
(新規契約特典)
オンラインショップでSIMの契約し、 くりこしプラン+5G契約で 最大5,000円相当のauPAY残高還元終了時期未定

UQモバイルの回線や速度制限について

回線au
通信制限時くりこしプランS+5G :300bps
くりこしプランM+5G :1Mbps
くりこしプランL+5G : 1Mbps

UQモバイルの速度(2023年2月更新)

時間帯Ping下り上り
51.16ms76.04Mbps12.31Mbps
50.08ms66.72Mbps16.28Mbps
夕方52.78ms75.26Mbps13.47Mbps
52.51ms61.91Mbps12.36Mbps
深夜48.1ms118.1Mbps17.3Mbps

UQモバイルの支払い方法

口座振替
クレジットカード
デビットカード
インターネットバンキング(Pay-easy)
コンビニエンスストア、「支払秘書」残高支払い

UQモバイル利用者からの評判とおすすめな人

UQモバイルを選んで満足したポイント
  • スマホに詳しくないのでUQモバイルのサポート体制にある程度満足している
  • 料金が安くなり、速度も速いためバランスが良く満足している
  • 通信速度の切り替えが自分でできる
  • UQ電気とセット割が適用されるのでおトク感がある
UQモバイルに対して不満なポイント
  • 基本料金が安くなったが、通信状態が不安定になることがある
  • ひとりで加入すると家族割引が適用されないため割高感がある
  • 使用する通信GB量が少ないため、自分に合うプランがなかった
  • 適応する端末が少ない

 

UQモバイルはこんな人におすすめ!
  • auから乗り換える人
  • キャリア並みの通信品質を求める人
  • 実店舗でサポートを受けたい人
  • 1カ月のデータ使用量が少ない人

UQモバイルのメリット・デメリット

メリットデメリット
●通信速度が速い
●口座振替が可能
●料金プランがシンプル
●節約モード・データ繰り越しを利用すればデータ使用量が気にならない
●実店舗が多くサポートが受けやすい
●テザリングが無料
●LINEのID検索に対応
●1カ月に使用できるデータ量は最大30GBまで
●プランの種類が3つしかない
●最新モデルの機種を取り扱っていない
●データをシェアできない
●事務手数料が3,300円かかる

UQモバイルはauのサブブランドなので、auから乗り換えたい人におすすめです。

格安SIMの中でも通信速度が速いと好評で、キャリア並みの通信品質が期待できます。

また、au PAY残高が還元されるキャンペーンの他、auでんきやauひかりなどのサービスを利用している場合は利用料の割引も受けられます。

  • auで購入したスマホをそのまま利用可能
  • 格安SIMの中でも通信速度が速い
  • auでんきやauひかりなどを利用している場合は、利用料の割引を受けられる
  • 料金プランがわかりやすい

\ UQモバイル評判のまとめ/

 

格安SIMおすすめ5位:Y!mobile(ワイモバイル)

Y!mobile(ワイモバイル)の特徴

eSIM5GiPhone対応
テザリングデータ無制限かけ放題
海外利用低速切り替えデータ繰越
〇(※条件あり)〇(翌月まで)
音声プランデータプラン

Y!mobile(ワイモバイル)の料金プラン

データ容量プラン名月額料金(税込)
3GBシンプルS2,178円
15GBシンプルM3,278円
25GBシンプルL4,158円

Y!mobile(ワイモバイル) の通話オプション

通話料金音声通話 22円 / 30秒
だれとでも定額10分以内の国内通話かけ放題 :770円 / 月額
スーパー だれとでも定額 (S)国内通話無制限かけ放題:1,870円 / 月額

その他の料金

事務手数料3,300円
(オンラインストア利用で無料)
解約金無料

Y!mobile(ワイモバイル)のキャンペーン・特典(今おすすめ!)

キャンペーン名詳細期間
【新どこでももらえる特典】
(eSIMに乗り換えるかた限定)
他社回線からeSIMに乗り換えでPay Payポイント11,000円相当プレゼント
Yahoo! JAPAN ID をお持ちの方は更に3,000円相当のPay Payポイントプレゼント
2023/3/31
【5歳~18歳】PayPayポイントプレゼントキャンペーン
(オンラインストア限定)
5~18歳の方限定で、SIM / 対象のスマホを新規契約(シンプルM / L )でPay Payポイント最大10,000円相当プレゼント終了時期未定

Y!mobile(ワイモバイル) の回線や速度制限について

回線ソフトバンク
通信制限時シンプルS:300bps
シンプルM :1Mbps
シンプルL :1Mbps

Y!mobile(ワイモバイル) の速度(2023年2月更新)

時間帯Ping下り上り
46.26ms55.6Mbps12.08Mbps
49.3ms34.94Mbps10.26Mbps
夕方39.09ms70.54Mbps15.18Mbps
41.03ms43.84Mbps11.41Mbps
深夜41.85ms55.36Mbps11.09Mbps
引用:みんなのネット回線速度

Y!mobile(ワイモバイル) の支払い方法

口座振替
クレジットカード
デビットカード
Pay Pay残高支払い

Y!mobile(ワイモバイル)利用者からの評判とおすすめな人

Y!mobile(ワイモバイル)を選んで満足したポイント
  • Y!mobileショップでサポートがあり、いつも丁寧な対応をしてもらっている
  • 料金がシンプルでわかりやすい。家族割もありスマホ代が半分程度になった
  • ソフトバンクの回線なので通信環境が安定している
  • あまったギガを翌月に持ち越せる
Y!mobile(ワイモバイル)に対して不満なポイント
  • Y!mobileショップの数が少なく不便
  • もともとの基本料はあまり安くない。何かしらの割引がないと安くならない印象
  • 通信エラーが出る。時々だか通信が遅くなる。
  • 確かに安くなったが期待ほどのメリットはなかった

※Y!mobile(ワイモバイル)利用者アンケートより抜粋

Y!mobile(ワイモバイル)はこんな人におすすめ!
  • 実店舗で直接サポートを受けたい人
  • 家族でお得にスマホを使いたい人
  • Y!mobileとソフトバンク光・softbank Airでおうち割を使いたい人
  • Pay PayポイントやYahoo!プレミアム特典の恩恵を受けたいか人

 

Y!mobile(ワイモバイル) のメリット・デメリット

メリットデメリット
●家族割で2回線目以降は990円 / 月額割引
●ソフトバンクの安定した通信回線を使用できる
●新規・乗り換えなら1円で買える端末がある
●余ったデータの繰り越しができる
●口座振替が可能
● Pay Pay残高支払い が可能
●Pay Payポイントが貯まりやすい
●家族割などのセット割にしないと割高感がある
●家族間の無料通話がない
●大容量プラン・データ無制限がない
●通信速度の低速切り替えができない
●最新のスマホの販売がない

\ Y!mobile評判のまとめ/

格安SIMおすすめ6位:OCN モバイル ONE

OCNモバイルONEの特徴

eSIM5GiPhone対応
テザリングデータ無制限かけ放題
海外利用低速切り替えデータ繰越
〇(※通話のみ・要申込)〇(翌月まで)
音声プランデータプラン

OCNモバイルONEの料金プラン(音声プラン)

データ容量月額料金(税込)かけ放題
500MB550円最大10分
1GB770円なし
3GB 990円なし
6GB1,320円なし
10GB1,760円なし

OCNモバイルONEの通話オプション

OCNでんわ
(国内発信は原則OCNでんわ発信)
音声通話 11円 / 30秒
OCNでんわ以外音声通話 22円 / 30秒
10分かけ放題935円 /月額
トップ3かけ放題935円 /月額
完全かけ放題1,430円 /月額

その他の料金

事務手数料3,300円
SIMカード手配料433円
解約金0円

OCNモバイルONEのキャンペーン・特典(今おすすめ!)

キャンペーン名詳細期間
他社からの乗り換え(MNP)で
キャッシュバックキャンペーン
公式サイト等で「音声対応SIM」のみ申込の方限定
最大5,495円(初期費用+1カ月分の月額料金相当)
2023/3/31
人気のスマホSALEmoto g32 19,580円 → 1,100円
AQUOS sense4 25,300円 → 6,600円
2023/3/28

OCNモバイルONEの回線や速度制限について

回線docomo
通信制限時最大200kbps

OCNモバイルONEの速度(2023年2月更新)

時間帯Ping下り上り
52.08ms69.97Mbps11.65Mbps
60.97ms39.67Mbps9.51Mbps
夕方54.45ms48.41Mbps13.27Mbps
60.11ms54.28Mbps13.31Mbps
深夜53.36ms68.97Mbps13.03Mbps
引用:みんなのネット回線速度

OCNモバイルONEの支払い方法

口座振替
クレジットカード
デビットカード

OCNモバイルONE 利用者からの評判とおすすめな人

  • 月額550円から使えるのはすごいと思う
  • 乗り換え前と比べると支払い金額が半額以下になった
  • Wi-Fi環境下で使うことがほとんどなので、少ない通信料で安い基本料というのが嬉しい
  • 安い上に通信が速く、格安SIMでこれなら誰でも納得できると思う
  • かけ放題があるのが良い
  • OCN光モバイルとのセット割がある

 

  • 電話のカスタマーセンターがあるのはいいが対応が良くなかった
  • 昼休みにネットが重くなる
  • 魅力的なキャンペーンがない
  • バッテリーの減りが早い

※ OCNモバイルONE 利用者アンケートより抜粋

OCNモバイルONEはこんな人におすすめ!
  • ドコモから格安SIMに乗り換えたい人
  • 安い料金でドコモ回線を利用したい人
  • スマホを安価にセット購入したい人
  • OCN光セット割を使いたい人
  • Wi-Fi環境下でのネット利用が多い人
  • カウントフリーで音楽を聴きたい

OCNモバイルONE のメリット・デメリット

メリットデメリット
●ドコモ回線を550円 / 月額から利用可能
●ドコモ回線なので山間部でも繋がりやすい
●申込時にドコモショップが利用できる(申込のみ)
●通信速度が速い
●セール時にはスマホ端末を1円で買えることも
●「MUSICカウントフリー」で対象の音楽サービス聞き放題
●容量シェアが可能で通信容量を分け合える
●eSIMに未対応
●店舗サポートがない
●大容量のプランがない
●家族割がない
●5G利用にはマイページより申込が必要
●海外利用時は申し込みが必要で通話のみ可能

\OCNモバイルONE評判のまとめ/

 

格安SIMおすすめ7位:mineo

出典:mineo

mineoの特徴

eSIM5GiPhone対応
テザリングデータ無制限かけ放題
△(端末の仕様による)
海外利用低速切り替えデータ繰越
〇(※条件あり)〇(翌月まで)
パスケットは無制限※
音声プランデータプラン

※【パスケットとは】通常翌月まで繰り越せるパケット容量を、月額110円で無期限に持ち越せるサービスです。最大10PB(ペタバイト)=約1,000万GBまで持ち越し可能です。

また、データの残容量に応じてパケットボーナスが受取れたり、1日1回、mineoアプリでルーレットを回しパケットをゲットすることもできます。

\ パスケットの解説はこちら /

 

mineoの料金プラン(マイピタプラン)

データ容量月額料金(税込)
1GB1,298円
5GB1,518円
10GB1,958円
20GB2,178円

mineoの通話オプション

通話料金音声通話 22円 / 30秒
かけ放題サービス10分以内の国内通話かけ放題 500円/月額
時間無制限かけ放題 1,210円/月額
mineoでんわ国内通話料が54%オフ
通常 22円 / 30秒 が 10円 / 30秒に!

