12 min

【ワイモバイルの評判は悪い?】実際の口コミやメリット・デメリットを徹底解説!

携帯大手各社が値下げをしていても、やっぱり気になるのが「格安スマホ」や「格安SIM」と呼ばれる格安通信サービスです。価格が安いのはうれしいものの、携帯大手に比べると「しっかり繋がるのか」という点にも不安があります。

今回は格安SIMの中でも、Y!mobile(ワイモバイル)の評判についてスポットを当ててみました。「通信速度は安定してるの?」「繋がりにくいなんて話も聞くけど、実際の使ってみた人たちからの評判はどうなの?」など、リアルな口コミ・評判を集めたので、検討中の人はチェックしてみてください。

Y!mobile(ワイモバイル)とは

出典:ymobile.jp

Y!mobile(ワイモバイル)は、格安スマホの中でも人気の高いサービスです。携帯大手Softbank(ソフトバンク)のサブブランドとして知られています。

格安スマホの最大の魅力は料金の安さにあります。その中でも他社格安スマホサービスとの大きな違いは、自社回線を利用した安定感です。他社の格安スマホサービスでは自社回線を持たないため、通信速度が遅くなりがちですが、Y!mobileは安定した通信環境が維持されています。

Y!mobileの料金プラン

プランシンプルSシンプルMシンプルL
月額基本料1980円/月2980円/月3780円/月
高速データ通信容量3GB/月 15GB/月 25GB/月

Y!mobileの新料金はシンプルS・M・Lの3種類から。料金はそれぞれSが税別1980円。Mが2980円。Lが3780円です。プランに含まれるデータ容量はそれぞれ3GB・15GB・25GBで、電話の使い放題にしたい場合はオプション料金が発生します。

そのため電話を普段使いするのか否かで、判断できるわかりやすい料金プランとなっています。複数回線を契約して、家族で使う場合はさらにおトク。2回線目からは家族割として月額1,188円(税込)になるため、ご家族で検討してみるのもおすすめです。

Y!mobileの通信速度

キャリアブランド下り速度(平均)上り速度 (平均) 平均ping値
Y!mobile42.01Mbps12.33Mbps40.96ms
Softbank63.13Mbps14.01Mbps39.48ms

Y!mobileはSoftbankのサブブランドのため、他の格安スマホより通信スピードは速いと言われています。同じ回線なら、Softbankの通信速度と全く同じなの?という疑問もあることでしょう。

実際、SoftbankとY!mobileの通信速度(ダウンロード速度)を比較すると、Softbankは平均63.13Mbps、Y!mobileは平均42.01Mbpsです。本家のSoftbankがハイスピードとなりますが、Y!mobileの平均42Mbpsはインターネットを楽しむ分には十分なスピード。格安かつ問題なく安定して使えるでしょう。

Y!mobile(ワイモバイル)の悪い評判・口コミ

「細かい情報を調べてもいまいちわからない、評判・口コミを知って検討したい」という人もいることでしょう。

当然、良い評価だけでなく、悪い評価も知っておくべきです。ここでは、Y!mobileの評判・口コミで「悪い」「不満」とされているものをピックアップしました。

通信速度・電波が遅くなる場所がある

格安SIMは大手キャリアの通信回線を借りてのサービスであるため、アクセスが集中する時間帯は通信速度が遅くなるというトラブルも聞きます。

しかし、Y!mobileの場合、通信スピードは概ね良好。地下鉄でも速度が落ちず、街中では速度も繋がりやすさも安定しているとのことです。ただし、場所によっては悪くなるという口コミもありました。

ビルの地下以外では繋がらなかったことはほとんど無い。 速度は動画再生やゲームでも不満は無い程度には速い。

引用元:kakaku.com

帰りの電車だとさすがにワイモバイルも速度遅くなる

引用元:Twitter

ワイモバ2年使ってましたが、引っ越してから通信が遅くなる地域(都心なのに…)になってしまって

引用元:Twitter

他の格安SIM(MVNO)と比べて高い

Y!mobileは、通信速度が安定しているものの、他社の格安サービスに比較すると「料金が高い」という声もあります。こちらはデータ繰越(余ったデータ容量を翌日に繰越すサービス)が使えない点が大きいという声も。

