15 min

楽天モバイルの評判は最悪?おすすめしない理由とデメリットを調査

楽天モバイルへの乗り換えを検討している人は、その評判が気になったりしませんか?

格安SIMや様々なお得なプランがある中で、通信料金がを抑えるためにどこを選べば良いかわからない!そんな人が増えています。

年々人気が高まっている楽天モバイルですが、口コミなどの評判は、「後悔した」「解約したい」「最悪」などネガティブなものが多いというイメージがあります。

今回の記事では、楽天モバイルの悪い評判が事実なのか?口コミを調査して、デメリットを探り検証していきます!

目次

楽天モバイルはデメリットだらけで最悪の評判や口コミ ?

出典:楽天モバイル
総合評価★★★★☆
月額料金★★★☆☆
通信速度★★★★☆
サービス★★★☆☆
キャンペーン★★★★☆

楽天モバイルをおすすめしない人

こんな人にはおすすめしない
  • 安定した通信速度が必要な人
  • 楽天回線エリア外に住んでいる人
  • 楽天経済圏を利用しない人
  • アプリの操作が苦手な人

大手キャリアと比較すると、楽天モバイルの通信速度は不安定です。

エリアに関しても、順次拡大中とはいえまだまだ比較的狭めとなっています。

楽天モバイルの回線が使えないエリアでは、パートナーであるauの回線を利用するのですが時間帯によっては速度が遅くなるので注意しましょう。

通話用のアプリや、料金をチェックできる専用のアプリが必要となるため、アプリの操作が苦手な人にはおすすめできません。

楽天モバイルがおすすめな人

こんな人にはおすすめ
  • 国内通話が多い人
  • 楽天回線エリア内に住んでいる人
  • 楽天経済圏を利用している人
  • Wi-Fiの利用が多い人

他の格安スマホと違い、楽天モバイルは専用のアプリを使うと国内通話が0円となるので国内通話を頻繁に行う人にとてもおすすめです。

楽天回線のエリア内ならデータ通信量が無制限であるのも、大きな魅力となっています。

楽天ポイントでの支払いが可能、楽天市場での還元率のアップなど、日常的に楽天グループを利用している人にはお得がたくさんですね。

さらに料金プランが従量課金型であるため、1か月のデータ量が1GB以下なら月額料が1,078円(税込)となるので、Wi-Fiをメインに利用する人はかなり格安で利用することができます。

楽天モバイルのデメリットは? 口コミや評判なども

楽天モバイルのデメリット

楽天モバイルで「失敗した」と後悔しないために、デメリットをしっかり理解しておきましょう。

楽天モバイルのデメリット
  • データ容量無制限のエリアが限られている
  • 楽天回線エリア外での高速通信は月に5GBまで
  • 場所・時間帯によっては通信が不安定
  • Android端末のラインナップが少ない
  • 国内通話無料だがRakuten Link経由になる

デメリット①データ容量無制限のエリアが限られている

楽天モバイルでは、データ容量無制限のエリアが限られています。

しかし楽天回線エリアが限られているため、場所によってはパートナー回線になるでしょう。

2022年2月、楽天モバイルは「楽天回線エリアの4G人口カバー率が96パーセントに到達」と発表され今後もエリアは順次拡大されますが、まだパートナー回線のエリアがあります。

また楽天回線エリア内でも、1日のデータ通信量が10GBを超えると通信速度が最大1Mbps程度に制限されますので注意しましょう。

デメリット②楽天回線エリア外での高速通信は月に5GBまで

楽天回線エリア外(パートナー回線エリア)での高速通信は月に5GBまでとなっていて、超過すると最大1Mbpsの使い放題に切り替わります。

SNS閲覧や動画視聴には対応できるので不安になる必要はないものの、上限には注意が必要です。

デメリット③場所・時間帯によっては通信が不安定

楽天モバイル回線は、場所・時間帯によって通信が不安定になりやすいです。

データ無制限は、楽天基地局に接続時。公平にサービスを提供するため通信速度の制御を行う場合があります。

公式サイト

楽天回線エリアの場所にいたとしても、同じ時間・場所に楽天モバイルユーザー集まれば、通信は不安定になります。

ただ、場所や時間帯によって不安定になるのは楽天モバイルに限ったことではなく他社の格安SIMでも考えられることです。

デメリット④Android端末のラインナップが少ない

楽天モバイルは、Android端末のラインナップが少ないのもデメリットです。

2023年3月現在で、以下のような機種が取り扱われています。

楽天モバイルで購入できるandroid端末
  • AQUOSシリーズ…5機種
  • Xperiaシリーズ…2機種
  • Galaxyシリーズ…2機種
  • OPPOシリーズ…4機種
  • Rakuten Handシリーズ…1機種