その他の料金

事務手数料3,300円 (※)
SIMカード発行料 440円
解約金無料
※Amazonで¥350のエントリーパッケージ購入で事務手数料無料

mineoのキャンペーン・特典(今おすすめ!)

キャンペーン名詳細期間
マイピタ割!
(新規の方向け)
マイピタデュアルタイプ(音声+データ)申込で
月額基本料から1,188円を3カ月割引キャンペーン
~2023/5/31
端末大特価セール!
(他社からの乗り換えの方向け)
人気スマホが最大15,400円引き!~2023/3/31

mineoの回線や速度制限について

回線docomo・au・Softbank
通信制限時最大200kbps

mineoの速度(2023年2月更新)

時間帯Ping下り上り
60.2ms50.78Mbps9.24Mbps
110.69ms5.73Mbps8.09Mbps
夕方94.84ms19.91Mbps7.61Mbps
60.04ms25.88Mbps9.6Mbps
深夜54.98ms62.8Mbps11.79Mbps
引用:みんなのネット回線速度
  • 他にはないユニークなサービス
  • ドコモ回線、au回線、ソフトバンク回線の3つから料金プランを選択できる
  • 全国のmineoユーザーやスタッフと交流・質問ができる
  • プラン内容がシンプルでわかりやすい

mineoの支払い方法

口座振替△(※)
クレジットカード
デビットカード
※eo光ネットを利用中で口座振替の場合のみ

mineo利用者からの評判とおすすめな人

mineoを選んで満足したポイント
  • 基本料金が安い上、低速度でも動画などを楽しめる
  • 機種変更などのサポートページがわかりやすかった
  • 自宅がeo光なのでまとめることができた
  • 既存客を考えた案やイベントが豊富で嬉しい

 

mineoに対して不満なポイント
  • 通信速度をイマイチに感じることがある
  • 電波が弱いことがある
  • 月額料金をもう少し安くしてほしい
  • ポイント制度がない

※mineo利用者アンケートより抜粋

mineoは はこんな人におすすめ!
  • 初めて格安SIMを利用する人
  • 日中にあまりスマホを使用しない人
  • データ使用量が月によって違う人
  • 手続きや設定を簡単に終わらせたい人

mineoは、ユーザー同士でパケットをシェアできたりユーザーやスタッフと交流できたりと、他にはないユニークなサービスが特徴です。

また、ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに対応しているのも嬉しいポイント。

プランやオプションがシンプルでわかりやすいため、初めて格安SIMを使う方にもおすすめです。

mineoのメリット・デメリット

メリットデメリット
●ドコモ・au・ソフトバンクの3大キャリアに対応
●5G通信に対応
●「お試し200MBコース」が用意されている
●選べる端末の種類が多い
●端末保障サービスが用意されている
●mineoユーザー同士でデータ容量のシェアが可能
●有料サービスのパスケットでデータ容量無期限繰り越し
●LINEの年齢認証に対応
●解約金が無料
●実店舗が少なく店舗でのサポートを受けにくい
●端末の値引きがあまりなく価格が高く感じられる
●他キャリアと比べると通信速度が遅い
●データ使用量が最大20GB/月
●他キャリアと比べると月額料金が高め
●キャリアメール・キャリア決済は非対応

 

\ mineo評判のまとめ /

格安SIMおすすめ8位:楽天モバイル

楽天モバイルの特徴

eSIM5GiPhone対応
テザリングデータ無制限かけ放題
海外利用低速切り替えデータ繰越
〇(※条件あり)〇(翌月まで)
音声プランデータプラン

楽天モバイルの料金プラン

データ容量プラン名月額料金(税込)
~3GBRAKUTEN UN-LIMIT Ⅶ1,078円
~20GBRAKUTEN UN-LIMIT Ⅶ2,178円
~無制限RAKUTEN UN-LIMIT Ⅶ3,278円

楽天モバイルの通話オプション

通話料金音声通話 22円 / 30秒
かけ放題オプション1回15分(標準)までかけ放題
1,100円/ 月 ※3ヶ月無料
Rakuten Linkアプリ国内通話・メッセージ:無料
海外66カ国の地域から日本への電話:無料

その他の料金

事務手数料無料
解約金無料
※表の料金はすべて税込み表記

楽天モバイルのキャンペーン・特典(今おすすめ!)

キャンペーン名詳細期間
iPhoneトク得
乗り換えキャンペーン
楽天回線が初めてで対象iphoneのセットで
最大24,000ポイント還元
終了時期未定
スマホ/Wi-Fiトク得乗り換えキャンペーン楽天回線が初めてで対象Android/wifiのセットで
最大19,000ポイント相当がお得
終了時期未定
※表の料金はすべて税込み表記

楽天モバイルの回線や速度制限について

回線楽天・au
通信制限時楽天回線時は通信制限なし
パートナー回線使用時は1Mbps

楽天モバイルの速度(2023年2月更新)

時間帯Ping下り上り
49.62ms53.1Mbps26.41Mbps
50.84ms46.76Mbps24.13Mbps
夕方50.16ms79.26Mbps33.64Mbps
53.88ms45.27Mbps23.25Mbps
深夜49.18ms62.39Mbps24.02Mbps
引用:みんなのネット回線速度

楽天モバイルの支払い方法

口座振替〇(要手数料 110円)
クレジットカード
デビットカード
楽天ポイント利用

楽天モバイル利用者からの評判とおすすめな人

楽天モバイルを選んで満足したポイント
  • 料金が安く、データモ電話も使い放題でコストパフォーマンスに優れている
  • 月のスマホ代が半分に減りお得感がある
  • 価格がわかりやすい。使った分だけの請求なのがいい
  • 楽天ポイントが貯まる。楽天ポイントで支払いができる
楽天モバイルに対して不満なポイント
  • もともと0円で開始したのに有料になったのが残念
  • 通信エリアが限られていて圏外になることがある。
  • 通信が遅く
  • 自宅は楽天モバイルのエリア内だがス速度が10Mbps以下

※楽天モバイル利用者アンケートより抜粋

楽天モバイルはこんな人におすすめ!
  • 普段から楽天ポイントをためている・使っている人
  • 楽天モバイルを使うことで楽天ポイントのポイント倍率を増やしたい人
  • 毎月のデータ使用量が少ない人
  • 毎月のデータ量を気にせず利用したい人
  • 通話する頻度が高い人

楽天モバイルのメリット・デメリット

メリットデメリット
●店舗でのサポートを受けられる
●自社電波があるため通信が安定している
●料金プランがシンプル
●選べる端末の種類が多い
●海外利用が可能
●事務手数料・解約金が無料
●専用アプリの利用で国内通話がかけ放題
●キャンペーンが多い
●楽天ポイントがたまる・使える
●他キャリアに比べると実店舗が少ない
●データ使い放題は楽天回線エリア限定
●au回線の利用は毎月5GBまで
●楽天回線エリア内でも繋がりにくいときがある
●楽天モバイル端末は不要なアプリが大量にある
●店舗の操作サポートは有料のオプション加入が必要

\楽天モバイル評判のまとめ/

 

 

格安SIMおすすめ9位:J:COM mobile(ジェイコムモバイル)

J:COM mobile(ジェイコムモバイル) の特徴

eSIM5GiPhone対応
テザリングデータ無制限かけ放題
海外利用低速切り替えデータ繰越
〇(※通話のみ)〇(翌月まで)
音声プランデータプラン

J:COM mobile(ジェイコムモバイル) の料金プラン

データ容量基本プランデータ盛
(スマホ+J:COMセット)
最強ヤング割
(データ盛+26歳以下と家族が対象)
1GB1,078円
5GB1,628円1,078円1,078円(ヤング割対象外)
10GB2,178円1,628円550円(最初の6カ月間)→1,628円(6カ月以降)
20GB2,728円2,178円1,100円 (最初の6カ月間) →2,178円 (6カ月以降)
30GGB2,728円1,650円 (最初の6カ月間) →2,728円 (6カ月以降)

J:COM mobile(ジェイコムモバイル) の通話オプション

通話料金音声通話 22円 / 30秒
かけ放題(5分/回)550円
かけ放題(60分/回)1,650円
※税込

その他の料金

事務手数料3,000円
(Web申込で無料)
解約金基本的になし
(長期契約解除料金がかかる場合あり)
※表の料金はすべて税込み表記

J:COM mobile(ジェイコムモバイル) のキャンペーン・特典(今おすすめ!)