しかし、2021年7月より繰り越しが可能となり、この問題は解決されました。

昨年利用、料金高すぎる、最初の半年1980円+税、終わると3GB(+1GB)で2680円、税込なら3000円近かった。 通話は一回10分含まれているが殆ど使わないので意味なし。 データの繰越も一切できない。おまけにYモバのデータ容量はアバウトで毎日の正確な使用記録は出ない。 料金が上がるタイミングで7ヶ月で解約しました。 初月はMプラン日割りでかなり割高だった。

引用元:kakaku.com

ワイモバイルにMNPしてきました。久しぶりに店舗を使って契約。スタッフの方の接客がすごく上手くて、気分良く楽しく契約させて、プロの仕事だと感じました。なので、キャリアやサブブランドの料金が高いというのは頷けますよね。口座振替なので店舗でしたが、リアル店舗にも意味があると実感。

引用元:Twitter
データ容量Y!mobile楽天モバイルUQモバイルmineoBIGLOBEモバイル
3GB2,178円1,078円1,678円1,518円(※5GB)1,320円
15GB3,278円2,178円2,728円1,958円(※10GB)3,740円(※12GB)
25GB4,158円3,278円3,828円2,178円(※20GB)5,720円(※20GB)

セットで購入できるスマホの機種が少ない

Y!mobileは「対応機種が微妙」という声もあります。根強い固定ファンがいるXperiaやiPhoneなどの人気機種数が少なかったため、利用を断念した人も中にはいる様です。

以前までは種類が少なかったものの、2021年11月の時点ではiPhone・Xperia共に取り扱い端末が増えてきました。

LINE mobile か Y!mobileか・・・ Lineだと端末を自分で用意しないとだし Y!だと微妙な機種

引用元: Twitter

スマホ代くらい安くしたいと思ってdocomoからY!mobileに変えたんだけど後悔しかない

まず、機種がな、微妙。やっぱりXperiaがいい。なんとかXperia使える方法ないかな

引用元:Twitter

サポートの電話が繋がりにくい

Y!mobileは問い合わせ先として、電話でのサポートもあります。しかし、肝心の電話サポートに「繋がりにくい」という口コミも多いようです。この問題は、他の格安SIMでも同じようで、特に月末は問い合わせが殺到して繋がりにくいとのことです。

電話サポート以外に、Y!mobileではチャットも対応しています。パソコンやスマホのチャットで十分という人は、チャットでの問い合わせを利用してみましょう。

サポートつながらない。 マジで。泣きたいくらい。価格とのヘッジで考えたらどうなのか。

引用元:kakaku.com

電話がつながらずに5分以上待たされる。 結局つながらないので一度も話していません。

引用元:kakaku.com

実店舗の店員の対応が悪い

Softbankのサブブランドだけあって、Y!mobileには実店舗があります。Softbankと合わせた店舗の場合、店員の対応がいまいちスピーディではないという口コミもありました。

逆に格安SIMは実店舗での対応はあまり期待しておらず、「格安なので期待していないが、店舗があるだけマシだと思われる」という人もいるようです。

全くダメ、特にソフトバンクと合体している店舗の店員(特に女性店員)はワイモバイルの知識はないんじゃないかと思うほど知らない。質問する度にパンフを見て、探し始めるといった具合で、解決するまで時間かかりすぎる。