デメリット⑤国内通話無料だがRakuten Link経由になる

楽天モバイルは国内通話が無料ですが、Rakuten Link経由になるのもデメリットです。

使い方自体は、普通の電話アプリと大きな違いがなく電話帳や着信履歴などの機能も使えます。

しかし、慣れていない場合は不便だと感じやすいですしiPhoneだと、iOSに標準搭載されたアプリに着信します。

そのまま折り返すと国内通話無料の対象外となるため注意してください。

楽天モバイルの口コミや評判もデメリットが多くて最悪?

楽天モバイルを実際に利用している人はどのように感じているのでしょうか?

Twitterでの口コミ調査を行いました。

電波について◎しっかり電波が来ている
✖田舎では電波がつながりにくい
速度について◎十分な速度が出ている
✖速度が遅いと感じる
月額料金について◎安くてお得に利用できている
サービスについて◎海外で気軽に使える
◎パリーグとMBAが無料で見られる

楽天モバイルの電波に関する評価・口コミ

順次サービスエリアは拡大していますが、お住まいの地域によってはパートナー回線エリアになるかもしれません。

場所や時間帯によって電波状況は変わりやすいため、まずは楽天モバイル公式サイトでサービスエリアを確認したうえで契約を検討しましょう。

楽天モバイルの回線速度に関する評判・口コミ

https://twitter.com/takarakuji0220/status/1639194236372520960

速度に関しては、楽天モバイルだけに限らず他社の格安SIMなどでも場所や時間帯によって差が出てしまいます。

場所との相性が悪いと感じた場合は、再度他社への乗り換えやデュアルSIMを検討するのも良いですね。

楽天モバイルの月額料金に関する評判・口コミ

https://twitter.com/kinen_usako/status/1641081278215901185

月額料金に関しては、やはりキャリアに比べるとかなり安くなるため満足度は高いと感じますね。

失敗したと感じないためにも、普段の通信量を確認したうえで契約するのがおすすめです。

楽天モバイルのサービスに関する評価・口コミ

楽天モバイルは、設定も特に行わず海外でも利用することができるため(毎月2GBまで)海外旅行や出張の多い人にとてもおすすめです。

2023年4月1日から、楽天モバイルユーザーはNBAとパリーグの試合を無料で視聴することが可能となりました!

スポーツ好きな人には、嬉しい特典ですね。

楽天モバイルに乗り換える際の注意点

いざ、楽天モバイルに乗り換えよう!と決めた時にちょっと落ち着いて注意しておいてほしい点をまとめていきます。

楽天モバイルに乗り換える際の注意点
  • 18歳以下の契約が面倒
  • 他社で購入した端末は使えない可能性がある
  • 月額料金が高くなる可能性がある

それぞれについて内容を確認してみましょう。

18歳以下の契約が面倒

18歳未満の場合、「法定代理人同意書 兼 支払名義人同意書」という書類の提出が必要になります。

加えて、「あんしんコントロール by i-フィルター」(※月額330円)の契約が必須になるなど、通常の契約とは違い少し手間がかかってしまいます

他社で購入した端末は使えない可能性がある

他社で購入した端末は、楽天モバイルでの乗り換えで使えない可能性があります。

動作確認されていない端末では、SIMカードを認識しない可能性があるため、事前に対応端末であるかを必ず確認してください。

不具合が出ても楽天モバイル以外で購入した端末は、基本的に保証対象外となっています。

月額料金が高くなる可能性がある

家族で大手キャリアからの乗り換えをする場合は、「家族割」がなくなるため条件によっては月額料金が高くなってしまう場合もあります。

家族など複数人での乗り換えの場合は、必ず事前に料金のシュミレーションを行いましょう。

楽天モバイルのメリット

楽天モバイルのメリット

楽天モバイルへ乗り換える際の注意点や、デメリットについて見てきましたがここからは楽天モバイルのメリットについて解説していきます。

後悔しないためにも、 どのような メリットがあるのか詳しく理解して、楽天モバイルの契約を検討しましょう。

楽天モバイルのメリット
  • 使った分だけ請求!無制限で月額最大3,278円
  • Rakuten Linkで国内通話が無料
  • キャンペーンが豊富
  • 無料でテザリングが可能
  • 楽天ポイントが貯まりやすくなる
  • 全国1,000以上の店舗でサポートを受けられる
  • 海外67ヵ国でも2GBまで無料で利用可能

