CREATOR スペシャリスト/クリエイター

鄭義信

鄭義信

personal data

生年月日 1957年7月11日
出身地 姫路市
肩書き 脚本家/演出家

gallery



お仕事のご依頼

93年に『ザ・寺山』で第38回岸田國士戯曲賞を受賞。その一方、映画に進出して、同年、『月はどっちに出ている』の脚本で、毎日映画コンクール脚本賞、キネマ旬報脚本賞などを受賞。98年には、『愛を乞うひと』でキネマ旬報脚本賞、日本アカデミー賞最優秀脚本賞、第一回菊島隆三賞、アジア太平洋映画祭最優秀脚本賞など数々の賞を受賞した。『焼肉ドラゴン』では第8回朝日舞台芸術賞 グランプリ。
第12回鶴屋南北戯曲賞。
第16回読売演劇大賞 大賞・最優秀作品賞。
第59回芸術選奨 文部科学大臣賞。
韓国演劇評論家協会の選ぶ2008年、今年の演劇ベスト3
。韓国演劇協会が選ぶ 今年の演劇ベスト7。など数々の演劇賞を総なめにした。近年では『パーマ屋スミレ』『僕に炎の戦車を』『アジア温泉』『しゃばけ』『さらば八月の大地』と話題作を生み出している。2014年春の紫綬褒章受賞。

What's New 最新ニュース

2016.11.22映画・舞台 江戸糸あやつり人形劇団 結城座『ドールズダウン』の再演が決定しました
江戸糸あやつり人形劇団 結城座『ドールズダウン』の再演が決定しました   『ドールズタウン』作・演出:鄭義信 2017年1月15日(日)〜22日(日) ザ・スズナリにて   燃えてるのは ドールズタウン•••人形の町だ いや、あれはドールズタウンじゃない、おれの町だ!   詳細はこちら http://www.youkiza.jp/sp/dollstown/  
2015.12.22映画・舞台 『焼肉ドラゴン』『たとえば野に咲く花のように』『パーマ屋スミレ』上演決定!!
2016年、新国立劇場にて、鄭 義信が日本の影の戦後史を描いた三部作の一挙上演が決定いたしました。朝鮮戦争が始まった1950年代を描いた『たとえば野に咲く花のように』、60年代半ばの九州のとある炭鉱町で炭鉱事故に巻き込まれた在日コリアンの家族を描いた『パーマ屋スミレ』、そして万博が開催された高度経済成長に踊る70年前後の在日コリアンの家族を描いた『焼肉ドラゴン』鄭 義信が現在「記録する演劇」を書き続ける転機になった作品です。 『焼肉ドラゴン』脚本/演出:鄭義信 2016年3月7日(月)〜2016年3月27日(日) 新国立劇場 小劇場 出演:馬渕英俚可 中村ゆり 高橋 努 櫻井章喜 朴 勝哲 山田貴之 大窪人衛 大沢 健 あめくみちこ ナム・ミジョン ハ・ソングァン ユウ・ヨンウク キム・ウヌ チョン・ヘソン http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/150109_006141.html 『たとえば野に咲く花のように』脚本/鄭義信 演出/鈴木裕美 2016年4月6日(水)〜2016年4月24日(日) 新国立劇場 小劇場 出演:ともさかりえ、山口馬木也、村川絵梨、石田卓也 大石継太 池谷のぶえ 黄川田将也 猪野 学 小飯塚貴世江 吉井一肇 http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/150109_006142.html 『パーマ屋スミレ』脚本/演出:鄭義信 2016年5月17日(火)〜2016年6月5日(日) 新国立劇場 小劇場 出演:南 果歩 根岸季衣 村上 淳 千葉哲也 久保酎吉 酒向 芳 森下能幸 青山達三 星野園美 森田甘路 長本批呂士 朴 勝哲 http://www.nntt.jac.go.jp/play/performance/150109_006143.html
2015.12.22INFO Premium Stage『GS近松商店』放送決定
9月から10月にかけて大阪 新歌舞伎座にて上演し講評を博した 『GS近松商店』BSプレミアムにて放送決定!! 2016年1月3日(日) (深夜)24:00〜
一覧へ

Biography バイオグラフィー

  • 2015
    大阪新歌舞伎座「GS近松商店」(脚本/演出)

  •  
    椿組『贋作幕末太陽傳』(脚本/演出)

  •  
    東京グローブ座『カラフト伯父さん』(脚本/演出)

  • 2013
    文学座『大空の虹を見ると私の心は躍る』(脚本)

  •  
    新橋演舞場『さらば八月の大地』(脚本)

  •  
    新国立劇場『アジア温泉』(脚本)

  •  
    『しゃばけ』(脚本/演出)

  • 2012
    日韓合作舞台『ぼくに炎の戦車を』(脚本/演出)

  •  
    新国立劇場『パーマ屋スミレ』(脚本/演出)

  • 2009
    『バケレッタ』(脚本/演出)

  •  
    『鴨川ホルモー』(脚本/演出)

  •  
    オペラシアターこんにゃく座『ネズミの涙』(脚本/演出)

  • 2008
    演劇集団 円『孤独から一番遠い場所』(脚本)

  •  
    小宮孝泰一人芝居『線路は続くよどこまでも』(脚本/演出)

  •  
    新国立劇場『焼肉ドラゴン』(脚本/演出)

  • 2007
    新国立劇場『たとえば野に咲く花のように−アンドロマケ−』(脚本)