キャンペーン名詳細期間
J:COMモバイル最強ヤング割26歳以下とそのご家族が対象!
J:comで他サービスを利用※することで
半年間550円 / 月で10GB使える
終了時期未定
J:COM MOBILE シニア60割60歳以上の方限定で5分のかけ放題とおまかせサポートがついて1GB1,078円(税込)で使える終了時期未定
※ J:comモバイルに加えテレビ・ネット・固定電話・電力 のいずれかを利用すること

J:COM mobile(ジェイコムモバイル) の回線や速度制限について

回線au・ドコモ
通信制限時1GB~5GB 200kbps
10GB~ 1Mbps

J:COM mobile(ジェイコムモバイル) の速度(2023年2月更新)

時間帯Ping下り上り
56.68ms46.37Mbps13.21Mbps
104.2ms28.03Mbps13.41Mbps
夕方54.57ms32.53Mbps6.41Mbps
39.7ms41.2Mbps12.0Mbps
深夜50.2ms24.17Mbps7.75Mbps
引用:みんなのネット回線速度

J:COM mobile(ジェイコムモバイル) の支払い方法

口座振替
クレジットカード
デビットカード

J:COM mobile(ジェイコムモバイル) 利用者からの評判とおすすめな人

J:COM mobile を選んで満足したポイント
  • 価格も安くなり、速度も問題なく使えており変更して満足しています
  • 使いやすくておおむね満足しています
  • 前に使用していたお店の対応が悪かったので、J:comに変えて価格も安くなり大満足です

 

J:COM mobile に対して不満なポイント
  • 速度の切り替えがほしい
  • 時間により繋がりにくいことがあった
  • eSIMが使えなかった

※ J:COM mobile 利用者アンケートより抜粋

J:COM mobile はこんな人におすすめ!
  • 契約者本人か家族に26歳以下の人
  • 他のJ:comサービス(テレビ・ネット・固定電話・電力)を使っている人
  • 公衆無線LAN「ギガぞう」を使って安全に通信をしたい人

 

J:COM mobile(ジェイコムモバイル) のメリット・デメリット

メリットデメリット
●通信速度が速く快適に通信できる
●他のJ:comサービスとの併用で割引がある
●10GB以上のプランなら速度制限後も1Mbpsで通信できる
●オンライン申込なら事務手数料3,000円がかからない
●セット割がないとおトク感が薄い
●セット購入できるスマホの種類が少ない
●LINEの年齢認証ができない
●eSIMに対応していない
●速度の切り替えができない

\J:COM mobile評判のまとめ /

 

格安SIMおすすめ10位:nuroモバイル(ニューロモバイル)

nuroモバイル(ニューロモバイル) の特徴

eSIM5GiPhone対応
テザリングデータ無制限かけ放題
海外利用低速切り替えデータ繰越
〇(※通話のみ)〇(翌月まで)
音声プランデータプラン

nuroモバイル(ニューロモバイル) の料金プラン

音声通話付き SIM【高品質SIMプラン】
データ容量プラン名月額料金(税込)
20GBNEOプランLite2,090円
20GBNEOプラン2,699円
音声通話付き SIM【格安SIMプラン】(バリュープラス・お試しプラン・かけ放題プラン)
データ容量プラン名月額料金(税込)
3GBVSプラン792円
5GBVMプラン990円
10GBVLプラン1,485円

nuroモバイル(ニューロモバイル)の通話オプション

通話料金NUROモバイルでんわ 11円/30秒
上記以外 22円/30秒
5分かけ放題490円 / 月額(超過後 11円/30秒)
10分かけ放題880円 / 月額 (超過後 11円/30秒)
かけ放題1,430円 / 月額

その他の料金

事務手数料 (NEOプラン / NEOプランLite)
SIMカード準備料
0円
0円
事務手数料 (バリュープラス)
SIMカード準備料
3,300円
440円
解約金無料

nuroモバイル(ニューロモバイル )のキャンペーン・特典[今おすすめ!]

キャンペーン名詳細期間
NEOプランお申し込み特典NEOプラン (20GB)を新規or他社からの乗りかえ(MNP)で18,000円をキャッシュバック終了時期未定
バリュープラスお申し込み特典音声通話付きSIMのバリュープラス(3GB/5GB/10GB)に新規or他社からの乗り換え (MNP) で月額基本料金を6カ月間半額+キャッシュバック終了時期未定
※表の料金はすべて税込み表記

nuroモバイル(ニューロモバイル )の回線や速度制限について

回線ドコモ・au・ソフトバンク
NEOプラン / NEOプランLite1Mbps
バリュープラス / かけ放題プラン200kbps

nuroモバイル(ニューロモバイル) の速度(2023年2月更新)

時間帯Ping下り上り
48.73ms96.75Mbps13.75Mbps
68.86ms21.82Mbps10.13Mbps
夕方45.73ms47.34Mbps11.26Mbps
46.09ms68.69Mbps12.95Mbps
深夜50.44ms94.05Mbps17.42Mbps
引用:みんなのネット回線速度

nuroモバイル(ニューロモバイル) の支払い方法

口座振替
クレジットカード
デビットカード

nuroモバイル(ニューロモバイル) 利用者からの評判とおすすめな人

nuroモバイル(ニューロモバイル)を選んで満足したポイント
  • 安い月額料金で3GB使えてあまりは翌月に持ち越せる
  • 通話もアプリを使うと安いし、通信速度も速く満足している
  • LINE・Twitter・Instagram・TikTokのデーターフリーに満足している
  • 乗り換え前の格安SIM会社に不満があったのでnuroモバイルに乗り換えて最高!

 

nuroモバイル(ニューロモバイル) に対して不満なポイント
  • 月々のデータ容量に不満がある
  • 宣伝で見たより速度が遅かった
  • 昼の通信速度が遅い

 

※ nuroモバイル(ニューロモバイル)利用者アンケートより抜粋

nuroモバイル(ニューロモバイル )はこんな人におすすめ!
  • データ容量は少なくていいのでスマホ料金を安くしたい人
  • LINE・Twitter・Instagram・TikTokのデータをノーカウントで使いたい人(NEOプランのみ)
  • ドコモ/au/ソフトバンクの中から自由に回線を選びたい人
  • まずは最低利用期間のないお試しプランを使ってみたい人

 

nuroモバイル(ニューロモバイル のメリット・デメリット

メリットデメリット
●バリュープラスなら月額料金が最安級
●利用開始の初月は月額基本料が0円
●本契約の前にお試し利用ができる
●回線がドコモ/au/ソフトバンクの3つから選べる


●eSIMに対応していない
●NUROモバイルで購入できる端末が少ない
●実店舗がなくすべてオンライン

\nuroモバイル評判のまとめ/

 

 

ここからは、アンケート中の解答件数が少なかったためランキング外となった格安SIMの中からおすすめの会社を厳選して紹介します。

格安SIMおすすめ番外編:QTモバイル(キューティーモバイル)

QTモバイル(キューティーモバイル) の特徴

eSIM5GiPhone対応
テザリングデータ無制限かけ放題
海外利用低速切り替えデータ繰越
〇(※通話のみ)〇(翌月まで)
音声プランデータプラン

QTモバイル(キューティーモバイル) の料金プラン

ドコモ回線・au回線

データ
容量
通常料金九州電力と
BBIQをご利用の方
BBIQをご利用の方九州電力 を
ご利用の方
2GB1,100円/月880円/月990円/月990円/月
4GB1,540円/月1,210円/月1,320円/月1,430円/月
6GB1,760円/月1,430円/月1,540円/月1,650円/月
10GB1,980円/月1,650円/月1,760円/月1,870円/月
20GB2,200円/月1,870円/月1,980円/月2,090円/月
30GB3,300円/月2,970円/月3,080円/月3,190円/月
参考元:QTモバイル

ソフトバンク回線

データ
容量
期間通常料金九州電力と
BBIQをご利用の方
BBIQをご利用の方九州電力を
ご利用の方
1GB利用開始月~
6ヵ月目まで
1,254円/月1,034円/月1,144円/月1,144円/月
1GB7ヵ月目以降1,870円/月1,650円/月1,760円/月1,760円/月
3GB利用開始月~
6ヵ月目まで
1,364円/月1,034円/月1,144円/月1,254円/月
3GB7ヵ月目以降1,980円/月1,650円/月1,760円/月1,870円/月
6GB利用開始月~
6ヵ月目まで
2,134円/月1,804円/月1,914円/月2,024円/月
6GB7ヵ月目以降2,750円/月2,420円/月2,530円/月2,640円/月
10GB利用開始月~
6ヵ月目まで
3,234円/月2,904円/月3,014円/月3,124円/月
10GB7ヵ月目以降3,850円/月3,520円/月3,630円/月3,740円/月
20GB利用開始月~
6ヵ月目まで
5,379円/月5,049円/月5,159円/月5,269円/月
20GB7ヵ月目以降5,610円/月5,280円/月5,390円/月5,500円/月
30GB利用開始月~
6ヵ月目まで
7,579円/月7,249円/月7,359円/月7,469円/月
30GB7ヵ月目以降7,810円/月7,480円/月7,590円/月7,700円/月
参考元:QTモバイル

QTモバイル(キューティーモバイル) の通話オプション

通話料金音声通話 11円 / 30秒
10分かけ放題880円 / 月額(初月の月額料金無料)
無制限かけ放題1,600円 / 月額

その他の料金

契約事務手数料3,300円
SIM発行手数料375.1円
契約解除料無料

QTモバイル(キューティーモバイル) のキャンペーン・特典(今おすすめ!)