メリット① 使った分だけ請求!無制限で月額最大3,278円

楽天モバイルは、ワンプランで使った容量に応じて請求される従量制と実にシンプルです。

さらに、20GBを超えるとその先は無制限となり基本料金は最大で3,278円(税込)と非常にお得です。

格安SIMでは、なかなかデータ容量が無制限というのは珍しいので、データ使用量が多い人には嬉しいですね。

データ通信量現プラン新プラン
1GB未満0円廃止
3GB未満1,078円1,078円
20GB未満2,178円2,178円
20GB超過後3,278円3,278円
参考:公式サイト・税込表記

メリット②Rakuten Linkで国内通話が無料

楽天モバイルでは、 Rakuten Link という通話アプリを使用すれば国内通話はなんと無料になります。

仕事で通話をよく使用する人にはとても向いていますね。

通話が無料になるというメリットを生かし、デュアルSIMとして利用する人も多いようです。

メリット③キャンペーンが豊富

楽天モバイルは、キャンペーンを豊富に行っています。

下記は一部のものですが、常時なんらかのキャンペーンが行われているので、乗り換え前には必ず利用できるものがあるかチェックしましょう。

楽天モバイルで行われているキャンペーン(一部)
  • 楽天市場のお買い物がポイント最大16倍
  • 初めての申し込みと対象iPhoneのセットで最大24,000ポイント還元
  • Rakuten Hand 5Gが実質1円!
  • モバイルWi-Fi実質0円キャンペーン
  • 楽天ペイお支払い額が20%還元
  • 楽天カードとの同時申し込みで最大10,000ポイント還元

近年、端末の代金は値上がりの傾向にあるため、楽天モバイル独自の機種「Rakuten Hand 5G」が実質1円になるキャンペーンというのはとてもおすすめです。

メリット④無料でテザリングが可能

楽天モバイルでは、申し込みをしなくても無料でテザリングが可能です。

大手キャリアであるソフトバンクは、申し込みをした上で月額550円支払わないとテザリングが使えません。

同じくキャリアのauは無料で使えるものの、申し込みが必要になります。

申し込みなしで無料でデザリングが使える楽天モバイルは非常に良心的だといえるでしょう。

メリット⑤楽天ポイントが貯まりやすくなる

楽天モバイルは、楽天ポイントが非常に貯まりやすいのも大きなメリットです。

モバイルの利用料金100円につき1ポイント付与されたり、キャンペーンに参加するとポイントが付与されたりします。

契約後にも参加できるキャンペーンを利用すれば、ポイントを増加させるチャンスです。

特に楽天市場での買い物は、ポイントの倍率が楽天モバイルユーザーは付与率が変わるのでかなりお得に。

Rakuten UN-LIMIT VII契約中
ダイヤモンド会員
+3倍
※上限:7,000ポイント
Rakuten UN-LIMIT VII契約中
ダイヤモンド会員以外
+2倍
※上限:6,000ポイント

メリット⑥全国1,000以上の店舗でサポートを受けられる

格安SIMは、実店舗を持たないことで安さを実現しているという点もあるため、ショップを展開していることは少ないのですが、楽天モバイルでは全国 1,000 以上の店舗でサポートを受けることができます。

オンラインでの契約が苦手な年配の方も、安心して相談や契約ができるかと思います。

メリット➆海外67ヵ国でも2GBまで無料で利用可能

いつも使っているスマホをそのまま海外で利用しようとすると、ややこしい設定や新しいプランを追加しなくてはならなかったりするケースが多いのですが、楽天モバイルでは指定された海外66の国と地域で月2GBまで無料で利用できます。