引用元:kakaku.com

Y!mobile(ワイモバイル)の良い評判・口コミ

大手キャリアSoftbankのサブブランドだけあって、Y!mobileは競合他社よりも通信速度や実店舗があるなどの評価も高いです。

続いては、Y!mobile(ワイモバイル)の良い評判について、リアルな口コミと共に見ていきましょう。

通信速度が速い

Y!mobileの速度平均値は41.8Mbps。格安SIM各社と比較しても、トップクラスの通信速度を誇るUQモバイルの46.2Mbpsに次ぐ通信速度です。

昼間の混雑する時間帯も通信が遅くなることはなく、速度制限がかかっても最大速度は1Mbpsとかなり良好なスピードです。

地下鉄でも速度が落ちません。通信も安定しています。 追加料金なしで5Gに対応しており、私のiPhone12mini(SIMフリー)では通勤時、駅周辺で5Gを掴むことがある。ソフトバンクとエリアは同じなので今後の5Gエリア拡大に期待したい。

引用元:kakaku.com

ワイモバイルめためた速い… mineo時代は昼と夕方使い物にならないレベルやったからありがてぇ…

引用元:Twitter

キャリアよりも月額料金が安い

大手携帯キャリアよりも格段に料金が安くなるのが、格安SIMの最大のメリット。

特に、Y!mobileはSoftbankのサブブランドのため、Softbankからの乗り換えはかなりお得です。通信速度は体感的にSoftbankと変わらず、月額料金は安くなり、解約代金面でも優遇されます。

ソフトバンクからワイモバイルに変更ー!分割機種代金込みで3000円安くなった上に、家のネットも工事費込みで3000円安くなったヽ(=´▽`=)ノ解約代金もキャッシュバックの上に、機種変代も3000円商品券でくれたから300円でできた☺いいことしかない(笑)

引用元:Twitter

ワイモバにして1ヶ月経ったけど4558円とか安すぎて感動する笑

ちな3月分のソフトバンクの請求は11680円(数日跨いでしまったため最低料金で請求された)

ソフトバンクと回線同じだしただ料金が半額になっただけ

引用元:Twitter

2月にY!mobileに変更したことを報告しましたが…3月請求激安だった〜 1,003円笑 オプション料金だけですね

新規割と特別割引はすぐ終わってしまうと記憶しているので、今後は定額くらい払うようになるけど、携帯料金がこんなに安いの人生で初めてだったので嬉しすぎます

引用元:Twitter

家族割引でお得に利用できる

家族割を使って複数回線契約をしている家庭の場合、通信料はかなりのコストダウン。主回線を除き、家族回線は最大9回線まで月額1188円(税込)が割引されます。家族みんなで使うことで、お得感もたっぷりです。

また、2回線契約して、仕事用とプライベート用で使い分けている人にもおすすめ。どちらかを主回線にすれば、もう1つの回線に家族割を利用することができます。

学割と家族割引適用すれば最強 学割適用すると、最初の1年間は3回線合計で4,200円足らず済みます。 大学生の子でも18GBあれば十分。お勧めしますよ。

引用元:kakaku.com

家族割ついて毎月の払いが半額、データ量も倍以上ついてるので 現状の使い方では不満全くない。

引用元:kakaku.com

実店舗があることで安心できる

格安SIMの他社では実店舗がなく、サポート面が不安、電話窓口と連絡が繋がりにくいという不満も耳にします。

しかし、Y!mobileは実店舗があるのも強みです。窓口で直接相談できる分、安心感をもって契約ならびに利用ができます。緊急時のトラブルも、窓口に行けばその場で問題解決へ導いてくれるでしょう。

格安でありながら実店舗が多いので、初心者のも乗り換えのハードルが低い業者だと思います。

引用元:kakaku.com

格安SIM以上SB同等です 実店舗もあるため機械が苦手な方でも店に行けば良いと思います

引用元:kakaku.com

電話かけ放題オプションが利用できる

電話かけ放題のプランが少ない格安SIMサービスの中、Y!mobileはかけ放題のオプションが用意されています。「だれとでも定額」は、オプション料金月額770円で、1回10分以内の国内通話が無料