キャンペーン名詳細期間
アオハル応援!
大容量キャンペーン
30歳以下なら大容量プランが1年間おトク!
20GBプラン月880円割引→最大10,560円おトク!
~23/5/31
生活応援キャッシュバック祭新規または他社から乗り換え(MNP)で「データ+通話」コースに申し込み&端末購入で20,000円キャッシュバック~23/5/31
※表の料金はすべて税込み表記

QTモバイル(キューティーモバイル) の回線や速度制限について

回線ドコモ・au・ソフトバンク
通信制限時ドコモ回線:最大300kbps
au回線・ソフトバンク回線:最大200kbps

QTモバイル(キューティーモバイル) の速度(2023年2月更新)

間帯Ping下り上り
66.0ms15.54Mbps13.51Mbps
74.0ms16.8Mbps5.97Mbps
夕方236.0ms43.63Mbps5.4Mbps
56.0ms48.85Mbps4.37Mbps
深夜53.0ms82.73Mbps24.61Mbps
引用:みんなのネット回線速度

QTモバイル(キューティーモバイル) の支払い方法

 QTモバイルのみ
契約している場合
BBIQ光・BBIQ光TVを
契約している場合
口座振替
クレジットカード
デビットカード

QTモバイル(キューティーモバイル) 利用者からの評判とおすすめな人

QTモバイル(キューティーモバイル) を選んで満足したポイント
  • 月額が安くなり何の問題もない
  • 特に不満は無く確実に言える事は料金が格段に安くなったこと
  • 通話料金が安かった
QTモバイル(キューティーモバイル) に対して不満なポイント
  • 前の携帯のほうが使い勝手が良かった
  • 昼の通信速度が遅い
  • 通話が途切れることがあった

 

※ QTモバイル 利用者アンケートより抜粋

QTモバイル(キューティーモバイル) はこんな人におすすめ!
  • 九州電力やBBIQとセット割で安く使いたい人
  • 格安SIMに乗り換える際にドコモ・au・ソフトバンクから回線を選びたい人
  • AndroidだけでなくiPhoneやiPadも修理できる端末保障サービスを利用したい

QTモバイル(キューティーモバイル) のメリット・デメリット

メリットデメリット
●月額料金が安い
●九州電力やBBIQとセット割ができる
●端末保障サービスが無料でついてくる
●店舗が九州にしかない
●速度の切り替え機能がない
●eSIMに対応していない

\QTモバイル評判のまとめ/

格安SIMおすすめ番外編 :イオンモバイル

イオンモバイルの特徴

eSIM5GiPhone対応
テザリングデータ無制限かけ放題
海外利用低速切り替えデータ繰越
〇(※通話のみ)〇(翌月まで)
音声プランデータプラン

イオンモバイルの料金プラン(音声プラン)

さいてきプラン

容量月額料金シェアプラン 月額料金
0.5GB803円
1GB858円1,188円
2GB968円1,298円
3GB1,078円1,408円
4GB1,188円1,518円
5GB1,298円1,628円
6GB1,408円1,738円
7GB1,518円1,848円
8GB1,628円1,958円
9GB1,738円2,068円
10GB1,848円2,178円

さいてきプランMORIMORI

容量月額料金シェアプラン 月額料金
20GB1,958円2,288円
30GB3,058円3,388円
40GB4,158円4,488円
50GB5,258円5,588円

やさしいプラン(60歳以上限定)

容量プラン名月額料金シェアプラン月額料金
0.2GBやさしいプランmini.748円
3GBやさしいプランS.858円1,188円
6GBやさしいプラン M.1,188円1,518円
8GBやさしいプランL.1,408円1,738円
※やさしいプランの下り最大通信速度は500kbps

イオンモバイルの通話オプション

通話料金音声通話 11円 / 30秒
かけ放題5分550円
かけ放題10分935円
かけ放題1,650円

その他の料金

事務手数料3,300円
解約金無料

イオンモバイルのキャンペーン・特典(今おすすめ!)

キャンペーン名詳細期間
春得キャンペーン他社からイオンモバイルに乗り換え(MNP)で5,000WAONポイントプレゼント23/4/10
【店舗限定】エントリーパッケージ契約特典ネットからの申込の際、店舗で購入したエントリーパッケージを利用すると2,000WAONポイントプレゼント(データプラン対象外)終了時期未定

イオンモバイルの回線や速度制限について

回線docomo
au
通信制限時最大200kbps

イオンモバイルの速度(2023年2月更新)

時間帯Ping下り上り
47.42ms75.34Mbps10.36Mbps
97.58ms22.76Mbps10.35Mbps
夕方83.41ms38.76Mbps6.76Mbps
82.51ms71.27Mbps10.71Mbps
深夜43.0ms125.3Mbps12.99Mbps

イオンモバイルの支払い方法

口座振替
クレジットカード
デビットカード

イオンモバイル利用者からの評判とおすすめな人

イオンモバイルを選んで満足したポイント
  • コストパフォーマンスが良く満足している
  • 料金が安く、ギガの変更が簡単に出来るので特に不満はない。
  • 電話料金はかけ放題プランなら、10分以内なら課金なしで使えて良い
  • データ量が不足したら、即刻追加が可能で便利
  • データ残量が翌月繰り越しができる
イオンモバイルに対して不満なポイント
  • 通信速度が遅い時がある
  • もう少し料金を安く してほしい
  • 問い合わせ対応してもらえるプランに入ったが、担当者のレベルが低く困惑した

 

イオンモバイルはこんな人におすすめ!
  • 自宅や職場の近くにイオンモバイルのショップがある人
  • 毎日の買い物のついでにイオンで格安SIMを契約、相談したい人
  • 自分で初期設定をすることに不安がある人
  • 毎月の使用データ量に変動がある人
  • シェアプランでおトクにスマホを使いたい人

 

イオンモバイルのメリット・デメリット

メリットデメリット
●全国のイオンで対面サポートが受けられる
●データ容量が0.5GB~50GBと豊富
●データ容量が足りなくなったらすぐにプラン変更できる
●シェアプランで複数の端末でデータを使える
●時間帯により通信速度が遅い
●端末購入価格が割高
●やさしいプランの通信速度は500kbpsと遅い

 

格安SIMおすすめ番外編 :y.uモバイル

y.uモバイルの特徴

eSIM5GiPhone対応
テザリングデータ無制限かけ放題
海外利用低速切り替えデータ繰越
〇(※要申込・通話のみ)〇(永久繰越)
音声プランデータプラン

y.uモバイルの料金プラン

データ容量プラン名月額料金(税込)
5GBシングル1,070円
10GB(最大20GB)※シングルU-NEXT2,970円
20GB (最大30GB)※シェアU-NEXT4,170円
※毎⽉付与される1,200円分のU-NEXTポイントで10GB分チャージした場合

y.uモバイルの通話オプション

通話料金国内通話料 22円/30秒
専用アプリ使用 11円/30秒
かけ放題オプション10分かけ放題 550円
無制限かけ放題 1,400円

その他の料金

事務手数料3,300円
SIMカード発行手数料 440円
解約金無料

y.uモバイルのキャンペーン・特典(今おすすめ!)

キャンペーン名詳細期間
他社からの乗り換えで最大4ヶ月無料y.uモバイルに申し込みで月額基本料金が最大2カ月無料、他社から乗り換え(MNP)で更に2カ月無料終了時期未定
「シングル U-NEXT・シェア U-NEXT」対象利用開始時に1,200U-NEXTポイントを進呈終了時期未定
※ U-NEXT は、26万本以上の動画と88万冊以上のマンガや書籍、170冊以上の雑誌が見放題・読み放題のサービス   

y.uモバイルの回線や速度制限について

回線docomo
通信制限時最大128kbps

y.uモバイルの速度(2023年2月更新)

時間帯Ping下り上り
66.3ms76.72Mbps16.05Mbps
107.07ms34.91Mbps11.68Mbps
夕方114.15ms42.56Mbps7.97Mbps
84.53ms59.7Mbps15.4Mbps
深夜84.12ms57.3Mbps9.0Mbps
引用:みんなのネット回線速度

y.uモバイルの支払い方法

口座振替
クレジットカード
デビットカード

y.uモバイル利用者からの評判とおすすめな人

y.uモバイルを選んで満足したポイント
  • 月々の料金が安い
  • 基本料金の価格でU-NEXTが見れる
  • 通信速度が速い
y.u モバイルに対して不満なポイント
  • 使えるGBが少ない
  • 携帯料金が高い
  • プランが少なかった
y.uモバイルはこんな人におすすめ!
  • 安定した通信速度でスマホと使いたい人
  • データをシェアしたい人
  • U-NEXT(26万本以上の動画と88万冊以上のマンガや書籍、170冊以上の雑誌が見放題・読み放題のサービス)をおトクに利用したい人
  • 使わなかった通信容量を貯めていきたい人

 

※楽天モバイル利用者アンケートより抜粋

y.u モバイルのメリット・デメリット

メリットデメリット
● 通常2,189円の U-NEXT が無料になる
●余ったGBは永久繰り越しできる
●y.uモバイル以外で購入したスマホにも修理費用保険がついてくる
●ヤマダ電機の店頭で契約できる
●バッテリーを新品に交換したリユースiPhoneを購入できる
●プランが少ない
●新品の端末の販売が無い

 

格安SIMおすすめ番外編 :BIGLOBEモバイル

BIGLOBEモバイルの特徴

eSIM5GiPhone対応
〇(※要申込)
テザリングデータ無制限かけ放題
海外利用低速切り替えデータ繰越
〇(※要申込・通話のみ)〇(翌月まで)
音声プランデータプラン

BIGLOBEモバイルの料金プラン

データ容量月額料金(税込)2回線目以降(BIGLOBE家族割)
月額料金(税込)
1GB1,078円858円
3GB1,320円1,100円
6GB1,870円1,650円
12GB3,740円3,520円
20GB5,720円5,500円
30GB8,195円7,975円

BIGLOBEモバイルの通話オプション

通話料金国内通話料 22円 / 30秒
BIGLOBEでんわ 9.9円 /30秒
かけ放題オプション3分かけ放題 660円/月
10分かけ放題 913円/月
通話パック通話パック60:1,188円分(最大60分)の国内通話が 660円/月で利用可能
通話パック90:1,782円分(最大90分)の国内通話が 913円/月で利用可能

その他の料金

事務手数料プラン申込手数料 3,300円
SIMカード準備料 433.4円
解約金●2022年6月30日までに契約した音声通話SIMを最低利用期間内に解約した場合、音声通話サービス契約解除料1,100円かかります
( ※最低利用期間 :サービス開始月の翌月を1カ月目として12カ月目まで)
●2022年7月1日以降に契約した音声通話SIMは、最低利用期間と契約解除料なし

BIGLOBEモバイルのキャンペーン・特典(今おすすめ!)