ただし2GB超過後は、最大128kbpsに制限されてしまうので使いすぎには要注意です。

無駄な設定など、手間もかからず非常に便利なので海外旅行や出張が多い人には嬉しいですね。

楽天モバイルの申し込み方法・契約手順

手続きの流れを表したイラスト

ここからは、実際の楽天モバイルの申し込み方法や契約手順、契約に必要なものを解説していきます。

契約する前に準備が必要なもの

まずは、契約に必要なものを確認してそろえておきましょう。

契約に必要なもの
  • 本人確認書類
  • クレジットカードや銀行口座番号
  • 楽天モバイルMNO回線対応機種
  • MNP予約番号(他社から電話番号乗り換えの方のみ)
  • 楽天IDとパスワード

本人確認書類には、運転免許証やマイナンバーカードなどが使えます。

注意点のところで解説しましたが、18歳未満の方の契約の場合は、「法定代理人同意書 兼 支払名義人同意書」が追加で必要となります。

申し込み方法・契約手順

必要なものが準備できたら、申し込みへと進みます。

申し込み方法・手順をステップごとに見ていきましょう。

  1. STEP

    申し込みフォームにアクセスする

    楽天モバイル_申し込み手順1
    出典:楽天モバイル

    公式サイトへアクセスして、「新規/乗り換え申し込み」のボタンをクリックしてください。

  2. STEP

    購入機種・オプション・SIMカードの種類を選択する

    次に購入機種・オプション・SIMカードなど順を追って選択していきます。

    端末を購入される場合は、希望の端末を選択します。

    楽天モバイル_申し込み手順2
    出典:楽天モバイル

    通話オプションを追加したい場合は、追加します。

    楽天モバイル_申し込み手順3
    出典:楽天モバイル

    SIMのタイプを選択します。

    楽天モバイル_申し込み手順4
    出典:楽天モバイル
  3. STEP

    楽天のサイトにログインして契約者情報を入力する

    次に楽天のサイトにログインして契約者情報を入力します。

    出典:楽天モバイル

    全て記入して購入画面へ進んでください。

  4. STEP

    初期設定・MNPの設定を行う

    端末が手元に届いたら、初期設定・MNPの設定を行います。

  5. STEP

    Rakuten Linkをダウンロードして利用開始する

    ※Rakuten Linkとは通話が10分間無料になる楽天モバイルユーザーが対象の電話アプリです。

    出典:楽天モバイル

楽天モバイルのプラン内容を紹介

本当に楽天モバイルに乗り換えるのがお得なのか?基本情報を見ていきましょう。

月額3GBまで:1,078円
20GBまで:2,178円
無制限:3,278円
データ通信容量の
追加
600円/1GB
※パートナー回線エリアのみ
データ容量
超過後速度
最大1Mbps
※パートナー回線エリア
通話料金Rakuten Linkアプリ利用は国内通話無料
15分(標準)通話かけ放題:1,100円
海外利用可能
月2GBまで無料
※対象国・エリアのみ
事務手数料 なし
詳細公式サイト
※税込み価格※機種代除く

楽天モバイルでは、「Rakuten UN-LIMIT VII」のみのワンプランで、使用したデータ容量によって料金が変動します。

使った分のみの請求なので、月によって使用するデータ容量が変動する人は、無駄がなくなりますね。

ahamo・povo・LINEMOと比較

大手キャリアでも、格安スマホに対抗する下記のような料金プランがあります。

大手キャリアの格安プラン
  • ahamo(ドコモ)
  • povo(au)
  • LINEMO(ソフトバンク)

楽天モバイルの料金と、格安プランを比較してみましょう。

サービス名 楽天モバイルロゴ
月額使用料 1,078円
2,178円
3,278円
2,970円0
(330円~12,980円)
990円
2,728円
データ容量3GB
20GB
無制限
20GB1GB~150GB3GB
20GB
データ容量超過後
速度
最大1Mbps 最大128kbps 最大300kbps
最大1Mbps
通話料 国内通話無料
※アプリ使用時
5分無料
超過後22円30秒
22円30秒 22円30秒
詳細公式サイト公式サイト 公式サイト 公式サイト
※表の料金はすべて税込み表記

データ容量を無制限で利用できるのは、楽天モバイルのみとなっています。

さらに、アプリを使うと国内通話無料となるのでお得感は一番と言えますね。

そのため、料金で選ぶなら楽天モバイルは安いといえます。

楽天モバイルはなぜ安い?