通話時間を気にせず無制限で使いたいという人には、オプション料金月額1870円の「スーパーだれとでも定額(S)」がおすすめです。国内の他社端末や固定電話通話も、全てかけ放題なので、毎日仕事で使いたい、たくさん電話したい人には重宝するオプションといえるでしょう。

通話音質・聞こえ方・つながりやすさなど問題ないと思います。 10分間かけ放題プランなので、普段使いに不自由はありません。もともとあまり電話をする方ではないので、これでも十分すぎるくらいです。たまたま他のどのプランよりも安く、これでかけ放題つきなら言うことなしとこのプランにしました。

引用元:kakaku.com

Y!mobile(ワイモバイル)のその他のメリット

ここまでは口コミを元にY!mobileの評判についてご紹介しました。

しかし、口コミ以外のお得な情報も知って検討したいはず。ここからはその他のメリットについて解説していきます。

テザリングを無料で利用できる

テザリングは、お手持ちのスマートフォンをWi-Fiルーターとして利用できるもの。テザリングによって、Wi-Fi対応のノートパソコンやタブレットをインターネット接続することができます。

大手キャリアではテザリングサービスは有料ですが、Y!mobileの場合は申し込み不要・月額料金無料。ただし、データ量が料金プランで設定されているデータ量を超えた場合、月末まで通信速度が低速化します。

以前使っていたauを始め、Softbank、docomoはテザリングサービスの利用料が\500 /月のため利用していませんでした。 ですがY!Mobile他、格安simはテザリングが無料で利用できるため通信量の多いプランを利用しています。

引用元:kakaku.com

テザリングが無料で使えタブレットでメール確認などできて重宝している。

引用元:kakaku.com

Yahoo!ショッピング・PayPayモールでの還元率が高い

Y!mobile利用者は自動でYahooプレミアム会員になり、Yahoo関連サービス(Yahoo!ショッピング・PayPayモール・LOHACO)がかなりお得になります。

Yahooプレミアム会員は、関連サービスでPayPayで支払うと最大6~13%戻ってくるキャンペーンも頻繁に開催されているので、PayPay利用者であればさらにメリットは倍増です。

ヤフオクやPayPayなどのサービスを多用しているので、還元率が高くお得感がある。キャンペーンでのボーナスがうれしかった。

引用元:kakaku.com

通信料金が安い上にヤフープレミアム会員が自動で付帯するためヤフーショッピングを始めとする様々なサービスが使えるのでとてもオトクである。

引用元:kakaku.com

Yahooショッピングとの連携もすごいです。ほとんどの購入で20%のポイントがつきます。一年で30000ポイントくらいは貯まります。

引用元:kakaku.com

5G通信に対応している

大手キャリアは5G=第5世代移動通信システムに対応していますが、格安SIMではまだまだ非対応。そんな中、大手キャリアのサブブランドである、Y!mobileはしっかり5Gに対応しています。

ただし、5Gの対応エリア自体がこれから拡大中のため、都会以外ではその恩恵を感じる場所はかなり限定されています。地方でもこれからの5Gエリア拡大に期待です。

5Gのエリアが広がってきておりとてもサクサク繋がる。

引用元:kakaku.com

ワイモバイル4G 本川越駅前にて 同じ場所でも5分の1程度の速度。 5Gは快適。

【RBB SPEED TEST】2021/11/02 19:38 下り:27.7Mbps 上り:23.1Mbps LTE

引用元:Twitter

追加料金なしで5Gに対応しており、私のiPhone12mini(SIMフリー)では通勤時、駅周辺で5Gを掴むことがある。ソフトバンクとエリアは同じなので今後の5Gエリア拡大に期待したい。

引用元:kakaku.com

CMでは盛んに5Gを宣伝してるけど、実際はエリアが凄く限定されてるみたい。通信機器を沢山設置する必要があるしね。

引用元:Twitter

シンプルM・Lプランなら速度制限時も1Mbpsの通信スピード

プランごとの通信料を超えると、その月末まで通信速度に制限がかかり使いづらくなるもの。Y!mobileの場合、シンプルM・Lプランであれば、制限がかかっても1Mbpsという良好な通信スピード感を保ちます。