キャンペーン名詳細期間
エンタメフリー・オプション
最大6カ月無料
YouTube をはじめ21サービスの通信量が、定額料金でノーカウントになるスマホ向けサービスです。
通信速度制限中でも、対象サービスは速度制限されません
終了時期未定
セキュリティセット・プレミアムスマホとパソコンを最大3台まで守れるセキュリティセットが初回申込特典で最大2カ月無料終了時期未定

BIGLOBEモバイルの回線や速度制限について

回線docomo
au
通信制限時最大200kbps

BIGLOBEモバイルの速度(2023年2月更新)

時間帯Ping下り上り
49.24ms17.23Mbps9.19Mbps
65.51ms2.72Mbps6.05Mbps
夕方48.23ms22.33Mbps9.09Mbps
55.32ms13.44Mbps7.35Mbps
深夜51.37ms32.96Mbps9.89Mbps
引用:みんなのネット回線速度

BIGLOBE モバイルの支払い方法

口座振替×(データ通信のみの場合口座振替払いもあり)
クレジットカード
デビットカード

BIGLOBE モバイル利用者からの評判とおすすめな人

BIGLOBEモバイルを選んで満足したポイン
  • 月額利用料が安くなった
  • 余ったギガは翌月に繰り越せるのでよい
  • エンタメフリーでYouTubeが無制限で見れるのが嬉しい
BIGLOBEモバイルに対して不満なポイント
  • 速度がおそく通信速度、品質にばらつきがあるように感じた
  • キャンペーンが終わると高くなる
  • 通信できるGB容量が少ない
  • 月額料金が高い

※BIGLOBEモバイル利用者アンケートより抜粋

BIGLOBEモバイルはこんな人におすすめ
  • すでにBIGLOBE会員の人
  • docomo、auで使っていたスマホをそのまま使いたい人
  • エンタメフリーオプションで音楽や動画、書籍を楽しみたい人
  • 家族で通信容量のシェアをしたい人

 

BIGLOBEモバイルのメリット・デメリット

メリットデメリット
●エンタメフリーオプションが月額308円で利用できる
(現在は最大6カ月無料キャンペーン中)
●シェアSIM契約で複数端末でデータ容量を分け合える
●他の格安SIMと比べデータ通信速度がやや遅い
●他の格安SIMと比べ月額料金が高い
●エンタメフリーオプションは画質制限がある

目的別の格安SIM(MNVO)の選び方

格安SIM(MNVO)に乗り換える動機は目的によってそれぞれかと思います。

ここからは、目的別の格安SIM(MNVO)の選び方を解説します。

【目的別】格安SIMの選び方
  • 月のスマホ代をとにかく安くしたい人はOCNモバイルONEかマイネオ
  • 家族と同時に乗り換えならY!mobile(ワイモバイル)
  • ひとりで乗り換えるならLINEMO
  • サブ回線で使いたいならIIJmioかNUROモバイル
  • キャリアの対面サポ―トがほしいなら イオンモバイル・Y!mobile・UQmobile
  • キャリアの対面サポートは必要ないならLINEMO
  • 乗り換えと同時にお得な価格でスマホも買いたいならY!mobileとOCNモバイルONE
  • 仕事やレジャーで山間部に行くことが多いならahamo(アハモ)
  • とにかくスマホゲームがしたいならLinksMate
  • 無制限に通信したいなら楽天モバイル
  • ドコモ品質の100GBで大量通信も気にならないahamo(アハモ)大盛

月のスマホ代をとにかく安くしたい人

OCNモバイルONE:通信をあまりしないのでとにかく安くしたいなら

OCNモバイルONE:通信をあまりしないなら

通信容量が1GB程度で足りそうなら、OCNモバイルONEがおすすめです。安定のドコモ回線が1GBなら770円 / 月額で利用でき、容量追加は専用アプリ経由なら1GB550円です。

通話は発信が自動的にOCNでんわの利用になり、通話は11円(税込) / 30秒と一般的なスマホの通信料の半額程度で利用できます。

さらに、追加利用料なしでMUSICカウントフリーが利用でき、amazon musicやdヒッツを含めた7つの対象のサービスの通信費がカウントされません。好きな音楽が聴き放題になります。

mineo(マイネオ):通話をあまりしない のでとにかく安くしたいなら

音声SIMではなく、データSIMを契約する方法があります

一般的な通話ができるSIMカードを音声通話SIMと呼ぶのに対し、データSIMは音声通話ができないデータ通信専用のSIMカードを指します。ネットやアプリへ接続が可能なためSNSにも問題なく繋がります

LINEやSkypeなどのアプリを通した通話サービスにも接続できるので、通話の相手が限られているならデータSIMでも不都合はありません。ただし、メインのスマホでデータSIMを使うなら、SMS(ショートメッセージサービス)機能を付けることをおすすめします。ネット上でサービスにログインする際に本人確認のためのSNS認証は欠かせないものになっているからです。

データSIMにSMS(ショートメッセージサービス)機能を付けるなら、mineo(マイネオ)がおすすめです。

mineo は回線をドコモ・au・ソフトバングの3つから選べるトリプルキャリアなので、現在利用しているキャリア回線のプランを選べば、SIMロック解除の必要もありません。

また、mineoにはユーザー同士で通信パケットをシェアしあえるフリータンクというシステムがあります

あまったらタンクに入れて、足りない時は引き出せるので、月1GBまでなら通信容量の買い増しをする必要がありません。

出典:mineo

Y!mobile(ワイモバイル):乗り換えは家族と一緒の予定なら

家族割のあるプランを選びましょう。おすすめは家族割がダブルで使えるY!mobile(ワイモバイル)です。

Y!mobileの家族割は同居していなくてもOKで、離れて暮らしていても血縁・婚姻関係があればよく、

同居、住所が同一であることを証明できれば別性でも(家族でなくても)OKです。

さらに5歳から18歳までのお子さんにはワイモバ親子割が適応できるので、申し込みから12カ月間は更にお得になります。

注意点したいのは、家族割と親子割の双方が適用されても1回線目(主回線)には家族割は適応されないことと、おうち割光セットや光おトク割などとの併用が出来ないことです。

LINEMO:乗り換えはひとりだけの予定なら

ひとりだけの乗り換えなら、LINEMOがおすすめです

ソフトバンク回線をそのまま使用しているためキャリア品質の快適な通信を行えますし、家族割引やシェアプランがなくても充分にお得な料金プランを楽しめます。

乗り換えキャンペーンも充実しており、通信容量3GB 990円 / 月額のミニプランなら基本料金は最大半年間実質無料です。 通信容量20GB 2,728円 / 月額のスマホプランなら Pay Payポイント10,000円分の付与があります。

2台目以降のサブ端末やタブレットで使いたいなら

IIJmio(アイアイジェイミオ):キャリア回線をメインと同じにしたいなら

メインとサブと同じキャリアの回線で使うならIIJmioのデータ容量シェアがおすすめです。

複数回線のデータ容量をシェアできます。音声SIMとデータSIMなど、異なるタイプのSIMでもOKです。例えば、メインのスマホは音声SIM、サブのスマホはeSIM、タブレットはデータSIM、といった使い方も可能です。

自分ひとりだけでなく、家族ともデータを分け合うこともできます。

出典:IIJmio

NUROモバイル(ニューロモバイル):キャリア回線をメインと別にしたいなら

突然訪れる通信障害にそなえて、メインとサブの回線を別にしたい方には、 NUROモバイル がおすすめです。

NUROモバイルの音声SIMなら ドコモ・au・ソフトバンクの3回線すべてに対応しているトリプルキャリアなので、メインがどの回線を使っていても、それ以外の回線を用意できます。

音声SIMには、高品質SIMプランと格安SIMプランがありますがサブ回線として使うなら 格安SIM プランがおすすめですデータ容量が5GBと10GBのプランなら、LINEの通話や動画視聴のデータ通信料がフリーとなるバリューデータフリーが月額料金無料で利用できます。

また、通信容量0.2GBのお試しプランもありますので気軽にトライすることもできますね。

プラン名 データ容量音声SIMデータ+SMSデータ専用SIMデータフリー
VSプラン 3GB792円792円627円
VMプラン 5GB990円990円825円バリューデータフリー
VLプラン 10GB1,485円1,485円1,320円バリューデータフリー
かけ放題プラン 1GB1,870円 *1
お試しプラン 0.2GB495円330円
※データ+SMSシムの回線はドコモとauのみ

キャリアなみの対面サポートがほしいなら

格安SIMに乗り換えてもショップで対面サポ―トを受けたい方におすすめしたいのはこちらの3社です。

イオンモバイル:毎日のお買い物ついでに立ち寄れる

全国200店舗以上あるイオンにイオンモバイルのサービスカウンターがあるため、普段の買い物ついでにサポートを受ける事ができます

プランは0.2GBから50GBまで細かく設定されており、容量変更は月内に何度も変更可能なため、毎月のデータ利用料にバラつきがある方にも便利です。

60歳以上向けにさらにお得な「やさしいプラン」もありますが、ダウンロードの最大速度が500kbpsに制限されます。

テキストデータのやり取りやLINEの会話・画像送信や、youtubeの低画質なら問題なく使える通信速度ですが、回線そのものが混雑している時間帯はには多少ストレスを感じてしまうでしょう。

お近くの店舗はこちらからご確認ください

Y!mobile(ワイモバイル):身近に感じるショップの多さ

ショップと取扱店を含めると全国に約4,000店舗にのぼるY!mobile(ワイモバイル)

ソフトバンクに併設されたショップだけでなく、家電量販店でもY!mobile (ワイモバイル) のぼりを見る事は多いですよね。

うち2,600店あるY!mobileショップでは、来店予約が可能ですので待ち時間なく、相談やプランの検討ができます。キャンペーンはオンライン限定のものもあるので、ショップとオンラインを上手に使い分けるとよりお得に利用できます。

お近くの店舗を確認のうえ来店予約をおすすめします

UQmobile:店舗が多様で検索しやすい

日本全国に、UQmobile専売ショップのUQスポット、auショップ・austyleと、その他取り扱い店舗を含めると2,700店舗以上を展開しています。公式HPの「販売店舗一覧>」地図から探す」で検索すると、店舗の種類別にアイコンで表示されます。

対面サポートを希望する際は最寄りのUQスポット・au Style・auショップ の予約利用が確実です。

UQモバイル 店舗検索

LINEMO(ラインモ):対面サポートが必要ない方に

ネットやスマホの操作に不安がなく、自身でスマホの申込みやオンライン上のサポートを受けることに抵抗がない方にはLINEMOをおすすめします。LINEMOはソフトバンクの回線をそのまま利用しているため通信速度の速さには定評があり、顧客満足度の調査ランキングで4冠を達成しています。

電話のサポートはありませんが、公式のカスタマサポートやLINEMOのLINE公式アカウントから問い合わせできます。LINE相談は履歴を見やすいので便利ですね。

3GB:990円 /月額のミニプランと20GB:2,728円 / 月額のスマホプランの2種類があり、スマホプランなら月ごとの通信容量を使い切ったあとも1Mbpsの速度で通信 が可能です。