楽天モバイルの魅力は料金の安さです。

料金が安い代表的な理由には、以下の2点が考えられます。

楽天モバイルが安い理由
  • 完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワークを構築している
  • 楽天グループ全体での利益を考えている

楽天モバイルで使っているのは、世界初となる「完全仮想化クラウドネイティブモバイルネットワーク」です。

以前は規格が変わるたび新しい設備を導入する必要がありました。

しかし楽天のネットワークでは、従来の設備を使ってソフトウェアを更新するだけでサービスが提供できるため、コストダウンが可能です。

また、楽天グループは「楽天経済圏」と呼ばれるほど多くのサービスを提供しています。

楽天モバイルの利用者が他のサービスを利用すると、全体の利益に繋がるでしょう。

そこで楽天モバイルは料金を抑えることが可能になっています。

三大キャリアと比較

楽天モバイルの料金プランと、大手キャリアのプランを比較してどれほどお得になるか?を見てみましょう。

サービス名 楽天モバイルロゴ
月額料金 1,078円~3,278円3,465円~9,988円1,815円~7,315円1,408円~7,238円
データ容量 3GB~使い放題 1GB~使い放題1GB~使い放題1GB~使い放題
データ容量超過後
速度
最大128kbps最大128kbps
最大1Mbps
最大128kbps
国内通話 国内通話無料
※アプリ使用時
家族間無料
22円/30秒
家族間無料
22円/30秒
家族間無料
22円/30秒
各種割引×
詳細公式サイト公式サイト 公式サイト 公式サイト
※表の料金はすべて税込み表記

楽天モバイルのプランは1つだけで、通信量によって金額が変わってきます。

20GBを超えるなら通信量は無制限で、料金は3,278円です。

大手キャリアには、無制限プランがありますが金額を比較すると明らかに楽天モバイルが安いですね。

大手キャリアだと、家族割などの割引サービスが適応されますがSoftbankだとメリハリ無制限のみが対象、docomoだと3回線以上、auだと家族数で割引金額が変動、というように適応される条件があります。

家族数によっては、楽天モバイルのほうがぐっと月額料金を抑えることが可能となります。

楽天モバイルをおすすめしない人に紹介したい格安SIM

SIMと書かれたブロックとスマートフォン

楽天モバイルのメリットやデメリットを見た上で、自分には合わないなと感じた方におすすめできる格安SIMを5つ紹介したいと思います。

月額料金20GB:2,970円
100GB4,950円
3GB:990円
20GB:2,728円
3GB:1,628円
15GB:2,728円
25GB:3,828円
1GB:1,298円
5GB:1,518円
10GB:1,958円
20GB:2,178円
500MB:550円
1GB:770円
3GB:990円
6GB:1,320円
10GB:1,760円
基本国内通話5分/無料
超過後22円/30秒
22円/30秒22円/30秒22円/30秒11円/30秒
通話かけ放題無制限/1,100円5分/550円(回)
無制限/1,650円
60分/550円(月)
10分/880円(回)
無制限/1,980円
10分/550円(回)
無制限/1,210円
10分/935円
無制限/1,430円
回線docomoSoftBankauau
docomo
SoftBank
docomo
キャンペーン乗り換えでdポイント10,000pt
YouTube Premium3ヶ月無料
かけ放題が無料
LINE MUSIC6ヶ月無料
最大13,000円還元
YouTube Premium3ヶ月無料
3ヶ月基本料最大1,188円割引
パケット放題Plus最大2ヶ月無料
下取りで15,000円クーポン
amazon music6ヶ月実質無料
詳細公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