  •  
    『なつのしま、はるのうた』(脚本)

  •  
    『モスラを待って』(脚本)

  • 2006
    椿組『GS近松商店』(脚本/演出)

  • 2005
    『カラフト伯父さん』(脚本/演出)

  • 2004
    『アジアン・スイーツ』(脚本)

  • 2003
    椿組『20世紀少年少女唱歌集』(脚本/演出)

  • 2002
    オペラシアターこんにゃく座『オペラ・まげもん』(脚本/演出)

  • 2000
    海のサーカス『杏仁豆腐のココロ』(脚本/演出)

  • 1999
    オペラシアターこんにゃく座『ロはロボットのロ』(脚本/演出)

  • 1996
    流山児★事務所『ザ・寺山』(脚本/演出)

  • 2010
    『信さん・炭坑町のセレナー信さん・炭坑町のセレナーデデ』(平山秀幸監督)

  • 2004
    『お父さんのバックドロップ』(李闘志男監督)

  •  
    『血と骨』(崔洋一監督)

  •  
    『レディー・ジョーカー』(平山秀幸監督)

  • 2002
    『OUT』(平山秀幸監督)

  • 2000
    『刑務所の中』(崔洋一監督)崔洋一、中村義洋と共同脚本

  • 1998
    『愛を乞うひと』(平山秀幸監督)

  •  
    『犬、走る DOG RACE』(崔洋一監督)

  • 1996
    『岸和田少年愚連隊』(崔洋一監督)

  • 1995
    『平成無責任一家 東京デラックス』(崔洋一監督)我妻正義と共同脚本

  • 1993
    『月はどっちに出ている』(崔洋一監督)

  • 2008
    『最後の戦犯』(NHK)

  •  
    『歓喜の歌』北海道テレビ開局40周年記念作品

  • 2007
    『すみれの花咲く頃』(NHK)

  • 2005
    『うみのほたる』(北海道テレビ)

  •  
    『心の砕ける音』(WOWOW)

  • 2004
    『シェエラザード』(NHK)

  •  
    『六月のさくら』(北海道テレビ)

  • 2001
    『僕は明日、十八になる』(NHK)

  • 2000
    『真夏のクリスマス』(TBS)

  •  
    『千年の孤独/愛しのメディア』(ペヨトル工房)

  •  
    『明日、ジェルソールと/カルメン夜想曲』(ペヨトル工房)

  •  
    『ザ・寺山』(白水社)

  •  
    『ロジックゲーム』(白水社)

  •  
    『アンドレアスの帽子 舞台のある風景』(丸善ブックス)

  •  
    『冬のサボテン』(新水社)

  •  
    『焼肉ドラゴン/パーマ屋スミレ/たとえば野に咲く花のように』(リトルモア)

  • 2014
    平成26年度兵庫県国際文化賞

  •  
    紫綬褒章

  • 2008
    第12回鶴屋南北戯曲賞『焼肉ドラゴン』

  •  
    第16回読売演劇大賞 大賞・最優秀作品賞『焼肉ドラゴン』

  •  
    第43回紀伊国屋演劇賞 個人賞

  •  
    第8回朝日舞台芸術賞 グランプリ『焼肉ドラゴン』

  •  
    芸術選奨文部科学大臣賞 演劇部門

  • 2007
    ギャラクシー賞月間賞『すみれの花咲く頃』

  •  
    文化庁芸術祭賞優秀賞『モスラを待って』

  • 2005
    ギャラクシー賞月間賞・同奨励賞「うみのほたる」

  •  
    芸術祭賞優秀賞「うみのほたる」

  • 2004
    キネマ旬報脚本賞「血と骨」

  •  
    日本アカデミー優秀脚本賞「血と骨」

  •  
    芸術祭賞優秀賞「六月のさくら」

  •  
    第27回姫路市芸術文化賞“芸術賞”

  •  
    2004年度岡山市民劇場賞“演出賞”「まげもん」

  • 2003
    57回「毎日映画コンクール」脚本賞「OUT」

  • 2002
    芸術祭賞大賞「僕はあした十八になる」

  •  
    第28回「放送文化基金賞」テレビドラマ部門賞「僕はあした十八になる」

  •  
    第9回上海テレビ祭白玉蘭賞(マグノリア・アワード)審査員特別賞ほか「僕はあした十八になる」

  • 2000
    平成12年度東京都優秀児童劇選定優秀賞『ロはロボットのロ』

  • 1999
    キネマ旬報脚本賞「愛を乞うひと」

  •  
    日本アカデミー賞最優秀脚本賞「愛を乞うひと」

  •  
    第1回菊島隆三賞「愛を乞うひと」

  •  
    アジア太平洋映画祭最優秀脚本賞「愛を乞うひと」

  •  
    おおさか映画祭最優秀脚本賞 ほか「愛を乞うひと」

  • 1996
    ブルーリボン作品賞「岸和田少年愚連隊」(我妻正義と共同脚本)

  • 1994
    キネマ旬報脚本賞「月はどっちに出ている」

  •  
    毎日映画コンクール脚本賞「月はどっちに出ている」

  •  
    日本アカデミー賞優秀脚本賞 ほか「月はどっちに出ている」

  • 1993
    第38回岸田國士戯曲賞「ザ・寺山」

  • 1989
    テアトロ賞「千年の孤独」


  • レプロSNS一覧
  • 動画一覧

PAGE TOP