乗り換えと同時にお得な価格でスマホも買いたい

ほとんどの格安SIM(MNVO)でスマホなど端末の販売も行っていますが、おすすめはY!mobileとOCNモバイルONEです。

Y!mobile(ワイモバイル):特価スマホが1円から

契約時に購入できる特価スマホとして、1円からスマホを販売しています。

条件として他社からの乗り換えや新規契約、契約するプランはシンプルMかLであること、などが挙げられますがスマホを格安で購入できるのは嬉しいですね。

iPhoneも最新機種ではありませんが、新品が最大20,000円相当のPay Payポイント還元を受けられたり、認定中古品としてiPhone11が9,800円で買えるなど充実しています。

ただ、ワイモバイルは家族割なしだとやや高めの月額利用料なのが難点です。

出典:Y!mobile

OCNモバイルONE:不定期のスマホSALEが見逃せない

OCNモバイルONE は不定期でスマホSALEを行っています

人気のスマホが1,100円~というお得な価格で購入できます。新規か乗り換え(MNP)で音声対応SIMの通信容量1GB以上を契約することが条件です。

通信容量1GBの月額利用料は770円で端末は最安で1,100円と大変お得です。半面、プランが10GBまでしかないため、大量の通信を望む方には物足りないかもしれません。

ahamo(アハモ):山間部に行くことが多いならドコモ回線

ahamo(アハモ)なら安定のドコモ回線をそのまま利用しているため、山間部の繋がりやすさに定評があります。ドコモは山あいでも電波がつながるよう、山頂方向に電波を発射したり、積極的に小型基地局を設置しています。

仕事やレジャーだけでなく、お子さんの部活の合宿など山あいの宿を利用する時にも、ahamo(アハモ)の繋がりやすさは力を発揮します。通信速度も速い上に5分間の無料通話もついてくるので使いやすさも抜群ですね。

出典:docomo

Links Mate:とにかくスマホゲームがしたいなら

550円 / 月額のカウントフリーオプションがお得です。加入することで、7つのゲームの連携特典の受け取りができ、200以上の対象ゲームと、AbemaTVやまんが・小説などのサイト26種インスタグラム・Twitter・フェイスブックの3種のSNS通信量が90%オフとなります。

プランは通信容量100MBからなんと1TBまで、SIMカードの種類もデータSIMSMS+データ通信音声通話+SMS +データSIMとあり、eSIMにも対応しています。

※SMS= ショートメッセージサービス

連携特典がある対象ゲーム
  • ウマ娘プリティーダービー
  • ワールドフリッパー
  • 釣り★スタ
  • エレメンタルストーリー
  • プリンセスコネクト!Re:Dive
  • シャドウバース
  • グランブルーファンタジー

楽天モバイル:無制限で通信したいなら

通信量を気にせずネットにつなげないのなら、楽天モバイルがおすすめです

20GB超過後~無制限の通信を3,278円 / 月額で利用でき、通信量が少ない月は自然に安い料金となります。他の格安SIM会社ではあまり販売のないiPhoneの最新機種もあり、乗り換えキャンペーンも豊富です。

最大のネックは、無制限でネットに接続できるのは楽天回線エリア内だけという点です。

逆に楽天回線エリア内にお住まいの方なら、自宅Wi-Fiなしでも問題ないでしょう。

ahamo(アハモ)大盛り: ドコモ品質の100GBで大量通信も気にならない

ahamo(アハモ)大盛なら、楽天回線エリア外にお住いの方や、Wi-Fi環境以外で大量の通信を行いたい方も安心です。

ahamoは月の通信容量が20GBで2,970円 ですが、+80GBの大盛りオプションを付けることで100GB4,950円で利用できます。100GB超過後は、制限なしで1Mbpsの通信が可能です。

無制限の楽天モバイルより1,600円以上高く、どうしても割高に感じますが LinksMate100GB の8,305円 や、イオンモバイルさいてきプランMORIMORI 50GBの5,258円 と比べると、アハモがが破格の価格設定だということがわかります。しかも、ドコモ回線をそのまま利用しているため抜群の安定性と通信速度を誇ります。

 

格安SIM(MVNO)のデータ容量別料金比較表

 ahamoロゴLINEMOロゴ楽天モバイルロゴmineoロゴiijmioロゴイオンモバイルロゴ
 ahamoLINEMO
[PR]
楽天モバイルmineoUQ mobileY!mobileOCNモバイルONEIIJmioJ:comモバイルイオンモバイルy.u mobileBIGLOBE mobile
0.5GB550円
1GB–  1,298円770円1,078円  858円1,078円
2GB  –850円–  968円
3GB 990円1,078円1,628円2,178円990円  –1,078円1,320円
4GB–  990円  –1,188円
5GB  –1,518円1,628円1,298円1,050円
6GB–  1,320円  –1,408円1,870円
7GB  –  –1,518円
8GB  ––  1,628円
9GB  –  –1,738円
10GB  –1,958円1,760円 2,178円1,848円2,970円
20GB2,970円2,728円2,178円2,178円2,000円 2,728円1,958円4,170円5,720円
25GB  –3,278円3,828円4,158円  –
30GB  –3,278円  –3,058円8,159円
※表の料金はすべて税込み表記

格安SIM(MVNO) の最安値おすすめランキング

通信容量ごとの比較表を比較をしました。

【0.5GB〜3GBの最安値おすすめランキング】

順位
通信会社名OCNモバイルONE
OCNモバイルONE
LINEMOロゴ
LINEMO [PR]

楽天モバイルロゴ
楽天モバイル
通信容量0.5GB3GB 3GB
料金550円990円 1,078円
公式HP公式HP公式HP公式HP

0.5GB〜3GB プラン 1位の OCNモバイルONE は0.5GBからプランがあり、ドコモ回線を最大10分間 / 月の通話料込で550円で利用できると高い評価を受けています。

2位のLINEMOは、新規か乗り換え(MNP)なら、3GB 990円のミニプランがキャンペーンで最大半年間無料です!

3位の楽天モバイルはお得なキャンペーンが多く、この中で唯一実店舗でサポートの相談が対面で行えます。

【4GB〜5GBの最安値おすすめランキング】

順位
通信会社名
IIJmio
y.uモバイル ロゴ
y.uモバイル

イオンモバイルロゴ
イオンモバイル
通信容量4GB5GB4GB
料金990円1,050円1,188円
公式HP公式HP公式HP公式HP

4GB〜5GB プラン1位のIIJmioは、データ速度の低速切り替えができるので、少ない通信GB数のプランでも効率よく通信の利用ができます。

2位のy.uモバイルは余ったGBを最大100GBまで、永久に繰り越すことができます。使わなかったGBが消えることがほぼないので安心です。

3位のイオンモバイルは、お買い物のついでに様々なスマホの手続きができるのが魅力です。シェアプランもあるのでお得にスマホが使えます。

【6GB〜10GBの最安値おすすめランキング】

順位
通信会社名OCNモバイルONE
OCNモバイルONE
イオンモバイルロゴ
イオンモバイル

mineoロゴ
mineo
通信容量6GB6GB10GB
料金 1,320円 1,408円 1,958円
公式HP公式HP公式HP公式HP

6GB〜10GB プランの1位のOCNモバイルONEはドコモ回線のMVNOネットワーク品質調査で、4期連続で総合1位評価を獲得している優良な格安SIMです。

2位のイオンモバイルは 4GB〜5GB の部に続いて2回目のランクインです。1GBごとの細かいプラン設定と料金の安さが際立つ形となりました。

3位のmineoはユーザー同士でパケットをシェア出来たり、専用コミュニティサイト「マイネ王」で交流出来たりと個性的なMNVOです。200MBのお試しコースもあり、気軽に試せることができます。

【11GB〜20GBの最安値おすすめランキング】

順位
通信会社名イオンモバイルロゴ
イオンモバイル

IIJmio
mineoロゴ
mineo
楽天モバイルロゴ
楽天モバイル
通信容量20GB 20GB 20GB20GB
料金1,958円 2,000円 2,178円 2,178円
公式HP 公式HP公式HP公式HP公式HP

11GB〜20GB プランの1位の イオンモバイル はドコモ回線のMVNOネットワーク品質調査で、4期連続で総合1位評価を獲得している優良な格安SIMです。

2位のIIJmioは 4GB〜5GB の部に続いて2回目のランクインです。1GBごとの細かいプラン設定と料金の安さが際立つ形となりました。

3位は2件ありました。3位のmineoは 6GB〜10GBの部でも3位にランクインしていますが、10GBの1,958円からわずか+220円で倍量の20GB が使えます。10GBではもの足りないかな?と不安な方はこちらのプランをおすすめします。

もうひとつの3位の楽天モバイルは、楽天市場のポイント倍率アップ対象なので、楽天でお買い物をする方におすすめです。

【21GB〜以上の最安値おすすめランキング】

順位
通信会社名イオンモバイルロゴ
イオンモバイル
楽天モバイルロゴ
楽天モバイル
UQモバイル ロゴ
UQ mobile
通信容量30GB無制限25GB
料金3,058円3,278円 3,828円
公式HP公式HP公式HP公式HP

21GB〜以上プランの1位 のイオンモバイルはこの記事の最安値ランキング4回目の登場です。1GBごとの料金設定、データのシェアにできて安いとあれば、人気があるのも納得です。

2位の楽天モバイルの特色はなんといっても無制限で3,278円という安さです。楽天回線エリア内に自宅があれば、自宅Wi-Fi代わりに利用するのもいいですね、

3位のUQモバイルは増量プランに入ると+550円 / 月額で+5GBで利用できます。家族割や親子応援割を併用すると月額料金を更にお安くできます

 

格安SIM(MVNO) の通信速度比較

格安SIM(MVNO)に乗り換えるうえで、1番心配なのが通信速度の速さなのではないでしょうか。

まずは格安SIM(MVNO)の、時間ごとのダウンロード速度を見てみましょう。

MVNO名夕方
ahamo212.78Mbps107.67Mbps121.81Mbps117.31Mbps
UQモバイル76.04Mbps66.72Mbps75.26Mbps61.91Mbps
nuroモバイル96.75Mbps21.82Mbps47.34Mbps68.69Mbps
楽天モバイル53.1Mbps46.76Mbps79.26Mbps45.27Mbps
OCNモバイルONE69.97Mbps39.67Mbps48.41Mbps54.28Mbps
Y!mobile55.6Mbps34.94Mbps70.54Mbps43.84Mbps
LINEMO53.29Mbps48.81Mbps46.5Mbps42.09Mbps
IIJmio60.99Mbps11.84Mbps41.75Mbps46.78Mbps
J:COM mobile46.37Mbps28.03Mbps32.53Mbps41.2Mbps
mineo50.78Mbps5.73Mbps19.91Mbps25.88Mbps
引用:みんなのネット回線速度