ahamo

ahamoはdocomoの格安プランなため、回線はドコモとなります。

ahamoの基本料金は2,970円と格安でありながら、データ容量は月に20GBもあります。

格安で利用できる上にデータ通信が安定しているため、キャリアのプランから乗り換えた方でも満足できるでしょう。

データ容量が超過した後でも速度が最大1Mbpsもあるため、通信制限後でも快適に使用できますね。

通話料金は国内であれば5分間までは無料ですが、頻繁に電話を利用する方に向けて、無制限のかけ放題オプションも用意されています。

また、月額4,950円(税込)で100GBまでアップグレードできる「ahamo大盛り」の提供も始まりました。

LINEMO

LINEMOは、SoftBankが提供していて名称からも分かる通り、日本で8,600万人以上が利用しているLINEとコラボして誕生したブランドです。

提供されている料金プランは、ミニプランとスマホプランの2種類と非常にシンプルで、他社の料金プランにありがちな段階性のプランや条件付きの割引サービスはありません。

20GB以上のプランはないため、20GBを超える利用については速度制限がかかった状態での利用になります。

ただし、LINEギガフリーとなっていて速度制限がかかっても、LINEは高速通信が可能

さらにLINEのトークや無料通話のデータ容量はカウントされないので、LINEアプリをよく利用する方におすすめです。

UQmobile

KDDIのサブブランドとされるUQモバイルは、他のau系格安SIM事業者に比べて優先的に回線の割り当てを受けており、大手キャリアに遜色のない通信速度や品質の良いサービスが魅力です。

料金プランも分かりやすい3種類で、目的に応じて選択することができます。

口座振替にも対応しているため、クレジットカードを持っていない方でも申し込めるのがポイントです。

動画視聴やゲームをする方や、安定した早い通信速度を求める方におすすめできます。

使いきれなかった余ったデータは、翌月にくりこしができるので無駄がありません。

mineo

mineo
出典:mineo

mineoはau・docomo・ソフトバンクの大手3社の回線に対応しているため、利用できる地域が広く全国どこでも使用できるため、旅行先でネットに繋がらなくなるなどのトラブルも回避できます。

通信速度の品質改善を頻繁に行っており、格安SIMの中では比較的通信スピードが速いのも特徴です。

また、独自サービスに特化していてユーザー同士が意見交換できるコミュニティがあったり、余ったり足りなかったりしたパケットをmineoユーザー全員で共有することが可能です。

mineoを利用して困った時に、ユーザー同士で解決することができるのも魅力といえるでしょう。

OCN モバイル ONE

OCNモバイルONEは、NTTコミュニケーションズ株式会社が運営する格安SIMサービスです。

低速通信時でも快適に使用できるバースト機能や、豊富なかけ放題プランが用意されているため、使い勝手が良いのが特徴といえます。

端末のラインナップも豊富なため、契約と同時にスマホ本体も購入したい方にもぴったりです。

OCNモバイルONEではMUSICカウントフリーというサービスが無料で提供されており、7つの音楽サービスを通信容量を消費せずに使用できます。

  • Amazon music
  • AWA
  • LINE MUSIC
  • ひかりTVミュージック
  • ANIUTa
  • dヒッツ
  • Spotify

通信速度の評判も高いので、「10GBもあれば十分」という方におすすめの格安SIMです!

楽天モバイルでお得に使えるキャンペーンを紹介

PLANと書かれたブロック

2022年7月1日から楽天モバイルは、プランを「Rakuten UN-LIMIT VII」に変更したことで旧プランで可能だった月額0円での利用ができなくなってしまいました。

この変更が、「楽天モバイルは危ない」という噂の元になったのではないかと考えられます。

月額0円で利用していたユーザーが離れたとも言われていますが、楽天モバイルではキャンペーン充実していますので大きな損をするわけではありません。

行われているキャンペーンの中でも、特にお得なものを紹介していきます。

通話かけ放題(1,100円/月)が3ヶ月無料

はじめて通話かけ放題のオプションに申し込むと、15分のかけ放題月学1,100円が3カ月無料となります。

SMSも送信放題となっていて、通話を仕事で利用する人にはうれしいキャンペーンです。

※迷惑SMS防止のため、SMSの送信上限を100通/日となっています

国内通話が無料でかけ放題になる専用アプリ「Rakuten Link」は継続して利用できます。

エンタメコンテンツがお得に楽しめる!

楽天モバイルユーザー向けに、エンタメコンテンツの3カ月無料などのキャンペーンが行われていましたが、2023年4月1日からは無料となるサービスが!

どんなエンタメコンテンツがキャンペーン対象なのか、見ていきましょう。

サービス名無料期間無料期間以降
NBA Rakuten無料
パ・リーグ Special無料
Rakuten music90日間無料30%OFF
Rakuten MAGAZINE 90日間無料 30%OFF
YouTube Premium1,180円→3ヶ月無料
※Androidのみ

YouTubeプレムアムや、 Rakuten MAGAZINE ・ Rakuten music は無料期間は変わりませんが NBA Rakuten と パ・リーグ Special が無料となります!