1Mbpsは、SNSやLINE、通常のネットサーフィンには支障のない速度なので月末も安心です。大容量のダウンロード、高画質の動画再生以外には問題なく利用できます。

使い切っても1Mbpsで、通常使用にはギリギリ困らない。。

引用元:kakaku.com

超えて速度制限になっても、YouTube以外は1Mbpsでなんとか我慢できそう。

引用元:kakaku.com

ワイモバイルのプランMで速度制限中ですが1メガ出るので意外とストレス少ない YouTubeも4〜5秒待てば普通に見れるしリネは全然問題なし ツイッターも画像の表示がちょっと遅いくらい シェアプランでiPadにもSIM挿してますがそっちは128kbpsなのでiPhoneの1Mbpsをテザリングして使ってます

引用元:Twitter

月末になるこの時期だと速度制限に掛かってる人も多いのでは?

一般的には128kbpsまで落ちるケースが多いですが、一部キャリアでは1Mbpsのスピードで使えます。その差はなんと約10倍。

1Mbpsは格安SIMだと、「楽天モバイル」「UQモバイル」「ワイモバイル」が可能

引用元:Twitter

口座振替での支払いにも対応

格安SIMの多くは、支払いがクレジットカード決済です。しかし、クレジットカードを持っていなかったり、クレジットカードを使いたくないという人もいるはず。Y!mobileは口座振替にも対応しているため、支払い方法がネックになっている人も安心です。

口座振替の請求が3000円未満の場合、翌月合算支払いになっています。プランによっては、毎月の引き落としではなくなるため要注意です。

Y!mobile楽天モバイルUQモバイルmineoOCNモバイルONE
口座振替 非対応 非対応
クレジットカード
デビットカード非対応 非対応 非対応 非対応

ワイモバイルだと口座振替できるの? ならクレジットカードつくらなくてもいいのでは!!!!!

引用元:Twitter

Y!mobile(ワイモバイル)はこんな人におすすめ

格安SIMサービスにもたくさんの会社があり、料金・通信速度・オプションでそれぞれメリット・デメリットが異なります。

ではY!mobileを選ぶ人たちは、何を決め手としているのでしょうか?ここからはY!mobileが、どんな人におすすめなのか解説していきます。

キャリアよりも月額料金を安くしたい人

「通話も通信もそれほど使わない、でもスマホは持っておきたいので月額料金を安くしたい!」という人もいるはず。とにかく月額料金重視という人には、格安SIMの中でもY!mobileがおすすめです。

メール・インターネットメインの使い方で、月3Gあれば十分という人には月額2178円の「シンプルS」があります。余ったデータは翌月に繰り越し可能。家族割引を使えば、2回線目からは990円/月(税込)です。

通信速度にもこだわりたい人

格安SIMは、大手キャリアの回線を間借りして利用しているため、通信速度が不安定になることもあります。

しかし、Y!mobileはキャリア大手Softbankのサブブランド。メインのSoftbankほどではありませんが、自主回線なので他のSIM会社よりかなり速いのが特徴です。体感的にはSoftbankとの差が気にならないレベルといえます。

Yahoo!プレミアムを無料で利用できる特典を活用したい人

Yahoo!ショッピングを利用している人には朗報!Y!mobileの利用者は、無料でYahoo!プレミアム会員になることができるため、ショッピングでのポイント還元に期待できます。

Yahoo!プレミアム会員は月額508円(税込)。年間6096円分の会費が無料になる上、ポイント還元率も大きくなります。これまでYahoo!ショッピングを利用していた人も、会費面でYahoo!ショッピングを利用していなかった人にも嬉しい特典です。