今回紹介した格安SIM(MVNO)のなかで、平均通信速度が1番速いのはahamo(アハモ)でした。

朝夕の通勤時間や昼休みなど、格安SIM(MVNO)の通信速度が遅くなると言われる時間帯にも注目です。

 

ダウンロード速度だけでなく、Ping値・アップロード速度も速さのランキングで比較してみましょう。

ユーザーによる実測値の集合体なので、本当の通信速度が把握できて便利ですね。

 

\通信速度がとにかく早い!ahamo(アハモ)の公式サイトはこちら/

順位 MVNO名 平均Ping値 平均ダウンロード速度 平均アップロード速度
1位 ahamo 49.362 144.542 16.096
2位 UQモバイル 50.926 79.606 14.344
3位 nuroモバイル 51.97 65.72 13.102
4位 楽天モバイル 50.736 57.356 26.29
5位 OCNモバイルONE 56.194 56.26 12.154
6位 Y!mobile 43.506 52.056 12.004
7位 LINEMO 41.654 49.474 14.22
8位 IIJmio 97.336 40.926 9.316
9位 J:COM mobile 61.07 34.46 10.556
10位 mineo 76.15 33.02 9.266
引用:みんなのネット回線速度

  詳細 快適に使用できる速度の目安
ダウンロード速度 動画の視聴やSNS・Webサイトの閲覧に関わる数値 5Mbps〜30Mbps以上
アップロード速度 メールの送信やSNSの投稿に関わる数値 5Mbps〜30Mbps以上
Ping値 回線の反応速度を表す数値で小さいほど反応が速い 50ms以下

ここでもahamo(アハモ)が他社と比べて桁違いの数値を叩きだしています。

とはいえ、どの格安SIM(MVNO)も快適に使用できる速度の目安はクリアしているので、今回紹介した格安SIM(MVNO)ならどの格安SIM(MVNO)を選んでも特に問題はないでしょう。

また、速度のデータは、各契約回線の実際のネット回線速度がわかる「みんなのねっと回線速度」より抜粋しています。

 

 

 

iPhoneでも使えるおすすめの格安SIM(MVNO)

動作確認が済んでいるiPhone機種であれば、格安SIM(MVNO)でもiPhoneは使用可能です。

なかでも、格安SIM(MVNO)でiPhoneを使うならUQモバイルがおすすめ。

UQモバイルでは、比較的新しいiPhone端末を購入可能です。

また、厳しい条件をクリアした高品質のリユーススマートフォンを取り扱っており、お得にiPhone端末をゲットできます。

ただし、iPhoneで格安SIM(MVNO)を利用する場合、「iOS」のアップデートをすぐに行ってしまうと、通信に不具合がでることがあるため注意しましょう。

格安SIM(MVNO)でiPhoneを使いたいと考えている方は、以下の記事も参考にしてみてください。

格安SIM(MVNO)に乗り換える3つのメリット

格安SIM(MVNO)に乗り換えるメリットには、大きく3つあります。

月額利用料を節約できる

大手キャリアと比べて、格安SIM(MVNO)は毎月の利用料金が安いのが特徴です。

大手キャリアなら5,000円前後かかっていたスマホ利用料が、格安SIM(MVNO)なら2,000円以下に抑えられます。

とくに毎月使う通信量が少ない人や、家族割りなどの割引を利用する人は毎月1,000円以下にすることも可能です。

毎月のスマホ利用料を大幅に抑えられることで、家計の節約にもつながります。

格安SIM(MVNO)によってさまざまなプランがある

さまざまな格安 格安SIM(MVNO)のサービスがありますが、そのプランは会社によってさまざまです。

たとえば通信容量だけで見ても、低容量のプランから大容量のプラン、月間で使用量を決めて支払う定額制から使った通信容量の分だけ支払う従量制など多岐にわたります。

特定のサービスを利用する分の通信容量だけカウントされない「カウントフリー」プランがある 格安SIM(MVNO)や、かけ放題に特化した格安SIM(MVNO)などもあるため、自分の使い方に合ったプランを選択可能です。

格安スマホをセット購入できる

通常単体でしか購入できない、ASUSやHUAWEIなどのスマートフォンを契約とセットで購入できます。

格安SIM(MVNO) によっては新規契約で対象のスマホを大幅割引で購入できたり、スマホ端末のセールを実施していたりとお得にスマホ端末をゲットできる機会が、大手キャリアより多いのも特徴です。

格安SIM (MVNO)に乗り換えるデメリット・注意点

メリットも多い 格安SIM(MVNO) ですが、使用する上でデメリットや注意点も存在します。

乗り換えてから後悔しないためにも、事前に 格安SIM(MVNO) のデメリットを確認しておきましょう。

大手キャリアより通信速度が遅いことがある

格安SIM (MVNO) は、大手キャリアの通信回線の一部を間借りしてサービスを提供しています。

そのため、朝の通勤・通学時間や昼休憩、夕方から夜にかけて通信データを使う人が多くなる時間帯は、通信速度が遅くなりやすいです。

大手キャリア並みの通信環境を求める人には、格安SIMはおすすめできない可能性があります。

キャリアメールが利用できないことが多い

ほとんどの 格安SIM(MVNO) はキャリアメールの提供を行っていません。

そのため、GmailやYahoo!メールなどのフリーメールへの乗り換えが必要になります。

ただし、現在ではキャリアメールでないといけない場面はかなり少なくなっているため、フリーメールの利用でもほとんど支障はないでしょう。

どうしてもキャリアメールが必要だという人は、「キャリアメール 持ち運びサービス」を利用するのがおすすめです。

docomo・au・Softbankともに、月額330円でキャリアメールを利用し続けられます。

実店舗が少ない

大手キャリアと違い、格安SIM(MVNO)は実店舗をかまえていないことがほとんどです。

対面でのサポートは受けられないため、格安SIM(MVNO)の契約はすべて自分でする必要があります。

ネット上での手続きが不安な人は、実店舗がない点について大きなデメリットに感じる可能性があるでしょう。

格安SIM(MVNO)の公式サイトではAIによるチャットサポートを行っていることが多く、365日24時間いつでも問い合わせ可能なのはメリットといえます。

とはいえ、実店舗をかまえている格安SIM(MVNO)もあるので、格安SIM(MVNO)初心者や対面でのサポートを受けたい人は以下の格安SIM(MVNO) から選んでみてはいかがでしょうか。

全国に店舗がある格安SIM(MVNO)一覧
  • UQモバイル
  • ワイモバイル
  • 楽天モバイル
  • イオンモバイル
  • mineo

大手キャリアから格安SIM(MVNO)に乗り換える方法

ここからは、大手キャリアから格安SIM(MVNO)に乗り換える方法を手順ごとに解説していきます。

①契約する格安SIM(MVNO)を選ぶ

まず、乗り換える前にどの格安SIM(MVNO)を契約するか選びましょう。

契約する格安SIM(MVNO)会社だけでなく、プランまで決めておくとスムーズに乗り換えを進められます。

しかし、さまざまな格安SIM(MVNO)があるので、どれを選べばいいかわからないという人も多いはず。

ここでは、自分に合った格安SIM(MVNO)を選ぶ方法を以下で解説します。

SIMカードの機能で選ぶ

まず、格安SIM(MVNO)を契約する目的を整理しましょう。

メインのスマホとして契約する場合は音声通話機能があるSIMカードを、タブレットやサブスマホでの利用であれば、データ通信機能のみのSIMカードを選ぶのがおすすめです。

SIMカードの機能によって月額利用料が異なることもあるため、チェックしておきましょう。

データ容量・月額料金で選ぶ

格安SIM(MVNO)では、月間で利用できる通信容量をベースにプランが組まれていることが一般的です。

基本的に月間で利用できる通信容量が多いほど、利用料が高くなります。

しかし、格安SIM(MVNO)によって通信容量の設定も月額料金もバラバラ。

同じ通信容量のプランであっても、格安SIM(MVNO)によって料金が異なるため、データ容量に対する月額料金がどうなのか比較することが大切です。

失敗しない選び方は、まず自分が毎月どのくらい通信容量を使っているか把握すること。

オプション・プラン内容で選ぶ

たとえば、UQモバイルでは月間のデータ容量を増やせる「データ容量オプション」、BIGLOBEモバイルのYouTubeやApple Musicなど、エンタメを使用した分のデータ容量がカウントされない「カウントフリーオプション」など、格安SIM(MVNO)によってさまざまです。

自分のスマホの使い方によって、1番お得になる格安SIM(MVNO)を選んでみましょう。

docomo・au・ソフトバンクの通信回線で選ぶ

住んでいる地域によっては「〇〇の電波が入りにくい」といったことも少なくありません。

格安SIM(MVNO)によって取り扱っている回線は違うため、自分の住んでいる地域で繋がりやすい回線を取り扱っているかどうか確認しておく必要があります。

各社格安SIM(MVNO)の公式サイトか、取り扱っている通信回線の公式サイトで対応している地域の確認が可能です。

乗り換えてから電波が入らないといった事態にならないよう、事前に確認しておきましょう。

②格安SIM(MVNO)の回線に対応したスマホを用意する

乗り換える格安SIM(MVNO)の回線に対応したスマホを用意する必要があります。

格安SIM(MVNO)を契約する際に、スマホ端末も購入するのであれば申し込みだけで問題ありません。

しかし、現在使用しているスマホをそのまま格安SIM(MVNO)でも利用する場合、SIMロック解除する必要がある可能性があります。

SIMロックとは、他の携帯会社のSIMカードを使えないようにするロックのことです。

大手キャリアが販売しているスマホにつけられているので、大手キャリアで購入したスマホをそのまま利用したい人で、他の回線に乗り換える場合はSIMロック解除の手続きをしないといけません。

SIMロック解除の方法は契約しているキャリアによって異なりますが、大手キャリアの店舗へスマホを持参、またはインターネット上・電話でSIMロック解除の申し込み手続きをすることで完了します。

次の章でも詳しく解説します。

③契約する格安SIM(MVNO)に申し込む

乗り換える格安SIM(MVNO)に対応したスマホ端末をゲットしたら、いよいよ格安SIM(MVNO)に申し込みましょう。

方法は格安SIM(MVNO)の公式サイトから申し込みを行い、手順に沿って必要な情報を入力するだけ。

インターネット上で全て完結するので、家にいながら申し込めます。

④届いたSIMカードをスマホに挿入し、初期設定を行う

申し込みが完了して数日経つと、入力した住所あてにSIMカードが届きます。

SIMカードが届いたら、使用するスマホに差し込み、動作確認を行いましょう。

基本的に初期設定のマニュアルが同封されているので、マニュアルの手順に沿って初期設定を進めていきます。

動作確認ができたら、乗り換え完了です。

 

格安SIMとMVNOの関係って?