パ・リーグ主催の公式戦は、全試合ライブ配信なのでスポーツ好きにはとても嬉しいですね!

ただ、キャンペーンへの申し込みが必要となりますので、それを忘れないようにしてください。

楽天モバイル紹介キャンペーン

出典:楽天モバイル

楽天モバイルを、友人や家族に紹介してその相手が契約すると紹介した人に7,000ポイント紹介された側に3,000ポイント入るというキャンペーンです。

紹介方法は以下の方法があります。

紹介方法
  • メール
  • LINE
  • Twitter
  • Viber
  • SMS・その他

紹介された人が「申し込み・プラン利用開始・Rakuten Linkアプリの利用」をクリアすることが条件です

iPhoneトク得乗り換えキャンペーン

楽天モバイルに申し込む際に、iPhoneを機種変更することでポイントが還元されるキャンペーンです。

MNPなどで乗り換えを検討している人に、とてもオススメな内容となっています。

最大で24,000ポイント還元されますが、条件がありますので正しく理解して活用してください。

条件もらえるポイント
初めて楽天モバイルに申し込む3,000ポイント
対象iPhone購入
プラン申し込み
6,000ポイント
楽天モバイル
「iPhoneアップグレードプログラム」
で対象商品を購入
5,000ポイント
対象iPhone下取り10,000ポイント
  • iPhone14ProMax
  • iPhone14Pro
  • iPhone14Plus
  • iPhone14
  • iPhone13
  • iPhone13mini
  • iPhoneSE(第3世代)

楽天モバイルに関するよくある質問

楽天モバイルに関して、よくある質問をまとめました。

利用してみて「失敗した」と感じないためにも、ぜひ契約前にチェックしてみましょう。

Q

楽天モバイルが危ないという検索ワードがありますが本当ですか?

A

基本的に楽天モバイル自体は、安心して使えるサービスです。

ただしRakuten Linkについては、利用時に以下のような注意が必要になります。

  • iOSは着信履歴から折り返すと通常の通話アプリからの発信になる
  • 「連絡先へのアクセスを許可」を選ぶと連絡先が楽天クラウドにコピーされる

着信があって折り返し国内通話をするのなら、忘れずにRakuten Linkを使いましょう。

データがクラウドにコピーされるのを防ぐのであれば、連絡先へのアクセスを許可しないよう注意が必要です。

Q

楽天モバイルは田舎は電波悪いって本当ですか?

A

楽天モバイルの人口カバー率は96%を超えているため、電波状況は改善されています。

ただし地域によっては、楽天モバイルの回線が使えない可能性もあるでしょう。

契約前は、公式サイトからエリアを確認することができます。

使用中の場合はは「my楽天モバイル」にアクセスすると確認が可能です。

契約番号の下に、楽天回線・パートナー回線のどちらにつながっているか表示されます。

Q

楽天モバイルはどこの電波・回線を使っていますか?

A

楽天モバイルは、独自の楽天回線もしくはパートナー回線であるauを使用しています。

エリアによって使用される回線が変わります。

Q

圏外になることがありますがどうしたらいいですか?

A

いきなり楽天モバイルが圏外になったら、端末が不具合を起こしている可能性があります。

その場合は次の方法を試してみましょう。

  • 本体を再起動する
  • Wi-Fiをオン/オフする
  • モバイルデータ通信をオン/オフする
  • SIMカードを抜き差しする

どれを試しても圏外表示が消えないなら、SIMを交換する方法があります。

手数料は無料ですので「my楽天モバイル」から手続きを行ってください。

まとめ

今回の記事では、楽天モバイルの評判について口コミを調査してきました。

悪い口コミも見られたものの、料金が安く様々なサービスがあり全体的に魅力的であることがわかったかと思います。

電波状況は地域による違いがあるものの、次第に改善されつつあります。

田舎での電波はまだ改善が必要ですが都市部なら問題なく使える場所が多いはずです。

現在のスマホからの乗り換えを考えているのなら、楽天モバイルもおすすめできるサービスであるといえます。

ただし対応していないエリアもあり、使えない端末もありますので、公式サイトでの事前確認が必要です。

興味をお持ちでしたら、ぜひ公式サイトで対応エリアや端末をチェックしてみましょう。

関連記事