かけ放題プランを利用したい人

Y!mobileのかけ放題プランは「だれとでも定額」は、オプション料金月額770円で10分以内の国内通話なら何回かけても無料です。

もっとヘビーに使いたい人には「スーパーだれとでも定額(S)」がおすすめ。オプション料金1870円で、家族・友達・恋人と、時間を気にせず回数・時間無制限で通話をすることができます。

Y!mobile(ワイモバイル)に関するよくある質問

最後にY!mobile(ワイモバイル)に関するよくある質問について見ていきましょう。公式サイトが回答しているため、具体的かつ信頼度の高いQ&Aとなっています

その他、不安な点が解消できなかった場合は、Y!mobile(ワイモバイル)の実店舗もしくは問い合わせ窓口にて、質問をしてみるのも良いでしょう。

Q.LINEのID検索が出来ない?

A.LINEのID検索を利用するには、NTTドコモのdアカウントや、ソフトバンクのMy Softbankなどとの連携による「年齢確認」が必須となっています。 ほとんどの格安スマホではこの「年齢確認」ができないため、LINEのID検索ができません。でもワイモバイルはソフトバンクのサブブランドなので、「My Softbank」を利用して「年齢確認」ができ、LINEのID検索がご利用いただけます。

引用:ymobile.jp

Q.キャリアメールが使えない?

A.ネットバンキングの取引や学校や会社の連絡網など重要な場面では現在でも重宝されているキャリアメール。格安スマホだと提供していなかったり、利用が有料という場合もありますが、ワイモバイルは、お申込み不要、月額無料でキャリアメールがお使いいただけます。そのほか、ブラウザやタブレット、パソコンなどでWebメールとしても扱えるメールアドレス「@yahoo.ne.jp」や、電話番号で使えるSMSと合計3種類お使いいただけるので、用途に合わせて使い分けできてとても便利です。

引用:ymobile.jp

Q.キャリア決済が使えない?

A.音楽・動画などのデジタルコンテンツやSNS・ゲームなどのアイテム購入、ショッピングサイトでの商品、その他各種サービスのお申し込みなどをスマホ料金とまとめる事ができる便利なキャリア決済。大手キャリアだけのサービスだと思われがちですが、ワイモバイルでもキャリア決済が可能。月々のワイモバイルの料金とまとめてお支払いいただけるので、とてもカンタン、便利に、安心してご利用いただけます。

引用:ymobile.jp

Q.実店舗がない?

A.格安スマホは実店舗がないから不安、という方も多くいらっしゃると思いますが、ワイモバイルはショップ・取扱店が全国に約4,000店舗あります。 ワイモバイルショップなら来店予約※ができ、普段忙しいみなさんには待ち時間なく利用することができるのでとても便利です。

引用:ymobile.jp

Q.サポートが不安?

A.格安スマホにはサポート体制がない、というのがデメリットとして度々挙げられますが、ワイモバイルならアフターサポートも万全なワイモバイルショップが全国に約1,000店舗あります。 「スマホが急に動かなくなってしまった」「どの料金プランが自分に合っているかがわからない」など、さまざまなトラブルや疑問も、しっかり対面サポートしてくれるから、安心です。

引用:ymobile.jp

Y!mobile(ワイモバイル)の評判まとめ:通信速度は安定感がありYahoo関連サービスを使う人にはお得感倍増!

大手キャリアのサブブランドだけに、Y!mobileの通信速度の安定感は魅力的です。他社格安SIMでは繋がりにくくても、しっかりとした回線品質で快適なのがY!mobileの強みといえます。プランごとの通信量を超えても、1Mbpsなのでネットとメールには影響なしという点も嬉しいポイントです。

また、Y!mobile利用者は無料でYahoo!プレミアム会員になれるため、Yahoo関連サービス利用者にとってはお得感倍増。Yahooショッピングとの連携では大きい場合20%のポイントがついたり、500円OFFクーポンやポイント還元など、ネットショッピングでの恩恵も大きいです。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です