格安SIMを選ぶ際「MVNO」という言葉をよく目にします。

MVNOは「Mobile Virtual Network Operator」の略で、日本語にすると「仮想移動体通信事業者」となります。格安SIMと呼ばれる通信会社は多くがMVNOです。

MVNOは、「高い経費のかかる通信網やアンテナなどの施設を自社で持たず、キャリアから借りている」という点です。必要な施設をレンタルし、固定費や人件費を抑える事で、キャリアより大幅に安い通信環境を提供することを実現しています。

ドコモの格安プランのahamoは正確にはMVNOとは言えませんが、今回は格安SIMのひとつとして比較しています。また、「格安SIM=MVNO」と考えて問題はありません

SIMフリーとは?わかりやすく解説

スマホの乗り換えを検討する際、SIMフリーという言葉を目にした方は多いことでしょう。

前の章ではSIMロックの解除について触れましたが、SIMフリーとはいったい何でしょうか?

ここからはSIMフリーについて解説していきます

SIMフリーについて

SIMフリーとは、SIMロックがかかっていない状態のスマホをさします。

前章でも触れましたが、乗り換え先で現在使用中のスマホを使う場合や、乗り換え先以外で入手したスマホを使いたい場合、 格安SIM(MVNO)の回線に対応したスマホをが必要です。対応機種なら、SIMフリー、もしくはSIMロックを解除したスマホでしたら問題なく使用することができます。

SIMロックがかかっている場合、解除しなければ乗り換え先で使用することができません。

SIMロック とは

かつてはdocomo・au・ソフトバンクなど大手の携帯電話会社で契約する時は、端末とSIMをセットで購入することが一般的であり、それぞれの携帯電話会社でしか使えないようSIMにロックをかけていました。

つまり、SIMロックを解除したスマホ=SIMフリーのスマホなら、どの通信会社でも使うことができるということです。

SIMロックがかかっていた理由として、盗難や紛失、忘れ物の横領などの違法な手段で第三者が入手した端末の不正利用を防ぐためと言われています。また、端末の違法な転売や詐欺などを未然に防ぐという理由もあったと言われています。

SIMロックの解除方法

SIMロック解除は決してむずかしくありません。ショップで行う方法と電話やwebサイト上で行う方法があります。利用中の通信会社で手続きができます。会社別に解説していきます。

SIMロック解除の申込先一覧

  ソフトバンク
Web(無料) my docomoから my auから my softbankから
店頭での手続き(3,300円) docomoショップで申込 auショップで申込 ソフトバンクショップで申込
電話での手続き 1510120-800-000 なし なし

おすすめは自分でWebサイトで行う方法です。無料かつ24時間対応可能なので、思い立った時にSIMロックの解除を行えます。

Webサイトで行う方法

申込に必要なもの:解除するスマホのIMEI番号

docomo

1.My docomoにログイン

2.ドコモオンライン手続き→各種手続き→SIMロック解除

3. IMEI番号を入力→SIMロック解除を申込むに☑をいれる→「同意する」に☑ をいれる

4.受付け確認メール送信先を☑をいれる→次へ

5. 手続きを完了する

 

au

① auサポートのページ→SIMロックの解除お手続きについて→SIMロック解除可否の確認

② IMEI番号かMEIDを入力する→利用する電話番号 / IDを選択

③ SIMロック解除する機種を選択

④ この内容で申込むを選択→完了

ソフトバンク

① my softbankにログイン→料金プラン/オプションの確認・変更を選択

② SIMロック解除対象機種の手続きを選択

③ IMEI番号を入力→解除手続きをするを選択

④ 解除コードを控えておく

ショップで行う方法

ショップにスマホを持って行き、SIMロック解除を依頼すると簡単に解除できます。しかし手数料として3,300円かかります。ショップが開いている時間でないと手続きができませんし、来店予約が必要な場合もありますので注意しましょう。

申込に必要なもの使用中のスマホと本人確認書類

 

 
 

格安SIM(MVNO)で利用するのにおすすめのスマホ端末ランキング

ここからは格安SIM(MVNO)を契約する際に、セットで購入するのにおすすめなスマホ機種をランキング形式で紹介します。

1位:iPhoneSE(第3世代)

出典:Apple

価格 5万円~
OS iOS15
CPU A15 Bionic
メモリ 非公表
ストレージ容量 64GB・128GB・256GB
画面サイズ 4.7インチRetina
HDディスプレイ
ディスプレイ解像度 1,334×750
カメラ性能 アウトカメラ:シングルカメラ約1,200万画素(広角)F値1.8
インカメラ:シングルカメラ約700万画素、F値2.2
重さ 約144g
バッテリー容量 非公表

 iPhoneSE第3世代は、2022年3月にAppleから発売されたスマホです。

SIMロックフリーの端末を選べば、どのキャリア回線でもそのまま利用できます。

端末自体の価格も5万円〜と、iPhoneのなかでも比較的低価格。

バッテリー容量については公式での発表はありませんが、バッテリー性能は第2世代のものと比べてレベルアップしていると口コミも上々です。

Appleは感覚的な操作性が売りなので、説明書なしでも簡単にお使いいただけます。

どの端末にするか悩んだらiPhoneがおすすめです。

OPPO Reno5A

出典:OPPO

価格 31,400円
OS Android 11をベースとしたColorOS 11
CPU Snapdragon 765G
メモリ 6GB
ストレージ容量 128GB
画面サイズ 6.5インチ
ディスプレイ解像度 2,400×1,080
カメラ性能 アウトカメラ:6,400万画素+800万画素+200万画素+200万画素
インカメラ:1,600万画素
重さ 182g
バッテリー容量 4,000mAh

Reno5AはOPPOが販売している、高性能スマホ端末です。

CPUはキャリアだと7万円台クラスのスマホに使われることが多いSnapdragon 765Gで、ゲームもサクサク動きます。

おサイフケータイや防水機能も搭載していますが、定価は3万円台と高コスパなのも嬉しいポイントです。

また、保護フィルムやケースが本体に付属しているため、追加で購入する必要もありません。

低価格で購入できるうえ、性能・機能共にパーフェクトなスマホ機種だといえるでしょう。

AQUOS sense6

出典;SHARP

価格 4GB・64GBモデル:37,800円
6GB ・128GBモデル:39,800円
OS Android 11
CPU Snapdragon 690
メモリ 4GB・6GB
ストレージ容量 64GB・128GB
画面サイズ 6.1インチ
ディスプレイ解像度 1,080×2,432
カメラ性能 アウトカメラ:4,800万画素+800万画素+800万画素
インカメラ:800万画素
重さ 156g
バッテリー容量 4,570mAh

AQUOS sense6はシャープが発売しているスマホ機種です。

あまりスマホを使わない人なら1週間は充電しなくても問題ないほど、バッテリーの性能が高いのもAQUOSシリーズの魅力。

2020年に発売されたsense4のモデルからCPU性能があまり進化していませんが、サクサク動くのでとくに支障はありません。

カメラはトリプルレンズを搭載しており、望遠や超広角撮影も可能です。

防水・防塵・耐衝撃なので、お風呂や台所で使いたい人にもおすすめですよ。

Arrows we

出典:FCNT

価格 26,180円
OS Android 11
CPU Qualcomm® Snapdragon™ 480 5G Mobile Platform 2.0GHz/2+1.8 GHz/6
メモリ 4GB
ストレージ容量 64GB
画面サイズ 約5.7インチ
ディスプレイ解像度 1,520×720(HD+)
カメラ性能 アウトカメラ:6,400万画素+800万画素+200万画素+200万画素
インカメラ:1,600万画素
重さ 約172g
バッテリー容量 4,000mAh

Arrows Weは富士通が発売している格安スマホです。

2万円台で購入できる格安スマホですが、おサイフケータイや防水など最低限必要な機能に対応しています。

とくに防水に関しては、ハンドソープで洗えるというArrows weオリジナルの機能があるのも特徴です。

しっかり洗えるため、不潔になりがちなスマホを清潔に保てます。

低価格ですが、基本性能も申し分なし。

スマホで利用できるほとんどの操作はサクサクと利用できるので、とにかく安く高性能なスマホ機種がほしい人におすすめです。

Mill Lite 5G

出典:Mi 11 Lite 5G

価格 38,000円
OS Android 11
CPU Snapdragon 780G
メモリ 6GB
ストレージ容量 128GB
画面サイズ 6.5インチ、2,400×1,080
カメラ性能 アウトカメラ:6,400万画素+800万画素+500万画素
インカメラ:2,000万画素
重さ 159g
バッテリー容量 4,250mAh

Mi 11 Lite 5Gはスリムで軽いボディが特徴のスマホ機種です。

CPUは格安スマホの中でもかなり高いため、最新のゲームでもかなり快適にプレイできます。

また、写真や動画、アプリなどのデータをたくさん保存しておける、128GBのストレージ容量も魅力です。

3万円代で購入できるのにも関わらず、おサイフケータイにも対応しています。

ただし、防水性能が低いため、水回りや雨に濡れながらの使用は気を付ける必要があります。

まとめ

2022年9月時点でおすすめの格安SIM(MVNO)を紹介しました。

通信速度・利用料に優れているのはもちろん、口コミや評判もいい格安SIM(MVNO)だけを厳選しているので、どの格安SIM(MVNO)がいいか迷ったら本記事を参考にすると間違いないでしょう。

格安SIM(MVNO)を利用すると、月額のスマホ利用料を大幅に抑えられます。

乗り換えも簡単にできるので、この機会にぜひ格安SIM(MVNO)に乗り換えてみてはいかがでしょうか。

関連記事